笄とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > の意味・解説 

けい【×笄】

[音]ケイ(漢) [訓]こうがい

かんざしかんざしをさす。「笄年/加笄」


こう‐がい〔かう‐〕【×笄】

《「かみかき髪掻)」の音変化

髪をかき上げるのに使った、箸(はし)に似た細長い道具。銀・象牙などで作る

女性の髷(まげ)に横に挿し飾りとする道具金・銀水晶瑪瑙(めのう)・鼈甲(べっこう)などで作る

刀の鞘(さや)の差表(さしおもて)にさしておく篦(へら)状のもの。髪をなでつけるのに用いる。

笄髷(こうがいわげ)」の略。

笄の画像
笄をした紋所
笄の画像
(3)

こう‐がい かう‥ 【笄】

〔名〕 (「かみかき髪掻)」の変化した語)

① 髪をかきあげるのに用い細長い具。男女共に用いた。箸(はし)に似て、根もとが平たく先端細く、ふつう、象牙(ぞうげ)や銀で作る

宇津保(970‐999頃)祭の使「白き蓮の花に、かうがいの先して、かく書きつけ奉る

後世女性髪飾り一つ。髷(まげ)などに差すもの。金、銀などの金属鼈甲(べっこう)、水晶瑪瑙(めのう)などで作り、いろいろの形式がある。〔日葡辞書(1603‐04)〕

笄&wc2;〈鵜真似双紙〉の画像

縮図1941)〈徳田秋声裏木戸根掛、笄(カウガイ)、腕時計といった小物を」

③ 刀の鞘(さや)の付属品一つ金属作り、刀の差表(さしおもて)に挿しておき、髪をなでつけるのに用いる。中世以降のものはほとんど実用の具ではなく装飾品として、高彫文様が施され、小柄目貫組合わされて用いられている。また、江戸時代割笄(わりこうがい)といって二本に割ったものを作り、箸の用とすることもある。

笄&wc3;の画像

十訓抄(1252)一〇「冠して守刀よりかうがいぬき取て、びんかいつくろひて」

紋所の名。笄の形にかたどり、いろいろの形に組み合わせたもの。丸に笄、丸に違い笄、笄車などの種類がある。

丸に笄@丸に違い笄の画像

(5) 建築で、二本梁間械(はりまかせ)をつなぎとめるかせをいう。〔日本建築辞彙(1906)〕

(6)こうがいぐる笄曲)」または「こうがいわげ笄髷)」の略。

雑俳太平楽1724)「ちとかうがいに結おとよい暮」

(7) 和船帆柱の筈(はず)に通し横木で、船首への張綱である筈緒のはずれるのを防ぐもの。桑の木作るまた、(とびせみ)の軸をもいう。〔菱垣廻船歓晃丸図解略説(1911)〕


読み方:コウガイ(kougai)

髪飾一種

別名 加美賀岐


笄(こうがい)

髪掻とも書かれるように、本来は髪を掻いたり耳垢を落とす等、身だしなみ目的用いるために打刀拵鞘口辺り収めたものだが、江戸時代には小柄と同様、金工芸術表現対象となり、多く名品が製作されることになった。小柄及び目貫同作とされた場合、特にこれを三所物と称し、江戸期至って小柄笄が大小拵の正式な小道具とされたのは、やはり武士の身だしなみにかかわる道具として重要な役割りを持たされていたためであろう

小柄・笄(こずか・こうがい)

●本来小柄は細工用の小刀、あるいはぺ-パーナイフなどとして用いられた工作小刀の柄であり、また、笄は髪の乱れ直すなどの身嗜整える際に用いられる小道具であった。共に武士にとって最小限に必要な身の回り道具として、笄は鞘の表に小柄は差裏備えられ、後に拵の装飾として発展した装剣金具でもある。●小柄に収められる小刀穂は刀子変化したものとも、短刀小形したものとも考えられているが、工作用の小刀として独自の道を歩んだものと考え良いであろう。現在見られる定形化された小柄は主として室町時代後期以降のものである。●長方形の小柄は、小刀(なかご)を差し込んで用いるところから薄い筒状構造とされており、小刀差し込む側を戸口(こぐち)、その反対側戸尻(こじり)、小刀の刃側を刃方、棟側を棟方称す図柄が描かれている部分地板と称し、方形一段鋤き下げられた部分に、図柄彫り表わされた地板嵌め込む手法と、地金本体そのまま彫り込んで図柄表現する方法とがある。この図柄が描かれた周縁の、一段高仕立てられた部分小縁(こべり)と称し、裏面と共に薄い金の板で覆われた金哺み処理がなされている場合も多い。図柄が描かれているに対して裏面の地を裏板。ここに、装飾滑り止め目的とした鑢目を施す例が多く銘文一般的に裏板に刻されるが、棟方戸口戸尻に刻される場合多くあり、まれには表面にあるものもみられる。●笄は小柄とは異なり多くは一体の地金から成っている。図柄が描かれている部分は小柄と同様に地板と称し、時代の上るものは直接図柄彫り込んで表現する例が多い。裏面裏板金哺仕上げとされた例は江戸期以降に多い。拵の笄収められる際、内に挿入される部分を竿、その先端を穂先、これとは反対側先端耳掻と称し、また、頭、耳先などとも称する耳掻部分の、小さな状となった内側を貝の内、その付け根を頸、さらに下部左右に張っている部分を肩、図柄が施されている幅の最も広い部分を胴、さらには下部のなだらかに細く仕立てられている部分を、雉子の股に見立て雉子股と称する地板鋤き下げ部分は、上部洲浜形すはまがた)に造り込みその先端に蕨手わらびて)を配し、下端木瓜形としている。

こうがい〔笄〕

冠の左右に出ている横棒のこと。なお、女性かんざし一種も笄という。

笄(こうがい)

髪に挿す飾りのこと。素材デザインは様々で、挙式時には気品のあるべっこう製のもの、色打掛では華やか珊瑚真珠製のものが用いられる。

読み方:こうがい

  1. 牛。〔第七類 雑纂
  2. 牛を云ふ。笄をさしたる髪より牛の頭を連想したるもの。
  3. 牛をいう。笄をさしたる髪より牛の頭を連想したものである。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/29 15:25 UTC 版)

(こうがい、「髪掻き」の転訛[1])とは、髪を掻き揚げてを形作る装飾的な結髪用具[2]。ただし次第に結髪後に髪を飾るものに変化した[2]中国由来のもので現代中国語ではジー(jī)と読む。笄は頭がかゆい時に髪型を崩さずに髪を掻く道具「髪掻 (かみかき)」からきているという説がある[3]




  1. ^ カミカキ → カウガイ → コーガイ。ミ → ウ + 濁音ウ音便キ → イイ音便による変化。
  2. ^ a b c d e f 沼津市歴史民俗資料館資料館だより vol.36 No.4 沼津市歴史民俗資料館、2019年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c 冠婚葬祭豆知識 花嫁 一般財団法人東海冠婚葬祭産業振興センター、2019年10月1日閲覧。


「笄」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 10:45 UTC 版)

発音

熟語: 日本語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「笄」の関連用語

1
76% |||||



4
74% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||


8
58% |||||

9
58% |||||

10
56% |||||

笄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



笄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2021 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの笄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS