無敵艦隊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 無敵艦隊の意味・解説 

アルマダの海戦

(無敵艦隊 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 03:50 UTC 版)

アルマダの海戦(アルマダのかいせん)、アルマダ戦争(アルマダせんそう、英語: Battle of Armada, Armada Wars)は、スペイン無敵艦隊英語: Spanish Armadaスペイン語: Grande y Felicísima Armada)のイングランド侵攻において、1588年7月から8月(旧暦7月)に英仏海峡で行われた諸海戦の総称である。


注釈

  1. ^ ウィンターからウォルシンガムへの書簡によると火船はドーバーから徴発したのではなく艦隊のものを使用していた。(John Knox Laughton,State Papers Relating to the Defeat of the Spanish Armada, Anno 1588, printed for the Navy Records Society, MDCCCXCV, Vol. II, pp. 8–9)
  2. ^ 小林幸雄は、本当ならば無敵であったはずという慨嘆と哀悼の意を題名に込めたのではないかとしている。
  3. ^ armadaそのものはスペイン語の普通名詞で、これに相当する英語はnavyである。ただしヨーロッパの言語では、ある国独特の組織・地位などを半ば固有名詞的に指す場合には、その国の言葉をそのまま用いる習慣がある。Czar(ロシア皇帝)、Shogun江戸幕府の将軍)など。
  4. ^ スペイン視点からこの戦いを論じた『アルマダの航海-スペインの物語』(1981年)の著者ディヴィット・ハワースは通説である粗悪な樽材による水食糧の被害を疑問としている。(海野(1985),pp.175-176)
  5. ^ 当初、船隊旗艦はサンタ・アナ号(Santa Ana)だったが、リカルデ提督はサン・ファン号に乗り換えている。(石島(1981),p.116)
  6. ^ これはメディナ=シドニア公の証言で、パルマ公は準備はできていたと主張している。ルイス(1996),pp.194-196
  7. ^ 用例:谷恒生『超・帝国無敵艦隊』(勁文社、1993年)や霧島那智『上杉謙信の野望―北の無敵艦隊』(青樹社、2001年)など。また、ゲームでも例えば『エースコンバット04 シャッタードスカイ』(ナムコ、2001年)に登場するエルジア共和国海軍主力艦隊「エイギル艦隊」の別名として用いられている。
  8. ^ 用例:グラスゴーの奇跡…いや奇跡じゃない 無敵艦隊を撃沈”. 朝日新聞デジタル. 2012年7月27日閲覧。
    村松尚登(2010)『スペイン代表「美しく勝つ」サッカーのすべて---“無敵艦隊”の強さを徹底分析! 』、河出書房新社、ISBN 978-4-3092-7171-2

出典

  1. ^ a b c Colin&Parker(1999),p40.
  2. ^ Lewis(1968),p.184.
  3. ^ a b ルイス(1996),pp.233-237
  4. ^ Lewis(1968), p. 182
  5. ^ a b c d e f 石島(1981),p.274
  6. ^ a b ルイス(1996),p.215
  7. ^ Lewis(1968),pp.208-9
  8. ^ La Armada Invencible por el capitán de navío Cesáreo Fernández Duro de la Real Academia de la Historia - Tomo I
  9. ^ 小林幸雄(2007),p.122
  10. ^ Yahoo!百科事典『3. 黄金時代』マイペディア 無敵艦隊【むてきかんたい】
  11. ^ a b 荒川(2006),p.80
  12. ^ a b 小林幸雄(2007),pp.124-125
  13. ^ a b 小林一宏(1994),p.126
  14. ^ 海野(1985),pp.165-166
  15. ^ 海野(1985),p.167
  16. ^ Hart,pp.28–32
  17. ^  Herbermann, Charles, ed. (1913). "The Spanish Armada". Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company.
  18. ^ ルイス(1996),p.66
  19. ^ ルイス(1996),pp.66-68
  20. ^ 荒川(2006),p.68
  21. ^ 石島(1981),pp.45-59
  22. ^ 石島(1981),pp.63-69
  23. ^ 石島(1981),p.68
  24. ^ ルイス(1996),p.75
  25. ^ ルイス(1996),p.72
  26. ^ ルイス(1996),p.80
  27. ^ ルイス(1996),p.87
  28. ^ 荒川(2006),pp.70-71
  29. ^ a b ルイス(1996),p.92
  30. ^ a b c d 外山(1981), p.186
  31. ^ a b c 外山(1981), p.185
  32. ^ 石島(1981),p.86
  33. ^ ルイス(1996),pp.51-53
  34. ^ 荒川(2006),p.69
  35. ^ 石島(1981),p.87
  36. ^ 外山(1981), p.180
  37. ^ a b 荒川(2006),p.73
  38. ^ 石島(1981),p.96
  39. ^ The English Mercurie published by Authoritie Whitehall July 23, 1588, Imprinted at London by Chriss Barker, Her Highnesse's Printer, 1588, p.3
  40. ^ a b 荒川(2006),p.70
  41. ^ 荒川(2006),p.72
  42. ^ 海野(1985),pp.178-179
  43. ^ http://britishbattles.com/spanish-war/spanish-armada.htm
  44. ^ Colin&Parker(1999),p.185.
  45. ^ 石島(1981),p.77
  46. ^ ルイス(1996),pp.148-149
  47. ^ 荒川(2006),pp.74-75
  48. ^ ルイス(1996),pp.150-152
  49. ^ 外山(1981), p.187
  50. ^ ルイス(1996),pp.159-161
  51. ^ 荒川(2006),p.75
  52. ^ ルイス(1996),p.161
  53. ^ ルイス(1996),pp.166-167
  54. ^ ルイス(1996),p.168
  55. ^ 荒川(2006),p.76
  56. ^ ルイス(1996),p.182
  57. ^ a b 荒川(2006),p.76
  58. ^ ルイス(1996),pp.190-191
  59. ^ 海野(1985),pp.190-192
  60. ^ a b 荒川(2006),p.77
  61. ^ 海野(1985),p.188
  62. ^ a b c 外山(1981), p.192
  63. ^ Hellburners (PDF, 143 KiB) .
  64. ^ ルイス(1996),p.199
  65. ^ ルイス(1996),pp.201-202
  66. ^ ルイス(1996),pp.203-207
  67. ^ ルイス(1996),p.202
  68. ^ Coote(2003),p.259
  69. ^ 石島(1981),p.153
  70. ^ 石島(1981),p.154
  71. ^ ルイス(1996),p.211
  72. ^ ルイス(1996),p.217
  73. ^ 石島(1981),p.155
  74. ^ ルイス(1996),p.214
  75. ^ 荒川(2006),p.78
  76. ^ Damrosh, David, et al. The Longman Anthology of British Literature, Volume 1B: The Early Modern Period. Third ed. New York: Pearson Longman, 2006
  77. ^ ルイス(1996),pp.247-248
  78. ^ ルイス(1996),p.251
  79. ^ a b ルイス(1996),p.249
  80. ^ ルイス(1996),pp.252-258
  81. ^ Mattingly(1959),p.369
  82. ^ Churchill(1956),p.130.
  83. ^ a b 石島(1981),p.175
  84. ^ 荒川(2006),p.79
  85. ^ SparkNotes: Queen Elisabeth – Against the Spanish Armada
  86. ^ 石島(1981),p.177
  87. ^ ルイス(1996),p.274
  88. ^ 石島(1981),p.181
  89. ^ ルイス(1996),pp.274-275
  90. ^ Newman&Johnson&Jones(1985),pp93–109
  91. ^ Parker(1996),p.273.
  92. ^ 石島(1981),pp.217-219
  93. ^ 石島(1981),pp.223-227
  94. ^ 石島(1981),pp.232-234
  95. ^ 石島(1981),pp.235-242
  96. ^ Holmes(2001),p.858
  97. ^ a b 石島(1981),p.269
  98. ^ ルイス(1996),p.50
  99. ^ ルイス(1996),pp.43-44
  100. ^ ルイス(1996),p.84



「無敵艦隊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無敵艦隊」の関連用語

無敵艦隊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無敵艦隊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルマダの海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS