さしたるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > さしたるの意味・解説 

然したる

読み方:さしたる

特筆するような大事ではない」「大したことではない」という意味を示す用言名詞係り否定語を伴って用いられる。

さし‐たる

連体動詞「さ(指)す」の連用形完了の助動詞「たり」の連体形から。特に指定した、が原義

(あとに打消しの語を伴って用いる)取り立てていうほどの。さほどの。「さしたる相違もない」「さしたる用事もない」

特に思い定めた。特別の

何事にてか、—御望み深かりけること侍りけり」〈著聞集・六〉

[補説] 1は特に「然したる」とも書き副詞「然(さ)」に、サ変動詞「す」の連用形完了の助動詞「たり」の連体形が付いたものからとする説もあるが、関連語「さして」「させる」とその意味を合わせ考えて、「指したる」からとするのが妥当と思われる


さし‐たる

連体〕 (動詞「指す」の連用形完了の助動詞「たり」の連体形の付いた「指したる」が連体詞したもの

① 特に心にこうと思い定めた。とりたててちゃんとした。特にこれこれの。

宇治拾遺(1221頃)一四「このあそびもとよりさしたることなんいはんと思ふ

古今著聞集(1254)六「何事にてか、さしたる御のぞみふかかりける事侍りけり」

② (下に打消の語を伴って) 特にこれというほどの。これといったたいした。さほどの。させる。

栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言無官の定になしきこえまほしけれど、さすがにその事とさしたる事のなければ

中華若木詩抄(1520頃)上「壮気にして、ありつるいつのまにやら年よりて、さしたる者にもならず」

[語誌](1)平安時代公家日記など記録体文章生まれた「指(させる)」が、十二世紀に入って「さしたる」と、読まれるようになったもの。助動詞「り」が衰え「たり」が盛んに用いられるようになったに応じて定着していく。従って、古記録などに見られる「指」の文字には「さしたる」と読んだか「させる」と読んだかはっきりしないものがある
(2)中世古記録では、「指」のほかに「差」「為差」とも表記されていたが、次第平仮名書き多くなり、副詞「さ」にサ変動詞「す」の連用形「し」、完了の助動詞「たり」の連体形「たる」が付いたもの意識されるようにもなる。
(3)近代に入ると漢字表記はほとんどされず、文語的な表現仮名書き見られるようになる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さしたる」の関連用語

さしたるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さしたるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS