用事とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事柄 > 用事の意味・解説 

よう‐じ【用事】

なくてはならない事柄用件。「用事を言いつける」「大事な用事がある」

大便小便をすること。用便

むくむくと起きて―かなゆるふりにて」〈浮・曲三味線・四〉

江戸深川遊里で、芸娼妓月経病気、また私用などのさしさわりのために休むこと。

二三日―で居たから、さっぱり酒気がない」〈人・梅児誉美・初〉


用事

読み方:ようじ

  1. 用事。月経隠語。略して「用」ともいふ。又性交隠語にも用ふ。「用がありやすと敷居やつと越え」「饅頭にようじがついて食はぬなり」。
  2. 〔花〕芸者が用事で休むこと。又月経異名
  3. 交会の事を隠語にかくいふ。月経をもいふ。
  4. 御用ともいう。⑴交接のこと。⑵月経のこと。

分類


用事

読み方:ようじ

  1. 用事は芸者などが私用で休むことを云ふので、又客が「用事を付ける」と云へば之に対して当の玉代付けてやることである。
  2. 妓の休業する者は理由如何を問はず凡て之を『用事』と云ふ、入院出産逢引遠出の類皆然り而も之を其筋届出るや必ず一定の書式を以てする事を要し、苟も病と称するものに非ざればパスせず、『家事上の都合』『親の病気』等称するものは皆却下せらるるの例なり。病名亦自由ならず一切婦人科の項目を却く、人を欺す事を以て商売とする者なれば成る可く実を吐かせぬ様との親切ならん。行き届きし事なる哉。
  3. 芸者お座敷を休むことでその理由はなんでもかまわない病気逢引遠出、体のよいサボなどみんなふくまれる。〔花柳界

分類 花柳界


用事

読み方:ようじ

  1. 別室にて男女密会することをいふ。〔花柳語〕
  2. 花柳界にて別室にて男女密会することをいふ。
  3. 別室男女ひそかにたのしむこと。〔花柳界

分類 花柳界花柳


用事

読み方:ようじ

  1. 月経のことをいふ。〔情事語〕
  2. 月経のことをいふ。

分類 情事語、花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




用事と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「用事」の関連用語

用事のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



用事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS