正にとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(事柄) > 正にの意味・解説 

まさ‐に【正に】

[副]

ある事が確かな事実であるさま。まちがいなく本当に。「事実は正に予言のとおりだった」

実現継続時点強調するさま。ちょうど。あたかも。「彼は正に車から降り瞬間凶弾倒れた」

漢文訓読から起こった用法》

㋐(「当に」とも書く。「まさに…べし」などの形で)当然あることをしなければならないさま。ぜひとも。「学生たる者正に学問に励むべきだ」

㋑(「将に」とも書く)(「まさに…せんとする」などの形で)ある事が実現しそうだという気持ちを表す語。今にも。「飛行機が正に飛び立とうとしている」

(主に、あとに反語表現伴って)どうして…しようか

「あやしかりつるほどのあやまりを、—人の思ひとがめじや」〈源・紅葉賀


まさ‐に【正━・当━・応━・方━・将━】

〔副〕 (「まさ(正)①」から)

一つ事柄事態が、別の事柄事態たしかに合致するという判断表わす。適切に。ちょうど。

聖語蔵本成実論天長五年点(828)一八「答曰一相とは応に(当也)是れ禅定なり」

② ある事態が、誇張いつわり含まない正確なものとして成り立つことを強調する気持表わす。正確に。間違いなく

仏足石歌753頃)「丈夫の進み先立ち踏め足跡(あと)を見つつ偲はむ直に会ふまでに麻佐爾(マサニ)会ふまでに」

義血侠血(1894)〈泉鏡花〉六「時正(マサ)に午後一時」

③ (推量命令などの表現伴って) ある事態確実に成立するようにという、強い希望命令などを表わす。必ず。きっと。

大唐西域記十二平安中期点(950頃)「(かひこ)(ひひる)飛び尽き乃ち爾(マサニ)治ることを得む」

④ (「将無(非)」などの漢文訓読で、否定反語表現「…なからむや」「…にあらずや」などを伴って断定ためらいながらも一つ判断表わす。…ではないだろうか(…だろう)。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「此の中に将に猛きありて我を損害すること無けむや」

(5)反語表現伴って) ある事態絶対成立するはずはないという判断強調して表わす。どうして…しようか。どうして…できようか。

*竹取(9C末‐10C初)「わが丈たち並ぶまで養ひ奉りたるわが子を、何人か迎へきこえん、まさに許さんや」

(6)時間推移視点をおいて行為これから始まる、または、状態がいま継続されているという時点強調して表わす。ちょうどいま。いま現に。

書紀720推古三一四月岩崎本訓)「則ち悪逆せる僧及び諸僧並に尼を将(マサニ)罪せんとす」


正に

読み方:しょうに、まさに

【文語】ナリ活用形容動詞「正なり」の連用形

終止形

正なり  » 「正」の意味を調べる



正に

読み方:しょうに、まさに

形容動詞「正だ」の連用形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正に」の関連用語

正にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS