然りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 然り > 然りの意味・解説 

さ・り 【然り】

( 動ラ変
動詞「あり」に副詞「さ」が付いた「さあり」の転〕
そのとおりである。そうである。 「『おい、-・り。おい、-・り』と、うなづきて/源氏 玉鬘」 「いき通ふ所出できにけり、-・りけれどこの元の女、悪しと思へるけしきもなくて出しやりければ/伊勢 23」 〔似た意味の語として「しかり」があるが、「しかり」が主に漢文脈で用いられるのに対し、「さり」は和文脈で用いられる〕 → さらずさらんさりとてさりとはさりともさる(連体

しか・り [2] 【然り】

( 動ラ変
〔「しかあり」の転〕
そうである。そのようである。そのとおりである。 「人類国家造る、故なくして-・るにあらず/真善美日本人 雪嶺」 「人皆か我()のみや-・る/万葉集 892」 〔現在、終止形を「そうだ」「そのとおり」の意で、感動詞的に使うことがある。「『我我は立ち上がらねばならぬ』『-・り』」〕
[句項目] 然り而して 然るが故に


然り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



然りと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「然り」の関連用語

然りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



然りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2019 Weblio RSS