RASとは? わかりやすく解説

Rasタンパク質

読み方:ラスタンパクしつ
別名:Ras
英語:Ras protein

低分子GTP結合タンパク質一種。Rasタンパク質はGTP結合する活性化しGDP結合する不活性化するというスイッチのような性質を持っており、このON/OFFの状態の違い切り替えタイミングが、生体内の様々なシグナル伝達重要な役割果たしている。

細胞表面には受容体型チロシンキナーゼ呼ばれるタンパク質結合しており、このタンパク質細胞外刺激受け取ると、細胞内にあるRasタンパク質にシグナル伝達するシグナル受けたRasタンパク質は、他のタンパク質作用によってそれまで結合していたGDP切り離され新たにGTP結合するこれにより、Rasタンパク質が活性化し、さらに下流へのシグナル伝達が行われる。シグナル伝達終えたRasタンパク質は、再度GDP結合して不活性化する。このシグナル伝達全体的には、細胞分化増殖代謝老化など、様々な生体活動繋がっている

Rasタンパク質をコードしている、すなわちRasタンパク質のもとになる「ras」という遺伝子に異常が起こると、Rasタンパク質が常に活性化した状態になることがあるこの時にはいわば、スイッチが常に入りっぱなしの状態になるため、細胞成長増殖制御不能になり、その結果としてがんが発生することが知られている

がんが発生する理由様々だが、全てのがんの約15%から20%程度にRasタンパク質の異常が関与しているといわれている。そのため、抗がん剤開発に際しては、Rasタンパク質やその関連タンパク質ターゲットとし、異常に活性化したRasタンパク質を阻害することが目指される例が多い。また、新たに生成翻訳)された直後のRasタンパク質の活性化関与する小胞体膜上Rce1タンパク質ターゲットとした抗がん剤開発向けた研究行われている。

アール‐エー‐エス【RAS】

読み方:あーるえーえす

reliability, availability, serviceabilityコンピューター能力評価の主要素信頼度利用可能度・保守可能度。


RAS(あーる・えー・えす)

Rubber Association of Singaporeの略、シンガポールゴム協会のことで、シンガポール市場先物取引管理してます。

RAS【Remote Access Service】


網様体賦活系


Ras

名前 ラス

RAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/12 09:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

RAS



RAS(レール・アダプター・システム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/21 01:48 UTC 版)

ナイツアーマメント」の記事における「RAS(レール・アダプター・システム)」の解説

ナイツアーマメント社のレール付きハンドガードとしては初期の製品であり、M4自動小銃純正プラスティック製ハンドガード交換して運用するタイプ簡易型レール・ハンドガードである。カービン用では14スロットピカティニーレール上下左右4面備え下面レール取り外して通常のM4同じくM203グレネードランチャー取付けることができる。

※この「RAS(レール・アダプター・システム)」の解説は、「ナイツアーマメント」の解説の一部です。
「RAS(レール・アダプター・システム)」を含む「ナイツアーマメント」の記事については、「ナイツアーマメント」の概要を参照ください。


RAS (ハイライン移送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 02:22 UTC 版)

補給艦」の記事における「RAS (ハイライン移送)」の解説

洋上給油と同様洋上での弾薬糧食などのドライカーゴの洋上補給(replenishment at sea, RAS)についてもアメリカ海軍先駆者であった。まず1944年末に第5艦隊補給担当幕僚であったバートン・ビッグス大佐移送方法Burton method)を開発したが、これは要するに、補給艦ブーム移送する物資釣り上げたのち、これに受給艦からのライン接続し両艦ウインチ調整しながら受給艦へと引き寄せていくものであった1950年代には、ミサイル普及に伴ってより洗練された移送方法検討されるようになり、まずFASTFast Automatic Shuttle Transfer)法が開発されたが、艦隊用いるには複雑すぎたため、やや簡素化されSTREAMStandard Tensioned Replenishment Alongside Method)法が開発され1970年より艦隊用いられるようになったSTREAM法では、まず補給艦受給艦との間にハイライン索を張り渡したのち、受給艦の受給装置(パッドアイ)にSURFStandard Underway Replenishment Fixture)を接続する移送する物資吊り下げたトロリーは、ハイラインぶら下がった態で、インホール・ラインとアウトホール・ラインの操作によって、補給艦のスライディングブロックとこのSURFとの間を移動することになる。なおこのシステムでは、ハイライン張力はラムテンショナー装置油圧圧縮空気利用した空気バネ」式の張力緩衝装置)によって調整される補給艦のスライディングブロックから受給艦にむけて発進したトロリー SURF側まで到着したトロリーから物資回収する受給艦の乗員

※この「RAS (ハイライン移送)」の解説は、「補給艦」の解説の一部です。
「RAS (ハイライン移送)」を含む「補給艦」の記事については、「補給艦」の概要を参照ください。


RAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:08 UTC 版)

箕浦康太」の記事における「RAS」の解説

水車落とし抱え上げエアレイドクラッシュ叩きつける技。

※この「RAS」の解説は、「箕浦康太」の解説の一部です。
「RAS」を含む「箕浦康太」の記事については、「箕浦康太」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「RAS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「RAS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

RASのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



RASのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
JMCJMC
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRAS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナイツアーマメント (改訂履歴)、補給艦 (改訂履歴)、箕浦康太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS