霧とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 天気予報用語 > の意味・解説 

きり【霧】

動詞「き(霧)る」の連用形から》

地表海面付近大気中の水蒸気凝結し、無数の微小水滴となって浮遊する現象古く四季通じていったが、平安時代以降、秋のものをさし、春に立つものを(かすみ)とよび分けた。気象観測では、視程1キロ未満のものをいい、これ以上のものを(もや)とよぶ。《 秋》「—しばし旧里に似たるけしき有り几董

液体を細かい水滴にして空中飛ばしたもの。「霧を吹いてアイロンをかける」

[補説] 書名別項。→霧

[下接語] 雲霧黒い霧(ぎり)秋霧朝霧薄霧川霧・狭(さ)霧・初秋(はつあき)霧・山霧夕霧夜霧


きり【霧】

[一]河井酔茗詩集明治43年(1910)刊。それまで定型詩から口語自由詩へと型を変えた記念碑的作品

[二]原題、(スペイン)Nieblaウナムーノ小説1914年刊。「ニボーラ」という新語をあてて、これまでの写実主義的な小説(ノベーラ)とは異な小説形態編み出そうとした。


む【霧】

常用漢字] [音](呉) [訓]きり

[一]〈ム〉

きり。「霧笛霧氷雲霧煙霧水霧夕霧(せきむ)・濃霧五里霧中

きりのように集まり、または消えるさま。「霧集/雲散霧消

きりのように散らばる水滴。「噴霧器

[二]〈きり(ぎり)〉「霧雨(きりさめ)/朝霧・夕霧・夜霧

難読狭霧(さぎり)


きら・す【霧】

〔他サ四〕 空を曇らせるが降ったり、霧や(かすみ)がかかって視界をさえぎる。

万葉(8C後)八・一四四一「うち霧之(きらシ)降りつつしかすがに吾家の園に鳴くも」


きり【霧】

〔名〕 (動詞「きる(霧)」の連用形名詞化

空気中の水蒸気凝結して細かい水滴となり、地表近く大気中に煙のようになっている自然現象気象用語としては、平視程約一キロメートル以遠視界妨げている状態とされる。古く四季通じて用いたが、平安時代以降春立つものを(かすみ)、秋立つものを霧という伝統的季節美の概念成立した。現代気象用語としては季節かかわりなく用いられている。《季・秋

万葉(8C後)一〇・一八九二「春山の霧に惑へるもわれにまさりて物思はめやも」

② 人の吐く息。また、①を息に見立てた語。嘆息場合用いることが多い。

古事記(712)上・歌謡「やまとの 一本薄 うなかぶし 汝が泣かさまく 朝雨の 疑理(キリ)に立たむぞ」

水や液体などを霧のように細かくして空気中に飛ばしたもの。多く「霧を吹く」の形で用いられる。

人情本閑情末摘花(1839‐41)初「口にて霧(キリ)をふきかけつつ皺を伸して」


き・る【霧】

〔自ラ四〕

① 霧がたつ。曇る。かすむ。

催馬楽7C後‐8C)紀の国「風しも吹けば 余波(なごり)しも立てれば 水底(みなぞこ)支利(キリ)て はれ その珠見えず

② 涙で目が曇る。目がかすんではっきり見えない

源氏100114頃)夕霧御髪(ぐし)かき撫でつくろひ、おろし奉り給ひしをおぼし出づるに、目もきりていみじ」


分野
霧や視程に関する用語
意味:
微小浮遊水滴により視程が1km未満の状態。
用例
霧が発生する。霧が薄く濃く)なる。

クセナキス:霧

英語表記/番号出版情報
クセナキス:霧Mists作曲年: 1980年 

作者スティーヴン・キング

収載図書スティーヴン・キング短編傑作全集 1 骸骨乗組員
出版社サンケイ出版
刊行年月1986.6
シリーズ名サンケイ文庫

収載図書スケルトン・クルー 1 骸骨乗組員
出版社扶桑社
刊行年月1988.5
シリーズ名扶桑社ミステリー

収載図書闇の展覧会
出版社早川書房
刊行年月2005.10
シリーズ名ハヤカワ文庫NV


作者平山夢明

収載図書怖い本 4
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


作者バリー・ユアグロー

収載図書憑かれた旅人
出版社新潮社
刊行年月2004.3


作者田村泰次郎

収載図書田村泰次郎選集 第3
出版社日本図書センター
刊行年月2005.4

収載図書肉体の悪魔失われた男
出版社講談社
刊行年月2006.8
シリーズ名講談社文芸文庫


作者ロード・ダンセイニ

収載図書最後の夢物語
出版社河出書房新社
刊行年月2006.3
シリーズ名河出文庫


作者陳千武

収載図書台湾人元日本兵の手小説集『生きて帰る
出版社明石書店
刊行年月2008.7


作者見川鯛山

収載図書また本日休診
出版社集英社
刊行年月1987.12
シリーズ名集英社文庫


作者残雪

収載図書カッコウが鳴くあの一瞬
出版社河出書房新社
刊行年月1991.6


作者笹沢左保

収載図書どんでん返し
出版社祥伝社
刊行年月1994.10
シリーズ名ノン・ポシェット


作者内海隆一郎

収載図書島の少年
出版社河出書房新社
刊行年月1997.9


作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集17巻 町踊り場仮装人物
出版社八木書店
刊行年月1999.1


作者ロバート・ハリス

収載図書地図の無い国から
出版社幻冬舎
刊行年月1999.12


作者坂口〓子

収載図書鄭一家 曙光
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.9
シリーズ名日本植民地文学精選


作者夏目漱石

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書明治大正小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


読み方:きり

  1. 夜明ノ頃。〔第一類 天文事変
  2. 夜明け。暁を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キリkiri

ごく小さな水滴大気ちゅうに浮遊する現象

季節

分類 天文


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 10:02 UTC 版)

(きり)とは、水蒸気を含んだ大気温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。


  1. ^ a b c d e f g h i 気象観測の手引き”. 気象庁. 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 深石一夫・黒瀬義孝・林陽生「大洲盆地における盆地霧の小気候調査」『愛媛の地理』第13巻、愛媛地理学会、1997年、 52-58頁、2020年11月22日閲覧。
  3. ^ 羽生寿郎・中川行夫『農業気象学』p199文永堂
  4. ^ “過去の濃霧コールド 05年にはマリンで…日本シリーズ初の珍事”. スポーツニッポン. (2020年11月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/21/kiji/20200721s00001173501000c.html 2020年11月18日閲覧。 
  5. ^ “メキシコ戦、霧発生で後半途中からカラーボール登場”. 日刊スポーツ. (2020年11月18日). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202011180000037.html 2020年11月18日閲覧。 
  6. ^ a b 双葉第28号”. 近畿農政局. 2020年11月22日閲覧。
  7. ^ 長野県信濃町”. 信濃町. 2020年11月22日閲覧。
  8. ^ 霧日数の月別平年値 理科年表オフィシャルサイト、2012年7月25日閲覧。
  9. ^ 超音波で霧をつくり出す加湿器のしくみ”. TDK 電気と磁気の?(はてな)館. 2015年10月31日閲覧。
  10. ^ 日本酒製造に使った霧化技術を、廃液処理やリサイクルに活用”. 日経テクノロジーonline (2013年9月10日). 2015年12月10日閲覧。
  11. ^ 松浦一雄「超音波霧化分離の工業的応用」2011年、 NAID 130000655178



出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:28 UTC 版)

発音

名詞

  1. きり地表近くにおいて、凝結した水の微粒子浮遊する現象

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霧」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS