リモートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > リモート > リモートの意味・解説 

リモート

英語:remote

リモートとは、リモートの意味

リモートとは、複数対象離れている状態のこと。日本語では、「距離が遠い」「へんぴな」「文明から隔絶した」「時間的に遠く隔たった」「血縁関係が遠い」「人や態度よそよそしい」など物や人に対して用いられる

リモートの語源

リモートの語は、もともとは「取り去る」や「無視する」を意味するラテン語の removere から派生した単語である。「動かす」の意味の動詞 movere に「逆方向へ」「反対して」「再び」を示す接頭辞 re- が付けられている。これらの語義組み合わせることで、複数対象異な方向に「離れ」たり、「離れた態での関係」を説明したりする意味が生まれたこのようなラテン語語義英単語remote にも受け継がれ今ではさまざまな場面での距離を示す表現用いられている。

リモートに由来する言葉

日本語で「リモート」という語を含む一般名詞の代表は「リモコン」である。リモコンは、正式にリモートコントローラー呼ばれテレビなどの操作際に機器から離れた場所各種スイッチ操作を行う手のひらサイズ小型電子機器意味するちなみにテレビの「テレ tele- 」もリモートと同じく距離を示す接頭辞のひとつである。たとえば、リモートワークフランス語に訳すと「テレトラバーユ travail」となる。

リモートワーク、リモートデスクトップとは

業務分野で「リモート」の語が用いられる場合遠隔操作による作業環境を指すことが多い。企業における事務業務オフィス行われることが一般的である。同じ執務室デスク並び机上にはネットワークつなげられパソコンなどの端末置かれ、それを用いて業務を行う。「リモートワーク環境では、このようなオフィス離れて自宅カフェなどで業務を行う。このとき、ノートパソコンなどの端末セキュリティ確保されたネットワーク本社サーバークラウドなどに接続するこのような作業環境構築すれば、オフィスでの対面環境には及ばないことが多いが、上司からの指示を受けたり、同僚との作業分担調整などの作業可能となる

リモートデスクトップ」は、端末による遠隔操作を表す単語である。オフィス置かれたパソコンデスクトップ上のファイル外部からアクセスたい場合などに用いる。直接端末操作する必要がなく、ネットワーク経由ノートブックパソコンスマートフォンパソコンデスクトップ表示させるのである。この仕組ユーザーサポート応用したのが「リモートサポートといえるパソコントラブル起きたときに、サポートデスクに連絡してもエンジニアがすぐに駆けつけるとは限らない。そこで、ユーザーパソコンのデスクトップをサポートスタッフのパソコン表示して作業を行うのである。このことにより、問題解決までの時間短縮したり、人的資源有効活用したりすることが可能となる

リモート飲み会、リモート帰省とは

2020年世界的な流行となった新型コロナウィルス感染症COVID-19)の影響によって、人々社会活動大きな影響を受けたその結果これまでになかった新しい行様式発生し代表的な例としてリモート飲み会」や「リモート帰省」などが注目されているウィルスによる感染症にはワクチンが有効とされるが、として市場流通するまでには数ヶ月から数年単位タイムラグ発生するその間最も重要な予防策罹患者接触しないことである。そのため、従来は同じ空間共有して対面行われてきた社会的な行為について、感染リスクの高さが指摘されることになった

そこで注目されたのが既に述べたリモートワーク」という仕事の仕方である。同時に仕事以外の社会的な活動についても、この方法を適用したのが「リモート飲み会」や「リモート帰省といえる。「リモート飲み会」では、オンラインミーティングのためのデジタル技術を「飲み会」という交流に使うのであるまた、政府による緊急事態宣言発令による移動自粛要請受け入れながら家族との交流を行う方法として「リモート帰省」が提案されている。交通機関使った移動を伴う実家への帰省をせずに、オンライン家族旧友との進行深める方法である。

これらの例では、同じ現実空間共有することはできないしかしながら自分の好きな酒を周囲気遣いすることなく自分のペース楽しめたり、帰省する時間的または財政的余裕がなくても会話ができるという利点も多い。そのため、リモート行為対面で行う行為代替ではなくこれまでに新し可能性を評価する声も多い。

リモート

【英】remote

リモートとは、物理的に分離されており、通信回線などのネットワークによって接続された状態にある、マシンシステム環境などのことである。

リモートのマシンシステムは、物理的に切り離されているために、キーボードマウスといった入力装置ではなく特殊な通信手段による接続必要とする特殊な通信手段特定のアクセス方法用意することで、間接的にリモートへアクセスすることが可能となる

物理的に異なる場所に存在しており、インターネットなどを利用することによって手元のマシンクライアント)と接続可能な状態になっているサーバーマシンは、リモートサーバーなどと呼ばれるまた、そのような遠隔地システム利用するユーザーは、リモートユーザーと呼ばれる遠隔地から、システムログインして利用することを、リモートアクセスと言う

Windows XPででは、遠隔地からシステム利用するための機能として、リモートデスクトップ呼ばれる機能提供されているリモートデスクトップ利用すると、遠隔地PCから、通常の手元のデスクトップをローカルマシンで直画面表示すると同様ユーザインタフェースで、システム利用することができる。同様のものにVNCVirtual Network Computing)というシステムもある。これは、画面情報と、キーボードマウスといったシステムイベント情報を、遠隔地にあるマシン伝送することにより、リモートマシンを、あたかも手元にあるPCであるかのように遠隔操作することを可能とするものである

マシン保守にあたり物理的なパーツ交換などは、実際にそのマシン設置しているデータセンター等のサーバールームに足を運ぶ必要がある。しかし、OS上の操作可能な設定変更データバックアップといった保守作業については、通信回線つながっていれば、遠隔地からでも行うことができる。このような保守形態は「リモート保守」と呼ばれている。また、Webアプリケーションなどの開発では、システム動作が、サーバ側とクライアント側に渡っていて通常の確認方法適さない場合があるこのような場合サーバ動作を、通信回線用いて遠隔地から覗きながらデバッグする「リモートデバッグ」の方法を用いことがある

ネットワークシステムのほかの用語一覧
コンピュータシステム:  リモートアクセス  リモートプロシージャコール  リモートログイン  リモート  ローカルアドレス  ログ  ログイン

リモート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 18:42 UTC 版)

リモート』 (REMOTE) は、原作:天樹征丸・画:こしばてつやによる日本青年漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2002年9号から2004年28号まで連載された。単行本は全10巻(講談社ヤンマガKCスペシャル)。


  1. ^ “深田恭子を携帯電話でリモートコントロール”. SANSPO.COM. (2002年10月3日). オリジナルの2002年10月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20021018044050/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200210/g_top2002100304.html 2018年4月8日閲覧。 
  2. ^ 主演級の存在感が光った堂本が接戦を制し初受賞”. webザテレビジョン (2003年1月29日). 2009年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。
  3. ^ 光一が作詞作曲もした主題歌でみごと栄冠!”. webザテレビジョン (2003年1月29日). 2009年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。
  4. ^ “【助演男優賞】堂本光一 キムタクに勝った! 初の栄冠…“陰”の役者魂”. 日刊スポーツ. (2002年). オリジナルの2003年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030430212521/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2002/dgp-0429jodan.html 2018年4月8日閲覧。 
  5. ^ 放映時は旧芸名のEITA名義だった。


「リモート」の続きの解説一覧

「リモート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リモートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リモートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リモートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリモートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリモート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS