航空法とは?

こうくう‐ほう〔カウクウハフ〕【航空法】

国際民間航空条約規定準拠して、航空機航行の安全を図り、航空機による運送事業秩序確立発展目的とする法律昭和27年(1952)施行


【航空法】(こうくうほう)

日本国内における航空機航行管理する法律
1952(昭和27)年7月15日法律231号として公布された。
国際民間航空条約規定と、その附属書として採択された標準方式手続準拠して定められている。

外部リンク


航空法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 02:30 UTC 版)

航空法(こうくうほう、昭和27年7月15日法律第231号)は、民間の航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている日本法律である。




「航空法」の続きの解説一覧



航空法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「航空法」の関連用語

航空法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



航空法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS