帆船とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 帆船の意味・解説 

はん‐せん【帆船】

読み方:はんせん

帆を張り、帆に受ける風の力利用して走る船。帆掛け船帆前船(ほまえぶね)。

帆船の画像

ほ‐ぶね【帆船】

読み方:ほぶね

帆掛け船はんせん


帆船

作者今川日出

収載図書帆船―海と空と風と
出版社成山堂書店
刊行年月1995.9


帆船

作者薄井ゆうじ

収載図書二十四粒の宝石
出版社講談社
刊行年月1995.12

収載図書二十四粒の宝石超短編小説傑作集
出版社講談社
刊行年月1998.11
シリーズ名講談社文庫


帆船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 06:38 UTC 版)

帆船(はんせん、ほぶね、: sailing ship)とは、「」(ほ)にを受けて推進力とするのことである。縦帆の小型船はヨットsailboat)、伝統的な帆装の大型船はトールシップと呼ばれる。


注釈

  1. ^ 帆桁(ほげた)に取り付け、船首と船尾を結ぶ線と直角に張られる帆。「追い風による順走」(=ランニング)に適する[2]
  2. ^ 縦帆とは帆柱の片側に張られる帆。三角型の帆が多く、操帆作業が容易で、風上への逆走性能にすぐれる[3]スクーナーやセーリング・クルーザーの帆がその典型。
  3. ^ カエサルは(ヨーロッパの)北方へと侵攻、司令官であり、かつ文筆家だったカエサルは文章でその地の人々の習俗も記録、『ガリア戦記』として残した。
  4. ^ なお、このとき設計された帆船を実質的な主人公とした小説「A Ravel of Waters」が執筆されているが、これは日本でもハヤカワ文庫から「電子帆船ジェットウインド」の題名で出版されていた。

出典

  1. ^ 船舶の省エネ装置|PBCF|商船三井テクノトレード株式会社”. www.pbcf.jp. 2021年12月25日閲覧。
  2. ^ 横帆とは - コトバンク
  3. ^ 縦帆とは - コトバンク
  4. ^ 金子隆一 2008, p. 34.
  5. ^ ロモラ&R.C.アンダーソン 1999, p. 3.
  6. ^ a b ロモラ&R.C.アンダーソン 1999, pp. 1–11.
  7. ^ レイヴァリ 2007, pp. 22–25.
  8. ^ ロモラ&R.C.アンダーソン 1999, pp. 22–27.
  9. ^ レイヴァリ 2007, pp. 18–21.
  10. ^ レイヴァリ 2007, pp. 32–35.
  11. ^ a b ロモラ&R.C.アンダーソン 1999, pp. 44–45.
  12. ^ レイヴァリ 2007, pp. 40–41.
  13. ^ ロモラ&R.C.アンダーソン 1999, pp. 50–60.
  14. ^ a b レイヴァリ 2007, p. 42.
  15. ^ a b c d レイヴァリ 2007, pp. 230–241.
  16. ^ 金子隆一 2008, pp. 42–45.
  17. ^ ウィンドチャレンジャー計画HP” (2014年1月29日). 2014年1月29日閲覧。
  18. ^ 「内外商船ニュース 「ウインドチャレンジャー」搭載石炭船建造開始へ」 『世界の艦船』通巻943集(2021年3月号) 海人社 P.168
  19. ^ 北海シマエビ漁Q&A | 別海町観光協会[リンク切れ]
  20. ^ 「内外商船ニュース ロシア帆船「セドフ」北極海ルートを走破」 『世界の艦船』第943集(2021年3月号) 海人社 p.170
  21. ^ メキシコ海軍「クアウテモク号」が東京へ”. 乗り物ニュース (2017年9月18日). 2019年1月5日閲覧。
  22. ^ 「海外艦艇ニュース オマーンの帆走練習艦がオランダで完成」 『世界の艦船』第808集(2014年12月号) 海人社 p.165
  23. ^ 写真:東野一志「インドネシア帆走練習艦「ビマ・スーチ」来日!」 『世界の艦船』第911集(2019年11月号) 海人社 pp.117-119
  24. ^ 「内外商船ニュース 帆走クルーズ船「シー・クラウド・スピリット」竣工」 『世界の艦船』第953集(2021年8月特大号) 海人社 p.185
  25. ^ 新帆走クルーズ船「シー・クラウド・スピリット」デビュー!”. 世界の艦船. 株式会社海人社 (2021年10月22日). 2022年4月10日閲覧。


「帆船」の続きの解説一覧

帆船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 05:57 UTC 版)

航海練習船」の記事における「帆船」の解説

日本丸 (初代) - 初代は、1930年昭和5年)に進水した帆船である。二代目就航に伴い用途廃止され、現在は神奈川県横浜市西区日本丸メモリアルパーク係留展示されている。 日本丸 (2代) - 二代目1984年昭和59年に就航。帆を広げたときの姿から、「太平洋白鳥」と呼ばれる海王丸 (初代) - 日本丸姉妹船初代海王丸は、初代日本丸と共に1930年昭和5年)に進水二代目就航に伴い用途廃止され、現在は富山県射水市海王丸パーク係留展示されている。 海王丸 (2代) - 二代目1989年平成元年に就航。2004年平成16年10月20日防波堤座礁する事故発生2006年平成18年1月5日修繕終え再就役した。海王丸においては公益財団法人海技教育財団から一般人体験航海として乗船することができる。海王丸は「海の貴婦人」と呼ばれる

※この「帆船」の解説は、「航海練習船」の解説の一部です。
「帆船」を含む「航海練習船」の記事については、「航海練習船」の概要を参照ください。


帆船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 09:15 UTC 版)

推力」の記事における「帆船」の解説

帆船の場合はいささか複雑である。帆船などでは風の力推力源とする。ただし風の力と言っても真の風に、船の進行によって逆向き生じ進行風が合成され《みかけの風》が発生する。その《みかけの風》をセイルが受け、その結果セイル迎え角に応じて斜め方向の力を発生させ、その力を帆柱などに伝え船体が受ける。その力は進行方向からずれた斜め方向になっているが、その力のう船体横方向成分船体側面キール竜骨)がから受ける抗力によって差し引き減少させ、船体縦方向成分推力として前方へ進む。

※この「帆船」の解説は、「推力」の解説の一部です。
「帆船」を含む「推力」の記事については、「推力」の概要を参照ください。


帆船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 07:15 UTC 版)

前縁」の記事における「帆船」の解説

風に向かって航行するとき、セイルボート(英語版)(小型の帆船)を前方推進する原動力は、飛行機揚力生み出す原動力同じである前縁という用語は、最初に風に接触する帆の部分を指す。帆による帆船の抗力90%は帆の端からの渦放出英語版)の結果あるため流れ妨げない細い先細り前縁望ましい。帆船は帆を支えるためにマスト利用し抗力と帆の正味性能低下減らすために、設計者は、より空気力学的に成形されマスト回転マスト、翼マスト、またはマスト後部リグ英語版)のように帆の後ろに配置されたマスト実験した

※この「帆船」の解説は、「前縁」の解説の一部です。
「帆船」を含む「前縁」の記事については、「前縁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「帆船」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

帆船

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:00 UTC 版)

名詞

 ハンセン、ほぶね)

  1. 張って風力推進力とする船。

発音(?)

は↗んせん

翻訳


「帆船」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



帆船と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

帆船のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帆船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帆船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの航海練習船 (改訂履歴)、推力 (改訂履歴)、前縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの帆船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS