セクシャルハラスメントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > ハラスメント > セクシャルハラスメントの意味・解説 

セクシャル‐ハラスメント【sexual harassment】


セクシャル・ハラスメント(せくしゃる・はらすめんと)

労働関わる用語

職場などで、相手方意に反する性的言動によって相手方に不快感苦痛与え行為種類として、1.対価型:職場での立場上下関係利用する場合、2.環境型:ヌードポスターを掲示するなどして異性職場に居づらくさせる場合、に大別される。事業主は、こうした行為防止雇用管理上必要な配慮をしなければならない男女雇用機会均等法21条1項)。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

セクシャルハラスメント

【英】sexcual harassment

職場などで、相手意思反して不快や不安な状態に追い込む性的言動のこと。

・主に次の2つの種類がある。

対価型セクシャルハラスメント:職場等における立場階級の上下関係を利用して、下位にあるものに対す性的言動を行う(強要する)ケース等を指す。
②環境型セクシャルハラスメント:直接的言動等は無い場合であっても性的イメージ髣髴させるポスター掲示など、職場環境悪化通して性的嫌がらせ発生してしまうケース等を指す。

関連ページ
人事制度

セクシャルハラスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 23:58 UTC 版)

セクシャルハラスメント英語: sexual harassment性的嫌がらせ)、セクシュアルハラスメントセクハラとは性的嫌がらせのことであり、「性的言動」によって不利益を受けたり、労働環境などが害されるハラスメントである[1]




  1. ^ a b セクハラの相談先と相談件数|3つのセクハラ対処法まとめ”. あなたの弁護士 (2017年3月27日). 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ a b 職場のセクシュアルハラスメント対策はあなたの義務です!! (PDF)”. 厚生労働省. 2018年4月26日閲覧。
  3. ^ a b わいせつ行為等に係る懲戒処分等の状況(教育職員)(平成28年度) (PDF)”. 文部科学省 (2017年12月27日). 2018年4月26日閲覧。
  4. ^ セクハラ加害者の法的責任は? | コンプライアンス、全力支援 | HTC・ハイテクノロジーコミュニケーションズ
  5. ^ https://www.targma.jp/vivanonlife/2018/01/post42708/
  6. ^ 誠昇会北本共済病院事件
  7. ^ 『女性同士でセクハラ…グアムの日系子会社、24万ドル和解』2008年3月27日付配信 読売新聞
  8. ^ a b 『女性上司から男性へのセクハラ 手作りの弁当や食事の誘いが増えた場合、どうするか』2008年1月22日付配信 日経ビジネスオンライン
  9. ^ 村田らむ (2018年4月23日). “男が受けるセクハラ被害が軽視される不条理”. 東洋経済オンライン. 2018年4月23日閲覧。
  10. ^ セクハラ告発:記者に中傷、2次被害 専門家らが擁護論”. 毎日新聞 (2018年4月21日). 2018年4月26日閲覧。
  11. ^ 福田次官セクハラ更迭 なぜかテレ朝の女性記者が叩かれる日本”. 文春オンライン (2018年4月21日). 2018年4月26日閲覧。
  12. ^ 2013年12月20日 第139回労働政策審議会雇用均等分科会の議事録について
  13. ^ 『裁判と社会―司法の「常識」再考』著:ダニエル・H・フット 訳:溜箭将之 NTT出版 1994年10月 1ISBN 9784757140950
  14. ^ 2018年6月9日中日新聞朝刊3面
  15. ^ 2018年5月20日中日新聞朝刊2面
  16. ^ 2018年6月4日中日新聞朝刊2面
  17. ^ 兵庫セクシュアル・ハラスメント(国立A病院)事件
  18. ^ 2007年6月22日付配信「男子をセクハラから守る法律に変身!?」R25
  19. ^ 『男性がセクハラを受けたケース 宴会で“裸踊り”を強要されたら、どうしたらいいか』2007年8月20日付配信 日経ビジネスオンライン
  20. ^ J-Net21中小企業基盤整備機構が運営)では、セクハラについて「容姿、結婚・妊娠等に関する発言は慎む」ように教育等を行う必要があると言っている
  21. ^ 「男のくせに」「女のくせに」は立派なセクハラ!厚労省では対策強化の考えを示す
  22. ^ [1](香川大学ハラスメント資料(第二東京弁護士会所属弁護士による)より)
  23. ^ 都道府県労働局雇用均等室に寄せられた職場におけるセクシュアル・ハラスメントの相談件数”. 内閣府男女共同参画局. 2018年4月26日閲覧。
  24. ^ 第3回犯罪被害実態(暗数)調査結果概要 (PDF)”. 法務総合研究所. 2018年4月26日閲覧。
  25. ^ 正社員のセクハラ経験率は34.7%―妊娠等を理由とする不利益取扱い及びセクシュアルハラスメントに関する実態調査”. 労働政策研究・研修機構. 2018年4月26日閲覧。
  26. ^ 2019年12月3日中日新聞朝刊26面
  27. ^ 2019年12月12日中日新聞朝刊27面
  28. ^ 教師から「支配」のわいせつ―― 「スクールセクハラ」実態と構造”. 2018年4月26日閲覧。
  29. ^ 都道府県労働局雇用均等室に寄せられた職場におけるセクシュアル・ハラスメントの相談件数”. 男女共同参画局. 2020年8月25日閲覧。
  30. ^ 逆セクハラとは|男のための事例と3つの対処法”. 労働問題弁護士ナビ (2019年3月26日). 2020年9月9日閲覧。
  31. ^ 【セクハラ・パワハラ】男性も悩んでいる!同性同士も!4つのセクハラ事例とその対処法”. 兼六法律事務所 (2019年9月18日). 2020年9月9日閲覧。
  32. ^ 被害男性は100人以上 中学教師らの性的暴行事件の闇 自宅からわいせつ写真を大量に押収”. 朝日新聞 (2020年9月5日). 2020年9月9日閲覧。
  33. ^ 男性に性的暴行容疑、逮捕 元教員の男、SNSで誘い”. 共同通信社 (2020年9月3日). 2020年9月18日閲覧。
  34. ^ 竹下 郁子 (2019年2月15日). “OB訪問で自宅や個室で性行為強要、2人に1人の学生が就活セクハラ被害に。「選考有利」ちらつかせ”. Business Insider Japan. 2019年3月30日閲覧。
  35. ^ 就活セクハラは「ブルーオーシャン」人材会社の人の発言に衝撃”. livedoor NEWS (2019年3月29日). 2019年3月30日閲覧。
  36. ^ OB訪問で相次ぐ「就活セクハラ」防ぐには 大学側も警戒、学生に注意呼びかけへ”. キャリコネニュース (2019年3月29日). 2019年3月30日閲覧。
  37. ^ 増加する日本人出張者や駐在員によるセクハラ事例。「輸出」される日本の恥”. ライブドア・ニュース (2019年3月20日). 2019年3月30日閲覧。
  38. ^ 田中聡子、三島あずさ、山下剛 (2019年3月25日). “女性議員セクハラ、5割が同僚 宴席でストッキングに氷”. 朝日新聞. 2019年3月30日閲覧。
  39. ^ https://www.targma.jp/vivanonlife/2018/01/post42633/
  40. ^ : Vinson
  41. ^ : Meritor Savings Bank
  42. ^ “国連PKO隊員、物資の見返りに“性交渉”か”. TBS. (2015年6月12日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2515676.html 2015年6月12日閲覧。 
  43. ^ “セクハラ訴訟、1300万で和解 アデランスの元女性従業員”. 共同通信. (2015年1月20日). http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012001001741.html 2015年2月20日閲覧。 
  44. ^ “アデランスのセクハラ訴訟が和解 1300万円支払いへ:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞. (2015年1月20日). http://www.asahi.com/articles/ASH1N3GYDH1NPTIL008.html 2015年2月20日閲覧。 
  45. ^ “「数字未達なら彼女になれ」 アデランス、社内セクハラ1300万円で和解 大阪地裁 加害従業員の勤務地制限も”. 産経新聞. (2015年1月20日). http://www.sankei.com/west/news/150120/wst1501200012-n1.html 2015年2月20日閲覧。 
  46. ^ 「会田誠さんらの講義で苦痛受けた」女性受講生が「セクハラ」で京都造形大を提訴” (日本語). 弁護士ドットコム. 2020年12月7日閲覧。
  47. ^ 美術モデルが京都造形芸術大学を「セクハラ告発」提訴の行方 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2020年12月7日閲覧。
  48. ^ “わいせつ作品上映で精神的苦痛、学校法人に賠償命令 ヌード美術史講座 東京地裁” (jp). Mainichi Daily News. (2020年12月4日). https://mainichi.jp/articles/20201204/k00/00m/040/358000c 2020年12月5日閲覧。 
  49. ^ ヌードテーマの公開講座で「わいせつ作品の観賞強要」、大学側に34万円の賠償命令 : 社会 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  50. ^ 本学学生のインターネット書き込みについて
  51. ^ またもネットに女子学生への中傷書き込み 京都教育大男子学生に停学6カ月
  52. ^ 関西ブロックより京都教育大学への申し入れ文書
  53. ^ 全国ネットワークより文部科学省への申し入れ文書
  54. ^ a b 「京都教育大:集団暴行で起訴猶予 無期停学無効…京都地裁」毎日新聞 2011年7月15日
  55. ^ a b “無期停学無効、二審は認めず 集団暴行不起訴の京都教育大学生”. 日本経済新聞. (2012年7月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG21012_R20C12A7CC1000/ 2013年6月9日閲覧。 
  56. ^ 近大ボクシング部監督、女子部員にセクハラ 自宅待機に 朝日新聞 2017年7月11日
  57. ^ セクハラ:東大医師に1126万円賠償命令 神戸地裁 毎日新聞 2015年7月30日
  58. ^ 「日本JCサマコン・セクハラ問題」は『日刊スポーツ』(1998年7月31日号)、『朝日新聞』HP社会面(1998年7月31日号)などに掲載された
  59. ^ 提訴:技能実習中国人「セクハラと賃金未払い」 茨城 毎日新聞 2015年6月27日
  60. ^ 2011年10月21日 中央日報 韓国で開催された国際ミスコンでセクハラ事件…金でもみ消し?
  61. ^ 2011年10月22日 サーチナ 「韓国のミスコンで性上納を強要された」英国人女性が暴露=韓国
  62. ^ 2011年10月24日 ロケットニュース24 韓国「セクハラは韓国的な挨拶です」 / ミスコン出場のイギリス人女性がエロすぎる韓国人にブチギレし帰国
  63. ^ YouTube ガイアナ代表 Confessions Of A Beauty Queen - DAY 12/13 Warning to ALL Beauty Queens
  64. ^ YouTube イギリス代表
  65. ^ 祖国の名誉を・・と韓国ミスコン優勝はく奪のミャンマー少女が“暴露会見”、韓国ネットは「彼女の言う通りだろう」「国の恥さらし」”. FOCUS-ASIA.COM (2014年9月4日). 2015年2月25日閲覧。
  66. ^ 剛力彩芽がインスタ投稿を謝罪し「すべて削除」を宣言 「やっかみですよね」と擁護の声も ハフィントンポスト 2018年7月23日
  67. ^ 岡村隆史、剛力彩芽に苦言「ファンのこと第一に」 日刊スポーツ 2018年7月20日
  68. ^ 剛力彩芽に“謝罪”させた「大先輩の皆様」の盛大なセクハラと侮辱! wezzy 2018年7月23日
  69. ^ インスタ削除宣言の剛力に擁護続々…フィフィ「疑似恋愛を売るアイドルでもあるまいし」 スポーツ報知 2018年7月23日
  70. ^ ウーマン村本、剛力に皮肉の売れっ子芸人に「だせぇな」 sanspo 2018年7月23日
  71. ^ 2009年8月20日 朝鮮日報
  72. ^ “女優の故チャン・ジャヨンへの強制わいせつ容疑の元朝鮮日報記者、在宅起訴へ”. WoW!Korea. (2018年6月26日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0626/10215565.html 2018年6月27日閲覧。 
  73. ^ “검찰,‘장자연 강제추행’전 조선일보 기자 불구속기소(検察、「チャン・ジャヨン強制わいせつ」元朝鮮日報記者在宅起訴)”. ハンギョレ. (2018年6月26日). http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/850774.html 2018年6月27日閲覧。 
  74. ^ “검찰 재수사로 '장자연 사건 연루' 전 조선일보 기자 기소(検察の再捜査で「チャン・ジャヨン事件関与」元朝鮮日報記者起訴)”. JTBC. (2018年6月26日). http://news.jtbc.joins.com/html/806/NB11655806.html 2018年6月27日閲覧。 
  75. ^ 2011年11月10日 スポーツソウル「『チェ・ウンジョン セクハラ疑惑』所属会社代表有罪」
  76. ^ 同僚が女性警視に「ちゃん」付け…公務災害認定 読売新聞 2018年9月23日
  77. ^ セクハラ 「紅白」責任者のNHK元部長、停職3カ月 毎日新聞 2018年9月29日
  78. ^ セクハラ被害で退職、再採用で救済 大阪府内の市役所 毎日新聞 2018年12月20日
  79. ^ セクハラ 元駐イラン大使、公邸で職員にキス 外務省が注意 毎日新聞 2019年4月13日
  80. ^ 株式会社デイズジャパン 検証報告書の公表について 2019年12月27日
  81. ^ セクハラされても「お互いに譲歩」? #metoo の背景に被害者が救われない法システム”. Yahoo! Japan ニュース (2018年4月24日). 2020年10月2日閲覧。
  82. ^ a b セクハラ被害6割以上が相談しない・できない 被害者が感じる「社会の空気」【アンケート調査】”. HuffPost News (2019年6月9日). 2021年3月7日閲覧。
  83. ^ 強姦冤罪事件、女性の「うそ」で服役 裁いた国の責任は:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年1月5日閲覧。
  84. ^ 高橋大輔選手「パワハラ、セクハラはない」 橋本聖子氏とのキス報道に見解”. HuffPost News (2014年8月22日). 2021年3月7日閲覧。
  85. ^ 橋本聖子新会長、過去のセクハラ報道を問われ「当時も今も、深く反省」(会見詳報)”. HuffPost News (2021年2月18日). 2021年3月7日閲覧。
  86. ^ セクハラだけじゃない「橋本聖子新会長」への不安、五輪招致の立役者が語る”. DIAMOND online (2021年2月19日). 2021年3月7日閲覧。
  87. ^ なぜ急に「セクハラ」呼ばわり!? いままで楽しくやってきたのに…”. J-CAST 会社ウォッチ (2012年10月12日). 2020年10月2日閲覧。
  88. ^ a b c d 菊池 安希子 (2010). セクシュアル・ハラスメント 日本心理臨床学会(監修)日本心理臨床学会支援活動プロジェクト委員会(編)危機への心理支援学――91のキーワードでわかる緊急事態における心理社会的アプローチ―― (pp. 105-106) 遠見書房
  89. ^ 2019年10月29日中日新聞朝刊1面


「セクシャルハラスメント」の続きの解説一覧

セクシャルハラスメント

出典:『Wiktionary』 (2020/02/20 20:44 UTC 版)

語源

英語 sexual harassment

名詞

セクシャル ハラスメント
  1. 性的嫌がらせセクハラ

発音

セ↗㋗シャルハラ↘スメント
IPA: se̞ˈkɯ̟̊ᵝˈɕa̠ˈɾɯ̟ᵝ ˈha̠ˈɾa̠ˌsɨᵝˌmẽ̞nˌto̞/

翻訳




セクシャルハラスメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セクシャルハラスメント」の関連用語

セクシャルハラスメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セクシャルハラスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2021 Houterasu All rights reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2021 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセクシャルハラスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセクシャルハラスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS