長谷川等伯とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 長谷川等伯の意味・解説 

はせがわ‐とうはく〔はせがは‐〕【長谷川等伯】

読み方:はせがわとうはく

[1539〜1610]桃山時代画家能登の人。名は又四郎、のち帯刀(たてわき)。初め信春号して仏画描いたが、のち京都出て諸派画法学び、名も等伯改め日本独自水墨画様式確立また、華麗な金碧(きんぺき)障壁画も手がけ、狩野派に並ぶ長谷川派形成した。作「松林図屏風」など。


長谷川等伯


長谷川等伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/10 06:17 UTC 版)

長谷川 等伯(はせがわ とうはく、天文8年(1539年) - 慶長15年2月24日1610年3月19日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師。幼名は又四郎、のち帯刀。初期は信春と号した。狩野永徳海北友松雲谷等顔らと並び桃山時代を代表する画人である。


  1. ^ 等春は奈良の大工の子で、北陸地方と京都を往復しつつ活動した絵師。加賀国守護大名富樫氏や能登国の畠山氏と交流を持った[2]
  2. ^ 上洛時期は、もう少し後に下るとする見解もある。[5]
  3. ^ 共に地元の彫刻家、田中太郎の作。
  4. ^ 『等伯画説』第61条より。細川成之が等春に「雪舟の広量に似せるべからず、只いかにも真にそれぞれの様に写すべし」と命じた逸話を記している。
  1. ^ 宮島2003、p.12や、中島純司編著『日本美術絵画全集.10 長谷川等伯』、集英社、1974年・新版1979年、p.122-123、に「川口市 長谷川家系譜」ほか諸本を掲載。
  2. ^ 等春、朝日日本歴史人物事典、
  3. ^ 等伯ゆかりの人・もの・寺院七尾市HP、2016年2月19日閲覧
  4. ^ 2「北陸らしさ」を備えた地域資源の掘り起こし”. 国土交通省. 2021年11月10日閲覧。
  5. ^ 宮島2003、P.49-50
  6. ^ 長谷川等伯、朝日日本歴史人物事典、コトバンク、2016年2月20日閲覧
  7. ^ a b 長谷川等伯(信春)とは石川県七尾美術館、2016年2月20日閲覧
  8. ^ 長谷川等伯《松林図屏風》における余白の考察、2016年2月20日閲覧
  9. ^ 勧修寺晴豊『晴豊公記』天正十八年八月八日、十三日の条
  10. ^ 曲直瀬玄朔『延寿配剤記(天正医学記)』(寛文10年(1670年))巻之一 傷寒門
  11. ^ a b 長谷川派、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、コトバンク、2016年2月20日閲覧
  12. ^ 柳橋水車図屏風
  13. ^ 長谷川宗也、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、コトバンク、2016年2月20日閲覧
  14. ^ 等伯画説、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、コトバンク、2016年2月20日閲覧
  15. ^ 石川県. “絹本著色善女龍王図 長谷川信春筆・板絵彩色三十六歌仙額”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  16. ^ 石川県. “絹本著色十二天図 長谷川信春筆・絹本著色日乗上人画像 長谷川信春筆”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  17. ^ 石川県. “絹本著色涅槃図 長谷川信春筆・絹本著色大智禅師画像”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  18. ^ 石川県. “絹本著色山崎長国画像・絹本著色愛宕権現図 長谷川信春筆”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  19. ^ 石川県. “絹本著色十二天図 長谷川信春筆・絹本著色日乗上人画像 長谷川信春筆”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  20. ^ 土居次義「信春等伯同人説」
  21. ^ 伝名和長年像 e国宝
  22. ^ 藤本正行「家紋は語る」、週刊朝日百科『日本の歴史別冊 歴史の読み方8 名前と系図・花押と印章』、p.50-51
  23. ^ 石川県. “紙本墨画達磨図・紙本淡彩十六羅漢図”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  24. ^ 石川県. “絹本著色親鸞聖人絵伝 附 宝徳元年裏書・紙本墨画陳希夷睡図 長谷川信春筆”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  25. ^ 石川県. “紙本墨画達磨図・紙本淡彩十六羅漢図”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  26. ^ 石川県. “紙本墨画猿猴図屏風 長谷川等伯筆・紙本墨画松竹図屏風 長谷川等伯筆”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  27. ^ 石川県. “紙本墨画猿猴図屏風 長谷川等伯筆・紙本墨画松竹図屏風 長谷川等伯筆”. 石川県. 2023年8月12日閲覧。
  28. ^ 『大宝円鑑国師行道記』
  29. ^ 2015年に石川県七尾美術館で開催された長谷川等伯展の広報文より。(参照:同館サイト
  30. ^ 京都市:京都市指定・登録文化財-美術工芸(上京区)”. 京都市情報館. 2023年8月11日閲覧。
  31. ^ 「とうはくん」プロフィール[リンク切れ]、七尾市観光協会公式サイト、2016年2月20日閲覧


「長谷川等伯」の続きの解説一覧

「長谷川等伯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



長谷川等伯と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長谷川等伯」の関連用語

長谷川等伯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



長谷川等伯のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2024 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長谷川等伯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS