ニコラス・ヒリアードとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 美術家・芸術家 > 16世紀の美術家 > ニコラス・ヒリアードの意味・解説 

ニコラス・ヒリアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 05:28 UTC 版)

ニコラス・ヒリアード(Nicholas Hilliard (1547年頃 - 1619年1月7日)) はイングランドの金銀細工師、ミニアチュール作家[1]。イングランド女王エリザベス1世、イングランド王ジェームズ1世の宮廷人の肖像ミニアチュール(工芸品や装飾品などに描かれた、人物を描いた細密画 (en:Portrait miniature))の作者としてよく知られる。手がけた作品は小さな楕円形のミニアチュールがほとんどだが、10インチ程度の戸棚の飾り絵も描いており、エリザベス1世の半身像を描いた2枚のパネル絵(板絵)は有名である。


  1. ^ 本稿では「ミニアチュール」は miniature の本来の意味である「彩色写本の挿絵」ではなく、主に宝飾品、装飾品、家具などの飾り絵として使われている「細密画・精密画」のことを指す
  2. ^ Waterhouse (1978), p.38
  3. ^ a b c Kinney (1983), pp.3-12
  4. ^ a b c d e 1911 Britannica
  5. ^ a b Strong (1975), pp.3-4
  6. ^ Originally dated as 1550; date altered according to Edmond (1983)
  7. ^ a b c Strong (1987), pp.79-83
  8. ^ a b Reynolds (1971), pp. 11-18
  9. ^ Strong (1975), p.4
  10. ^ ヴィクトリア&アルバート美術館 ウェブサイト, accessed September 12, 2007
  11. ^ Strong (1975), p.5 - Paulet seems careful to avoid any suggestion of emigration in this despatch home.
  12. ^ Strong (1975), p.6
  13. ^ Strong (1969), p.49
  14. ^ Strong (1983), p.72
  15. ^ Strong (1975), pp.4-7, 17
  16. ^ Strong (1983), p.12
  17. ^ Strong (1975), p.13
  18. ^ Strong (1975) pp. 14-18,
  19. ^ Strong (1983), pp. 62 & 66
  20. ^ Strong (1983), p.150
  21. ^ Strong (1975), p.17
  22. ^ Quotation from Hilliard's Art of Limming, c. 1600, in Strong (1975), p.24
  23. ^ Art of Limming, quoted in Strong (1975), p.23
  24. ^ VJ Murrell in Strong (1983), pp.15-16
  25. ^ Strong (1983), pp.28-9
  26. ^ ヴィクトリア&アルバート美術館 ウェブサイト accessed September 12, 2007
  27. ^ Strong (1983), pp.9 & 156-7
  28. ^ Strong (1983), p. 151


「ニコラス・ヒリアード」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニコラス・ヒリアード」の関連用語

ニコラス・ヒリアードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニコラス・ヒリアードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニコラス・ヒリアード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS