ブラック企業とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ブラック企業の意味・解説 

ブラック企業

読み方:ブラックきぎょう
別名:ブラック会社

一般的に労働法規定する範囲逸脱たような劣悪勤務環境過酷労働を強いる企業総称

一般的には、「ブラック企業」について明確な定義があるわけではない典型的なブラック企業の特徴に挙げられる要素として、サービス残業休日返上しての作業は当然という考え方上意下達朝令暮改体制パワハラ従業員心身の健康に対す配慮の低さ、などが挙げられることが多い。労働環境劣悪であるため、短期間での離職率が高いなどの傾向もあるとされる

また、ブラック企業の労働環境小林多喜二小説蟹工船」に例えられることもある。

ブラック企業という語は、電子掲示板2ちゃんねる」上に投稿された『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』をきっかけとして、広く知られるようになったと言える。『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は2007年投稿され、インターネット上で話題になった後、2008年新潮社により書籍化され、2009年には映画化もされた。

関連サイト
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』 - 新潮社

ブラック企業

「ブラック企業」とは、従業員に対して心身過重負担端な長時間勤務など劣悪環境での労働強いて改善しない体質をもち、それゆえ入社勧められない、あるいは早期退職勧奨されるような企業総称する言葉です。若者雇用悪化背景に、ここ数年インターネットなどを通じて広まり浸透しました。具体的には、労働法や関係諸法抵触する可能性があるグレーゾーン条件での労働違法性の濃い営業行為意図的恣意的従業員に強いたり、いわゆるパワーハラスメント常套手段として本来業務とは無関係部分での非合理的負担従業員強制したりする企業法人指します。

ブラック企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 00:41 UTC 版)

ブラック企業ブラックきぎょう和製英語で造語)またはブラック会社ブラックがいしゃとは違法行為不法行為脱法行為などにより従業員に無給の残業・朝残業などの不当な労働を強制したりパワハラなど人権を踏みにじったり心身を傷つける行為を日常的に行っている企業もしくはそのような行為を行ってる社員を放置、黙認している企業のことである。(今野晴貴による定義では「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」[1][1])「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある[2]。対義語はホワイト企業




注釈

  1. ^ 研修会社自ら「地獄」と謳っている[PR 3]
  2. ^ 軍隊式、自己否定と人格改造を主眼とした外部研修会社の研修の内容の様子がテレビで放映された[PR 4]
  3. ^ ICレコーダーなどのデジタル機器による録音(MP3などの形式)ではコンピュータで音声を容易に改竄できるため、裁判時の証拠として認められない場合もある。
  4. ^ クライアント側のブラウザで、プライバシーモード(プライベートブラウジング)にすれば履歴やキャッシュが残りにくくなるが、サーバ側でアクセスした端末のIPアドレス・日時・サイトが記録されるため、完全には履歴を消去できない。
  5. ^ 芸能人の「付き人」制度自体も、付き人が「労働者」か「手伝い」なのか立ち位置がはっきりしていないため、ブラックといわれている。
  6. ^ 営業社員が自社製品を自分や家族名義を用いて自腹で購入したり契約を結ぶ隠語のこと。悪質なものになると金銭だけを支払わせて「購入した」事実だけを作り、製品を渡さない場合もある。
  7. ^ 悪質なものになるとノルマの達成・未達成にかかわらず給与の自主返納が社内全体の暗黙のルールのようになっており、それが「当たり前」になっている場合もある
  8. ^ 離職率などを公開し、自らをブラック企業と称した採用サイトも存在する[PR 7]
  9. ^ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)に基づく「遊技場」にはゲームセンター雀荘カラオケボックスなども含まれるため、「遊技場」の適用範囲が広くなる。
  10. ^ 「年齢の下限」による制限がある場合(18歳以上でないと普通免許や国家資格が取得できない)など。
  11. ^ 派遣後に正社員や契約社員などとして派遣先企業に直接雇用を前提としているため、個人特定行為が認められている。
  12. ^ これは「内定切り」として卒業寸前の大学生や専門学校生などが企業の内定を得ていながらリーマンショックや東日本大震災など不況によって多くの学生が内定切りを受けて社会問題化したのが有名である。
  13. ^ 「職場でのできごとを毎日書き込むことで、『しごとダイアリー』はそのまま強力な「法的証拠」になります。・・・・つまり、ブラック企業と実際に戦うための最良の武器なのです」[31]

出典

  1. ^ a b “説明会や就活サイトより「ブラック企業」見抜けるアイテム”. AERA dot.. AERA (朝日新聞出版). (2014年1月15日). https://dot.asahi.com/aera/2014011500008.html 2018年3月27日閲覧。 
  2. ^ 武神健之 (2017年10月26日). “ブラック企業に就職してしまった! まさかの事態に産業医が勧める3つの処方箋”. ハーバー・ビジネス・オンライン. 扶桑社. 2017年11月8日閲覧。
  3. ^ a b c 谷本寛治『CSR 企業と社会を考える』NTT出版ライブラリーレゾナント25、2006年、71頁
  4. ^ 池田信夫 (2013年3月5日). “日本の会社はなぜ「ブラック企業」になるのか”. ニューズウィーク. https://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2013/03/post-643.php 2018年12月2日閲覧。 
  5. ^ 「ブラック企業」批判は資本主義の精神を傷つける”. ザ・リバティweb. 幸福の科学出版 (2013年9月26日). 2013年10月31日閲覧。
  6. ^ 企業(会社)の経営者や役員、役職職員、一般職員、アルバイト等(請負・派遣社員も含む)の中で、その人の性格自体に何か問題があったり、完全に性格の悪い人が多いので性格の良い人が入職(入社)しても当然居心地が悪いと、すぐに感じてしまい下手をすると入職後、数分で辞めたくなってしまうのも、ブラック企業の特徴である。
  7. ^ 寺崎⽂勝「特集 若⼿を辞めさせるな ― ⾼離職率を放置すれば、会社は確実に衰退する」『日経ベンチャー』第266号、日経BP社、2006年11月1日、 37-39頁。
  8. ^ 今野晴貴『ブラック企業―日本を食いつぶす妖怪』文春新書、2012年、187頁
  9. ^ ヤバすぎブラック企業……「生理休暇申請」のために人事担当者がトイレ同行、経血量をチェック! サイゾー公式サイト
  10. ^ 2013年12月29日南日本新聞社説「[ブラック企業 根絶へ向け対策を急げ」]
  11. ^ NHK ドキュメンタリーWAVE - “ブラック企業”と闘う 〜非正規雇用の労働者たち〜
  12. ^ NHKドキュメンタリー - ドキュメンタリーWAVE▽“ブラック企業”と闘う〜アメリカ非正規雇用の労働者達
  13. ^ a b c 谷本寛治『CSR 企業と社会を考える』NTT出版ライブラリーレゾナント25、2006年、80頁
  14. ^ 谷本寛治『CSR 企業と社会を考える』NTT出版ライブラリーレゾナント25、2006年、92頁
  15. ^ 谷本寛治『CSR 企業と社会を考える』NTT出版ライブラリーレゾナント25、2006年、93頁
  16. ^ 2013年7月5日産経新聞記事「「ブラック企業」広まった背景は 社会問題に“成長”したスラング」
  17. ^ 2013年12月18日朝日新聞社説「ブラック企業 根絶のために行動を」
  18. ^ 今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』星海社新書、2013年、207頁
  19. ^ 現役教師が「このままでは過労死」と訴える“ブラック部活”の実態 週刊女性2017年6月6日号
  20. ^ a b 『ブラック企業の闇』
  21. ^ 「役員は名ばかり、解雇は無効」労働審判申し立て 大阪
  22. ^ ビルメンテ会社の「名ばかり役員」に労災認定、月143時間の残業で「脳出血」発症
  23. ^ 部下を追い詰める「クラッシャー上司」に気をつけろ! ダイヤモンド・オンライン
  24. ^ 11日間のブラック研修を経験した新卒社員(23)の体験談 「同期が過呼吸で搬送された」「頭は冷静なのに涙が止まらない」2018年9月17日 キャリコネニュース 2019年4月11日閲覧
  25. ^ もっとも、2000年代後半になってから労働組合の無い会社でも個人で加入できるユニオンが誕生してきている
  26. ^ 当直の割増賃金求め提訴 刈谷の女性医師「規定外の分娩、手術」中日新聞2010年9月22日[リンク切れ]
  27. ^ a b “低い新人の定着率 情報開示で離職抑制”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年11月7日). https://www.nikkei.com/article/DGKDASGC02015_W2A101C1EE8000/ 2017年10月29日閲覧。 
  28. ^ 「ブラック企業」見分け方学ぼう 就活学生、研究し自衛1/2 2/2 朝日新聞2011年1月14日
  29. ^ a b c d e "就活の落とし穴! "ブラック企業"にご用心". 週刊ニュース深読み. NHK総合. 2012年12月1日放送.
  30. ^ ブラックバイト:横行 「契約無視」「試験前も休めず」1/2 2/2 毎日新聞2013年8月8日
  31. ^ 今野晴貴監修『しごとダイアリー2』、堀之内出版)
  32. ^ ブラック企業4000社の実態調査へ 厚労省、9月から :日本経済新聞
  33. ^ 自民が「ブラック企業」公表提言へ 参院選公約 :日本経済新聞
  34. ^ “自民、民主が公約盛り込み見送る ブラック企業「社名公表」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2013年7月5日). https://www.j-cast.com/2013/07/05178868.html?p=all 2017年10月29日閲覧。 
  35. ^ 共産・山下氏「ブラック企業調査を」焦点採録・代表質問 - 朝日新聞デジタル


「ブラック企業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブラック企業」の関連用語

ブラック企業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブラック企業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラック企業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS