さしたるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > さしたるの意味・解説 

然したる

読み方:さしたる

特筆するような大事ではない」「大したことではない」という意味を示す用言名詞係り否定語を伴って用いられる。

さし‐たる

連体動詞「さ(指)す」の連用形完了助動詞「たり」の連体形から。特に指定した、が原義

(あとに打消しの語を伴って用いる)取り立てていうほどの。さほどの。「さしたる相違もない」「さしたる用事もない」

特に思い定めた。特別の

何事にてか、―御望み深かりけること侍りけり」〈著聞集・六〉

[補説] 1は特に「然したる」とも書き副詞「然(さ)」に、サ変動詞「す」の連用形完了助動詞「たり」の連体形が付いたものからとする説もあるが、関連語「さして」「させる」とその意味を合わせ考えて、「指したる」からとするのが妥当と思われる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さしたる」の関連用語

さしたるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さしたるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS