電子タバコとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 電子タバコの意味・解説 

電子タバコ

別名:電子たばこ
英語:electronic cigaretteselectronic tabacco

カートリッジ内のフレーバーつき液体電気熱し状の水蒸気し、その水蒸気を吸うことでタバコを吸っている感覚が味わえる電子製品国内では電子タバコ「TaEco」などが主に販売されている。

電子タバコにはバッテリーLEDライト搭載されている。タバコ型の本体カートリッジセットし、香味をもった水蒸気発生させて吸う。水蒸気や、吸気時に先端で光るLEDなど、タバコを吸っている感覚になれるよう演出されている。火を用いないので灰が出ず、ニコチンタールなどを含まないので副流煙による害なども基本的には出さない。

無煙タバコ嗅ぎタバコ一種であり、使用による健康上のリスクを残すのに対して、電子タバコは基本的に電子製品でありタバコ該当しない。

電子たばこ

(電子タバコ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/21 03:05 UTC 版)

電子たばこ(でんしたばこ、英語: electronic cigarette, e-cigarette, e-cig)とは、ニコチンを基本とした液体を蒸発(気化)させ(利用者が)吸引し、紙巻きタバコを吸うことに似た経験をするための、紙巻きタバコに似た形状の器具[1]マイクロプロセッサで電熱線に通す電流を制御する。専門用語では電子ニコチン送達システム (Electronic nicotine delivery systems, ENDS)と言い[2]英語圏俗語では、器具のほうは「ヴェポライザー英語版」や「vapeヴェイプ」とも呼ばれる。




  1. ^ イギリス式の綴りは vapour と書く事もある。vapour (Weblio英和和英辞典)
  2. ^ 煙が不完全な製品では見えにくいものも存在する。
  3. ^ 国内で流通している製品は薬事法に抵触するため、ニコチンを含まない。
  1. ^ Oxford, Lexico
  2. ^ a b c 世界保健機関 2014.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Safety evaluation and risk assessment 2014.
  4. ^ 『「加熱式たばこ」で健康上のリスク減らず、WHOが報告書』[リンク切れ] 2019年7月28日付 TBS NEWS
  5. ^ a b c 一般財団法人対日貿易投資交流促進協会
  6. ^ a b 「Q63 電子たばこは法の規制対象に該当するのか。また、輸入する場合の方法は。」『医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)(平成28年11月17日版)(PDF)、34ページ、厚生労働省 医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課、2016年11月17日、2018年11月24日閲覧。
  7. ^ a b c 清水律子、浦中大我 (2016年2月22日). “再送-〔焦点〕たばこ大手2社、「煙なき」戦いで火花 市場一変の可能性も”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/idJPL3N15Y39J 2016年8月15日閲覧。 
  8. ^ a b c “蒸気たばこ判断割れる 煙なくても路上禁煙? 長崎、熊本、大分OK佐賀はNG”. 西日本新聞. (2016年9月7日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/272821 2016年9月13日閲覧。  朝刊
  9. ^ VAPE is named Oxford Dictionaries Word of the Year 2014 (Oxford Dictionaries, 2014 November) 2015年7月7日閲覧
  10. ^ a b Definition of vape in English Oxford dictionary - English.
  11. ^ Noah Charney America’s vaping revolution: How suspicious should we really be of the e-cigarette craze? (Salon magazine, 7 December 2014)2015年7月7日閲覧
  12. ^ US Patent 3200819. Smokeless non-tobacco cigarette 2015年7月7日閲覧。
  13. ^ a b Mary Bellis Who Invented Electronic Cigarettes? 2015年7月7日閲覧
  14. ^ US7832410B2 - Electronic atomization cigarette - Google Patents
  15. ^ Pepper, Jessica K; Brewer, Noel T (2014). “Electronic nicotine delivery system (electronic cigarette) awareness, use, reactions and beliefs: a systematic review”. Tobacco Control 23 (5): 375–384. doi:10.1136/tobaccocontrol-2013-051122. ISSN 0964-4563. 
  16. ^ “House of Commons Debates - 16 December 2015 : Column 1548”. 603. House of Commons Debates 16 December 2015. (2015-12-16). http://www.publications.parliament.uk/pa/cm201516/cmhansrd/cm151216/debtext/151216-0001.htm#column_1548 
  17. ^ “米FDA、電子たばこ販売規制案発表 若者の喫煙率急増受け”. AFPBB. (2018年11月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3197857 2018年11月20日閲覧。 
  18. ^ a b Varlet, Vincent; Concha-Lozano, Nicolas; Berthet, Aurélie; Plateel, Grégory; Favrat, Bernard; De Cesare, Mariangela; Lauer, Estelle; Augsburger, Marc et al. (2016). “Drug vaping applied to cannabis: Is “Cannavaping” a therapeutic alternative to marijuana?”. Scientific Reports 6: 25599. doi:10.1038/srep25599. PMC: 4881394. PMID 27228348. http://www.nature.com/articles/srep25599. 
  19. ^ Synthetic Drug Cloud 9 Linked to Several Hospitalizations NBCニュース
  20. ^ 電子タバコにも合成カンナビノイド|米国からの情報
  21. ^ Westenberger B. Evaluation of e-cigarettes. In: US Food and Drug Administration. Center for Drug Evaluation and Research DoPA, (ed). Rockville, MD; 2009.
  22. ^ 三浦克之,菊川友子,中尾隆文 ほか「喫煙者を対象とした電子タバコの安全性確認試験」『生活衛生』 2011年 55巻 1号 p.59-64, doi:10.11468/seikatsueisei.55.59
  23. ^ 平山晃久,山口昌史,中田哲誌 ほか「不飽和脂肪酸メチルエステルの自動酸化によるアクロレインの生成」『衛生化学』1989年 35巻 4号 p.303-306, doi:10.1248/jhs1956.35.303
  24. ^ Stop smoking treatments”. 英国・国民保健サービス(NHS) (2016年7月19日). 2016年8月15日閲覧。
  25. ^ 世界保健機関 2014, No.21.
  26. ^ Mulhall, Patrick; Criner, Gerard (2016). “Non-pharmacological treatments for COPD”. Respirology 21 (5): 791–809. doi:10.1111/resp.12782. PMID 27099216. 
  27. ^ 連載:プライマリケア医のための喘息・COPD入門 -吸入指導の思わぬ伏兵(6)- 本当に加熱式・電子タバコは吸っていいのか? 日経メディカル 記事:2019年2月15日
  28. ^ 世界保健機関 2014, No.19, 22.
  29. ^ Adriaens, Karolien; Van Gucht, Dinska; Declerk, Paul; Baeyens, Frank (2014). “Effectiveness of the Electronic Cigarette: An Eight-Week Flemish Study with Six-Month Follow-up on Smoking Reduction, Craving and Experienced Benefits and Complaints”. International Journal of Environmental Research and Public Health 11 (11): 11220–11248. doi:10.3390/ijerph111111220. PMC: 4245610. PMID 25358095. http://www.mdpi.com/1660-4601/11/11/11220/htm. 
  30. ^ a b Lam C, West A (2015). “Are electronic nicotine delivery systems an effective smoking cessation tool?”. Can J Respir Ther 51 (4): 93–8. PMC: 4631136. PMID 26566380. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4631136/. 
  31. ^ a b Hajek, Peter (2014). “Electronic cigarettes have a potential for huge public health benefit”. BMC Medicine 12 (1): 225. doi:10.1186/s12916-014-0225-z. PMC: 4260378. PMID 25491742. http://bmcmedicine.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12916-014-0225-z. 
  32. ^ 世界保健機関 2014, No.24.
  33. ^ a b c d Evidence, Policy, and E-Cigarettes 2016.
  34. ^ Beard, Emma; West, Robert; Michie, Susan; et al. (2016). “Association between electronic cigarette use and changes in quit attempts, success of quit attempts, use of smoking cessation pharmacotherapy, and use of stop smoking services in England: time series analysis of population trends”. BMJ: i4645. doi:10.1136/bmj.i4645. PMID 27624188. http://www.bmj.com/content/354/bmj.i4645. 
  35. ^ 世界保健機関 2014, No.33.
  36. ^ TABACCO IN THE EU (pdf)”. 欧州委員会. 2016年8月15日閲覧。
  37. ^ 世界保健機関 2014, No.15.
  38. ^ Sweanor, David; Nutt, David J.; Phillips, Lawrence D.; Balfour, David; Curran, H. Valerie; Dockrell, Martin; Foulds, Jonathan; Fagerstrom, Karl et al. (2014). “Estimating the Harms of Nicotine-Containing Products Using the MCDA Approach”. European Addiction Research 20 (5): 218–225. doi:10.1159/000360220. PMID 24714502. https://www.karger.com/Article/FullText/360220. 
  39. ^ Goniewicz, Maciej L.; Gawron, Michal; Smith, Danielle M.; et al. (2017). “Exposure to Nicotine and Selected Toxicants in Cigarette Smokers Who Switched to Electronic Cigarettes: A Longitudinal Within-Subjects Observational Study”. Nicotine & Tobacco Research 19 (2): 160–167. doi:10.1093/ntr/ntw160. PMID 27613896. https://academic.oup.com/ntr/article-abstract/19/2/160/2631650/Exposure-to-Nicotine-and-Selected-Toxicants-in?redirectedFrom=fulltext. 
  40. ^ a b Shahab, Lion; Goniewicz, Maciej L.; Blount, Benjamin C.; et al. (2017). “Nicotine, Carcinogen, and Toxin Exposure in Long-Term E-Cigarette and Nicotine Replacement Therapy Users”. Annals of Internal Medicine 166 (6): 390. doi:10.7326/M16-1107. PMC: 5362067. PMID 28166548. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5362067/. 
  41. ^ “電子たばこ爆発、舌の一部ちぎれる大けが”. 国際 (朝日新聞デジタル). (2012年2月16日). http://www.asahi.com/international/update/0216/TKY201202160158.html 2012年2月19日閲覧。 
  42. ^ a b Stephens, William E (2018). “Comparing the cancer potencies of emissions from vapourised nicotine products including e-cigarettes with those of tobacco smoke”. Tobacco Control 27 (1): 10–17. doi:10.1136/tobaccocontrol-2017-053808. PMID 28778971. http://tobaccocontrol.bmj.com/content/27/1/10. 
  43. ^ “「電子たばこ」にご用心 安全確認されずとWHO”. 共同通信社. (2008年9月20日). オリジナルの2008年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080920092413/http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008092001000030.html 2009年9月17日閲覧。 
  44. ^ a b c d e f “電子たばこの有害性をFDAが警告”. いきいき健康 (『日本経済新聞』). (2009年7月29日). オリジナルの2009年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091014070456/http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20090730hj000hj 2009年9月17日閲覧。 
  45. ^ “電子たばこに発がん性物質、厚労省が本格調査”. 読売新聞. (2014年11月27日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20141127-OYT1T50091.html 2014年11月28日閲覧。 
  46. ^ 井上久男 電子たばこに発がん性物質含有と発表 国の巨大財源・たばこ業界保護目的?厚労省調査Business Journal(2015年5月26日)2015年8月12日閲覧
  47. ^ Farsalinos, Konstantinos E.; Voudris, Vassilis; Poulas, Konstantinos (2015). “E-cigarettes generate high levels of aldehydes only in ‘dry puff’ conditions”. Addiction 110 (8): 1352–1356. doi:10.1111/add.12942. PMID 25996087. 
  48. ^ "New study challenges claims on aldehyde content of third generation e-cigarettes." ScienceDaily, 21 May 2015. 2015年8月12日閲覧
  49. ^ Hajek, Peter (2015). “Commentary on Farsalinoset al. (2015): E-cigarettes do not expose users to dangerous levels of aldehydes”. Addiction 110 (8): 1357–1358. doi:10.1111/add.12958. PMID 26173159. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/add.12958/full. 
  50. ^ Nutt DJ, Phillips LD, Balfour D, et al. (2016). “E-cigarettes are less harmful than smoking”. The Lancet 387 (10024): 1160–1162. doi:10.1016/S0140-6736(15)00253-6. PMID 27025332. http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(15)00253-6/fulltext. 
  51. ^ Ilona Jaspers, "Pulmonary Effects of Exposure to Tobacco Smoke and New Tobacco Products", February 12, 2016.
  52. ^ Beath Mole, "E-cigs shut down hundreds of immune system genes—regular cigs don’t" Ars Technica, 2016-2-16.
  53. ^ 禁煙のすすめ日本呼吸器学会(2017年12月)
  54. ^ 電子たばこで死者、初の事例か 米イリノイ州”. CNN (2019年8月26日). 2019年8月31日閲覧。
  55. ^ 電子タバコ、加熱式タバコをお使いの方に重要なお知らせ発熱・息切れなどが発生した場合、肺炎のおそれがあります!すぐに医療機関を受診しましょう!ただちに使用をやめましょう!日本に禁煙学会 2019年12月17日
  56. ^ Characteristics of Patients Experiencing Rehospitalization or Death After Hospital Discharge in a Nationwide Outbreak of E-cigarette, or Vaping, Product Use–Associated Lung Injury — United States, 2019 CDC, States Update Number of Hospitalized EVALI Cases and EVALI Deaths
  57. ^ CDC, States Update Number of Hospitalized EVALI
  58. ^ Key Facts about Use of E-Cigarette, or Vaping, Products
  59. ^ 電子たばこの爆発で男性死亡、頭部に破片突き刺さる”. CNN (2018年5月16日). 2018年5月20日閲覧。
  60. ^ 電子たばこ爆発で男性死亡、破片が頭に 米フロリダ州”. BBC (2018年5月17日). 2018年6月30日閲覧。
  61. ^ [1]シンガポール保険省健康科学庁
  62. ^ https://www.nna.jp/news/show/1822306
  63. ^ 「インド 電子たばこ禁止/生産・販売・輸入 若者への普及警戒」日本経済新聞』夕刊2019年9月19日(3面)2019年9月28日閲覧
  64. ^ a b “電子たばこ「健康の脅威」=未成年への販売、広告に規制勧告-WHO”. 時事ドットコム. (2014年8月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014082600732 2014年11月28日閲覧。 
  65. ^ Oddly Enough「米で電子たばこ・葉巻に初の本格規制、未成年者に販売禁止ロイター、2016年05月9日。
  66. ^ 横浜市の街の美化の取組にご協力をお願いします!(横浜市ポイ捨て・喫煙禁止条例) 横浜市資源循環局
  67. ^ “電子たばこは規制対象? 路上喫煙防止で判断分かれる印”. 京都新聞. (2018-02=07). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180207000034 2018年3月1日閲覧。 
  68. ^ “「電子たばこ」のご使用制限について” (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年4月30日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090430-1.pdf 2009年9月17日閲覧。 
  69. ^ “飲食店禁煙、今国会で成立を=「理解得て準備」-塩崎厚労相”. 時事通信. (2017年2月10日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021000629 2017年4月5日閲覧。 
  70. ^ “加熱式たばこも原則禁煙対象 厚労省方針”. 『日本経済新聞』. (2017年12月21日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24883810Q7A221C1CR8000/ 2018年1月29日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子タバコ」の関連用語

電子タバコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電子タバコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子たばこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS