PCとは? わかりやすく解説

ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


ピー‐シー【PC】


PC[Personal Computer]

パーソナルコンピュータ」の略。もとは個人用のコンピュータ全般指していたが、現在ではPC/AT互換機の意味で使われることが多い。

PC

フルスペル:Personal Computer
読み方ピーシー
別名:パーソナルコンピュータパソコン

PCとは、一般的に個人使用想定された比較的簡易廉価小型コンピュータ総称である。または、特にIBM発売したIBM PCPC/AT、あるいは、主にMacintoshとの対比においてPC/AT互換機広く指す場合もある。

PCは、企業などで複数人数で共用されることが想定された汎用コンピュータメインフレーム)やワークステーションなどに対して個人レベル、あるいは、家族レベル使用するためのコンピュータとして提供されている形状により、机上ディスプレイ設置して利用するデスクトップパソコンと、持ち運びが可能であるよう小型化一体化されたノートパソコンとに大別することができる。

PCの概念は、コンピュータと言えば大型汎用コンピュータのことであった1970年代初頭に、コンピュータ科学者アラン・ケイによって提唱された。アラン・ケイ目指しパーソナルな(個人支援する)コンピュータ像は「ダイナブック構想」と呼ばれる。これは現在のPCのあり方とは必ずしも一致しないが、後のPCに大きな影響与えた。アラン・ケイは「PCの父」とも呼ばれている。

1974年MITSAltair 8800発表され、初め実際のPCが登場した。1970年代後半から1980年代初めにかけて、日・米の各PCメーカーからさまざまなPCが発売された。当時は、プログラミング言語BASIC用いてソフトウェア自作するのが一般的だった。

1984年には、IBMからPC/AT発表された。PC/ATコンピュータアーキテクチャ公開され、多くベンダーPC/AT互換機周辺装置開発するようになった。これによってPC/ATアーキテクチャその後のPCの標準となる。PC/AT互換機低価格化が進み本格的な処理が可能なワープロソフト表計算ソフトなどのビジネス向けのアプリケーション登場するようになって、PCがマニアックホビーから実用向けのツールへと飛躍するきっかけとなった。なお、同じ1984年AppleMacintosh発表した年でもある。

日本国内では、NEC日本電気)が独自のアーキテクチャ展開したPC-9800シリーズ広く普及した後、1990年DOS/V登場1993年Windows 3.1登場などによって、PC/AT互換機導入が容易になり、国内でもPC/AT互換機が急速に普及ていったオペレーティングシステムOS)にはWindows広く採用され、Windowsプリインストールした各社製造によるPC/AT互換機が、PCの呼び名広く一般ユーザー浸透ていったちなみに、PCはMacintoshとの対比で用いられる場合があるが、この場合のPCはWindows搭載機だけでなくLinux搭載機も含むことが多い。


PC

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

PC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 07:06 UTC 版)

PCPCは様々な意味で用いられている略語。




「PC」の続きの解説一覧

パーセク

(PC から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 07:00 UTC 版)

パーセク英語: parsec記号: pc)は、長さを表す計量単位であり、約 3.0856775814127×10+16 m(約3.2616 光年)である。主として天文学で使われる。


  1. ^ 『『理科年表』平成26年(2014年)版』国立天文台、丸善出版、2013年11月30日、369頁。ISBN 978-4-621-08738-1
  2. ^ Recommendation concerning Units (SI Units), Table 5. Non-SI units that are recognised for use in astronomny.”. 国際天文学連合. 2017年3月3日閲覧。
  3. ^ 理科年表、2022、p.156 表中
  4. ^ Attoparsec Cool Jargon of the Day[信頼性要検証]
  5. ^ The New Hacker's Dictionary Third Edition, compiled by Eric S. Raymond,pp.49-50, The MIT Press, 1996, ISBN 0-262-18178-9


「パーセク」の続きの解説一覧

「PC」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



PCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「PC」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PC」の関連用語

PCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPCの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPC (改訂履歴)、パーセク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS