互換品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 互換品の意味・解説 

互換品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 01:12 UTC 版)

ガム型電池」の記事における「互換品」の解説

2015年以降は、新規に発売される主流デジタルオーディオプレーヤー大半電池内蔵型となったため、次第大手メーカーガム型電池製造・販売から撤退していった。その結果ガム電池使用するポータブルコンパクトカセットCDプレイヤーMDプレイヤー等が新製品市場から姿を消すことにもなった。だが、すでに所有した機器長年にわたり使い続けているユーザー世の中にはそれなりの数おり、その結果ガム型電池部分買い替えるユーザーもいるので、ガム型電池需要引き続き存在しつづけている。2018年現在でもガム型電池購入可能で、たとえばネット通販Amazon.comAmazon.co.jp等でガム型電池SONY互換ニッケル水素タイプのもの。サードパーティ製で中国製香港製・台湾製など)が多種販売されている。かつての正規品よりも安価で、それでいながらむしろ容量増しているものもある。また家電量販店電子部品小売店などでも、やはりサードパーティ製のNC-5WM互換ニッケル水素タイプのものが入手できる場合もある。

※この「互換品」の解説は、「ガム型電池」の解説の一部です。
「互換品」を含む「ガム型電池」の記事については、「ガム型電池」の概要を参照ください。


互換品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 14:21 UTC 版)

セカンドソース」の記事における「互換品」の解説

需要者側の視点で、セカンドソース契約有無にかかわらずオリジナル製品置き換え可能製品を指すことが多い。 なお、半導体集積回路に限らず広義の意味同一仕様他社製品を指す。トランジスタについては、セカンドソースといわず、互換品と言う。 例) 2SC372 の互換トランジスタは 2SC1815、2N3055の互換トランジスタは、ECG130、2SC766

※この「互換品」の解説は、「セカンドソース」の解説の一部です。
「互換品」を含む「セカンドソース」の記事については、「セカンドソース」の概要を参照ください。


互換品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 17:16 UTC 版)

TMS9918」の記事における「互換品」の解説

T6950 東芝製。この設計品はT7937などの複合チップにハードマクロセルとしても使われた。 F18A 原則としてコンポジット出力しかないTMS9918FPGA代替し、VGA端子RGB出力させる同人ハードウェア今後はDisplayPortに対応予定

※この「互換品」の解説は、「TMS9918」の解説の一部です。
「互換品」を含む「TMS9918」の記事については、「TMS9918」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「互換品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「互換品」の関連用語

互換品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



互換品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ互換品の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガム型電池 (改訂履歴)、セカンドソース (改訂履歴)、TMS9918 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS