RASとは?

Rasタンパク質

読み方:ラスタンパクしつ
別名:Ras
英語:Ras protein

低分子GTP結合タンパク質一種。Rasタンパク質はGTP結合すると活性化し、GDP結合すると不活性化するというスイッチのような性質を持っており、このON/OFFの状態の違い切り替えタイミングが、生体内での様々なシグナル伝達に重要な役割を果たしている。

細胞表面には受容体型チロシンキナーゼ呼ばれるタンパク質結合しており、このタンパク質細胞外の刺激を受け取ると、細胞内にあるRasタンパク質にシグナル伝達する。シグナルを受けたRasタンパク質は、他のタンパク質作用によってそれまで結合していたGDPと切り離され、新たにGTP結合する。これにより、Rasタンパク質が活性化し、さらに下流へのシグナル伝達が行われる。シグナル伝達を終えたRasタンパク質は、再度GDP結合して不活性化する。このシグナル伝達全体的には、細胞分化増殖代謝老化など、様々な生体活動に繋がっている。

Rasタンパク質をコードしている、すなわちRasタンパク質のもとになる「ras」という遺伝子に異常が起こると、Rasタンパク質が常に活性化した状態になることがある。この時にはいわば、スイッチが常に入りっぱなしの状態になるため、細胞成長増殖制御不能になり、その結果としてがんが発生することが知られている。

がんが発生する理由は様々だが、全てのがんの約15%から20%程度にRasタンパク質の異常が関与しているといわれている。そのため抗がん剤開発に際しては、Rasタンパク質やその関連タンパク質ターゲットとし、異常に活性化したRasタンパク質を阻害することが目指される例が多い。また、新たに生成翻訳)された直後のRasタンパク質の活性化関与する、小胞体上のRce1タンパク質ターゲットとした抗がん剤開発に向けた研究行われている。

RAS(あーる・えー・えす)

Rubber Association of Singaporeの略、シンガポールゴム協会のことで、シンガポール市場先物取引管理しています。

RAS【Remote Access Service】


網様体賦活系

英訳・(英)同義/類義語:reticular activating system, RAS

ヒト中枢神経系構成する網様体農地で、覚醒状態関与する部分

Ras

名前 ラス

RAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/12 09:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

RAS




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「RAS」の関連用語

RASのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



RASのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2020 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
JMCJMC
2020 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRAS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS