マイクロタワー型とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > マイクロタワー型の意味・解説 

マイクロタワー‐がた【マイクロタワー型】


マイクロタワー型

【英】mini tower

マイクロタワー型とは、コンピューター本体ケース筐体)が縦に長いタワー型パソコンで、サイズミニタワーよりも小さなもののことである。

およそ大の大きなものがフルタワー卓上におけるほどの小さなものがミニタワー呼ばれミニタワーよりも小さいものがマイクロタワー呼ばれる。ただし、それぞれ比較のために用いられる表現であり、サイズを気別する明確な規定があるわけではない。なお、フルタワーミニタワー中間程度のものはミドルタワー呼ばれる

マイクロタワーは高さ約35cm程のものを指す場合多くmicroATXなど小型マザーボード装備されている。

コンピュータのほかの用語一覧
パソコン:  ピュアタブレット  ファンレスPC  互換品  マイクロタワー型  マシン  ミニタワー  PC


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイクロタワー型」の関連用語

1
14% |||||

2
14% |||||

マイクロタワー型のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マイクロタワー型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマイクロタワー型の記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS