追加料金とは? わかりやすく解説

追加料金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 10:30 UTC 版)

ライアンエアー」の記事における「追加料金」の解説

2011年2月ライアンエアー乗客であるミロ・ガルシアは、空港到着する前に搭乗券印刷しなかった乗客に対する40ユーロ/30ポンドの追加料金は不当であるとして、ライアンエアーに対してクレーム行ったバルセロナ商事裁判所のバルバラ・コルドバ裁判官は、国際航空旅行条約ではライアンエアー搭乗券印刷し空港へ向か要求をすることも、搭乗券所持してなければ40ユーロ/30ポンド請求をすることもできないことと、航空法では航空会社搭乗券発行義務付けているため、罰金乱用されたものだと主張したコルドバ裁判官は「ライアンエアー乗客空港へ搭乗券をとるよう義務づけている契約条項濫用であり、したがっ無効であることを宣言する。(省略長年の慣習として、搭乗券提供する義務は常に航空会社にあった」と述べた裁判官はミロ・ガルシアの払い戻し命じたライアンエアー判決上訴しスペイン控訴裁判所2011年11月にこの判決覆し、追加料金は国際法準拠していると判断した2011年12月ライアンエアーは、顧客クレジットカード支払い行ったときの追加料金を禁止するイギリス大蔵省計画反対する発表した欧州連合EU)の法律では、支払い方法の追加料金に対してすでに起草されている

※この「追加料金」の解説は、「ライアンエアー」の解説の一部です。
「追加料金」を含む「ライアンエアー」の記事については、「ライアンエアー」の概要を参照ください。


追加料金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 05:52 UTC 版)

アメリカ合衆国旅券」の記事における「追加料金」の解説

年齢関係なく申請者迅速な理を希望する場合60ドル迅速化料金必要である。この処理を施設申請する場合、2~3週間発行されるまた、渡航14日以内パスポート代理店申請する場合も、同様の料金必要になる。 17.56ドルの追加料金を支払うことで、申請書の処理が終了した際に夜間郵便で返却を受けることができるようになる。この料金は、申請時に申請料金一緒に支払うか、後からNational Passport Information Center電話して追加することができる。ただし、郵送による返却可能なのは、パスポート限られパスポートカード夜間郵送できない。 2016年1月1日以降パスポートページ追加することができなくなったパスポート新規申請する際申請者28ページまたは52ページパスポートを申請することができ、52ページパスポート取得するための追加費用はない。

※この「追加料金」の解説は、「アメリカ合衆国旅券」の解説の一部です。
「追加料金」を含む「アメリカ合衆国旅券」の記事については、「アメリカ合衆国旅券」の概要を参照ください。


追加料金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 05:33 UTC 版)

空席待ち」の記事における「追加料金」の解説

Go show先発便への搭乗変更)は、元々無料で行われていたが、2010年4月現在、アメリカ合衆国航空会社では、空席待ち搭乗する場合50米ドルから75米ドルの追加料金が必要となることが多い[要出典]。 現在ユナイテッド航空では、空席待ちをする場合75米ドルの追加料金が必要となる。但し普通運賃支払った場合同社1Kないしグローバルサービス会員ビジネスファーストクラス搭乗券を持っている場合は、この限りではないアメリカン航空でも、上顧客ないし払戻し可能な搭乗券を持っていない限り出発12時間以内空席確保するには、追加75米ドル支払必要がある。但し搭乗予定便の運行見合わせ搭乗拒否受けたりした場合には、無料で空席待ち先頭に加えられる。

※この「追加料金」の解説は、「空席待ち」の解説の一部です。
「追加料金」を含む「空席待ち」の記事については、「空席待ち」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「追加料金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「追加料金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

追加料金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



追加料金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのライアンエアー (改訂履歴)、アメリカ合衆国旅券 (改訂履歴)、空席待ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS