代用品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 代用品の意味・解説 

代用品


だいよう‐ひん【代用品】

読み方:だいようひん

ある物の代わりに用いる、間に合わせの品。代替品


代用品

作者島村洋子

収載図書ココデナイドコカ
出版社祥伝社
刊行年月2003.9

収載図書ココデナイドコカ
出版社祥伝社
刊行年月2006.7
シリーズ名祥伝社文庫


代用品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 06:26 UTC 版)

代用品(だいようひん)とは、あることを実現するために、旧来のものの代わりに使うもののこと。代替品ともいう。日中戦争開戦以降の戦時期においては意味がさらに限定され、「被代用品と用途の全部または一部が同じで、被代用品とは製法や材料が異なっていて、国際貸借の改善や不足物資の補填に寄与する必需品」と定義される[1][2]


  1. ^ 白井義三『代用品工業』商工行政社, 1940.
  2. ^ a b 木村源知「戦時期における金属代用品の多様性と変遷―画鋲に着目した事例研究―」『生活学論叢』Vol. 28, 1-15, 2016.3.31. 
  3. ^ 人造麝香完成 国産品が市場を制覇 大阪朝日新聞 1932年10月12日
  4. ^ 木村源知「戦時期における代用材料としてのレコード盤―画鋲の実物資料を用いた実証的研究―」『道具学論集』Vol. 24, 14-26, 2019.3.31. 


「代用品」の続きの解説一覧

代用品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 22:02 UTC 版)

通和散」の記事における「代用品」の解説

正規品通和散黄蜀葵を主原料としたが、『閨中紀聞文庫』などに自家製場合などに黄蜀葵使わない製法伝わっているので、黄蜀葵手元になくても大丈夫である。 鶏卵白身葛粉海蘿加えたものを、和紙塗り乾かす工程何度も繰り返す 鶏卵白身海蘿加えたものを乾燥させ、薬研粉末にする 角股煮出したものに鶏卵白身加え、それを和紙塗り乾かす工程何度も繰り返す 黄蜀葵代用になるもの

※この「代用品」の解説は、「通和散」の解説の一部です。
「代用品」を含む「通和散」の記事については、「通和散」の概要を参照ください。


代用品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:18 UTC 版)

ウナギ」の記事における「代用品」の解説

ウナギ保護価格上昇への対応として、日本ではウナギの蒲焼食感や味、香り似た代用品の開発・利用試みられている。一正蒲鉾ウナギ以外のすり身練り物製品発売パンガシウス科ナマズ肉も蒲焼として販売されている。 2019年イオンは、グループ各社で、これまでの豚ばら肉蒲焼き加えサケ腹身蒲焼きハラス蒲焼き販売開始した

※この「代用品」の解説は、「ウナギ」の解説の一部です。
「代用品」を含む「ウナギ」の記事については、「ウナギ」の概要を参照ください。


代用品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:11 UTC 版)

象牙」の記事における「代用品」の解説

動物系代用品 マンモス牙:ロシア永久凍土の下にあったマンモスの牙を利用する象牙類似しているが、「マンモスは既に絶滅しているので問題ない」という理由で、牙の取引制限されていない。ただしロシアでは地面露出している物のみが許可されている。象牙を「マンモスの牙」と偽って密輸販売する事例があり、問題となっている。 カバ (河馬牙) (歯) セイウチ (セイウチ牙) イッカク (イッカク角) - 歯が変化した角 水牛の角 シカの角 - 日本多く住むニホンジカの角は中間スポンジになっているなど扱い難しく印鑑機械彫り用の印材としては想定されておらず、職人による手彫りになるため、ほとんど扱われていない人工セルロイド1856年不足しがちであった象牙の代用品として開発された。 水酸燐灰石 (ハイドロキシアパタイト) :研究において気孔率0%のペレット象牙代わりに使われている。また、三井東圧化学 (現三井化学)が、ハイドロキシアパタイト使用した人工象牙特許出願している。 カゼインプラスチックガラリス(英語版):牛乳含まれるカゼイン蛋白ホルムアルデヒド合成したプラスチックシャネル大衆向けドレス装飾、カスタムジュエリー(象牙サンゴ真珠模造品)としてもてはやされ1930年ごろには象牙代わりにピアノ白鍵や傘の持ち手使用される安価であったが、成形できず切削によって造形する必要があったため、1960年頃には使用されなくなったラクト材:近年では、象牙と全く同じ質感のある素材カゼイン蛋白酸化チタン粉末から作ることが可能で、市場安価に出回る象牙風の彫刻はたいていこれである。 人工象牙台所自作することも可能である。白色顔料陶芸釉薬などとして画材店で販売される酸化チタン牛乳カゼイン)、玉子(殻に炭酸カルシウム含まれる)をミキサー混ぜオーブン加熱して完成。これは「越前発明王」こと酒井弥が発明したレシピ である。

※この「代用品」の解説は、「象牙」の解説の一部です。
「代用品」を含む「象牙」の記事については、「象牙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「代用品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「代用品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



代用品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代用品」の関連用語

代用品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



代用品のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの代用品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの通和散 (改訂履歴)、ウナギ (改訂履歴)、象牙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS