痴漢とは? わかりやすく解説

ち‐かん【痴漢】

読み方:ちかん

[名](スル)

女にみだらないたずらをしかける男。

みだらないたずらをすること。痴漢行為。「—をして逮捕される

ばかな男。おろかものしれもの

秋毫も採(とる)べき所なきの—たり」〈菊亭香水世路日記

[補説] 12について、「漢」は男の意だが、法律上では男女ともに罰の対象となる。


痴漢

作者結城昌治

収載図書エンドレス
出版社中央公論社
刊行年月1991.12

収載図書指揮者
出版社中央公論社
刊行年月1994.12
シリーズ名中公文庫


痴漢

作者池波正太郎

収載図書完本 池波正太郎大成28青空の街・原っぱ現代小説短編
出版社講談社
刊行年月2000.10


痴漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/17 22:02 UTC 版)

痴漢(ちかん)とは、本来は「愚かな男」「ばかもの」「たわけもの」などを意味する言葉であったが、のちに「女性にみだらな行為をする男」、またそのような行為を意味するようになった[1][2][3]痴漢行為ともいい、行為によっては強制わいせつ公然わいせつ器物破損などによる取締りの対象となる性犯罪であり性暴力である[4]


注釈

  1. ^ 多くの鉄道事業者が、女性以外に一部の男性も乗車対象としている。例えば東日本旅客鉄道(JR東日本)は、小学生以下の男児、身体障害者の男性、及び身体障害者を介助する男性も乗車対象としている[147]

出典

  1. ^ 神永曉 (2022年2月21日). “第476回「痴漢」が性犯罪者になったのはいつ?”. ジャパン・ナレッジ. 2024年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c "痴漢". デジタル大辞泉. コトバンクより2022年7月30日閲覧
  3. ^ "痴漢". 精選版 日本国語大辞典. コトバンクより2024年1月10日閲覧
  4. ^ ちかんは犯罪行為です”. 大阪府警察. 2024年1月10日閲覧。
  5. ^ a b c d 地下鉄の全車両に監視カメラ導入訴え、ロンドンの痴漢被害者”. BBCニュース (2019年3月28日). 2023年8月16日閲覧。
  6. ^ 米旅客機内で客室乗務員に痴漢行為、男に禁錮6カ月”. CNN.co.jp. 2023年8月16日閲覧。
  7. ^ 独音楽フェスで性犯罪、被害女性26人 昨年末の事件に類似”. www.afpbb.com (2016年6月1日). 2023年8月16日閲覧。
  8. ^ W杯祝勝中に痴漢被害、ネットで多数報告 仏当局が通報呼び掛け”. www.afpbb.com (2018年7月19日). 2023年8月16日閲覧。
  9. ^ a b c 痴漢から女性を守る会 著『満員電車は危険がいっぱい』マイクロマガジン社、2007年、ISBN 4896372514、p.23
  10. ^ a b 痴漢動画を売るサイトの裏を暴く……BBC独自調査 日本と中国で”. BBCニュース (2023年6月8日). 2023年8月14日閲覧。
  11. ^ 「男が痴漢になる理由」なぜ女性も知っておくべきなのか。満員電車でくり返される性暴力”. ハフポスト (2017年10月19日). 2023年8月14日閲覧。
  12. ^ a b 「痴漢はご乗車できません」日本と同様に深刻なフランスの迷惑行為事情”. エキサイトニュース (2017年5月13日). 2023年8月16日閲覧。
  13. ^ 上田基編著『命のたいせつさを学ぶ性教育』ミネルヴァ書房、2008年、ISBN 4623051021、86頁
  14. ^ 痴漢は性暴力に入りますか?(小川たまか) - 個人 - Yahoo!ニュース(2021年7月5日閲覧)
  15. ^ 原田隆之 (2019-10). 『痴漢外来』. 筑摩書房. p. 48.49.67. ISBN 9784480072566 
  16. ^ 捜査員が“エロ眼”と呼ぶ視線の男も…卑劣行為に目を光らせる鉄道警察隊 脚を出した女性追う男の言い分は”. 東海テレビ. 2024年4月28日閲覧。
  17. ^ ウエンツ瑛士が「触らない痴漢」被害を告白、「息を吹きかけられるとか…男女関係なくあるんです」”. 中日スポーツ. 2024年5月1日閲覧。
  18. ^ 机美鈴. “駅のホームで強制性交 社会は痴漢と向き合ってきたか”. 朝日新聞. 2024年5月7日閲覧。
  19. ^ 大髙実奈「男女大学生における電車内痴漢被害の実態調査」『東洋大学大学院紀要』第54巻、東洋大学大学院、2017年、65-76頁、Template:Crid。 
  20. ^ 痴漢被害の実態等に関するアンケート結果”. 福岡県警察. 2022年7月30日閲覧。
  21. ^ a b 男性も痴漢から保護対象に この春、全都道府県で改正条例施行”. Spork!. 早稲田大学ジャーナリズム大学院 (2014年4月6日). 2022年7月30日閲覧。
  22. ^ a b 痴漢動画を売るサイトの裏を暴く……BBC独自調査 日本と中国で” (2023年6月8日). 2023年6月8日閲覧。
  23. ^ BBC報道で日本の「痴漢問題」が国際社会の俎上に 池袋駅で撮影された動画が中国で販売される現実” (2023年7月4日). 2023年6月8日閲覧。
  24. ^ Foreign travel advice Japan”. GOV.UK. 2024年2月20日閲覧。
  25. ^ Japan travel advice”. GOV.CANADA. 2024年2月20日閲覧。
  26. ^ 原田隆之 (2015.3). 『入門 犯罪心理学』. 東京: 筑摩書房. p. 72. ISBN 9784480068248. OCLC 905574641. https://www.worldcat.org/oclc/905574641 
  27. ^ a b c d e 100年前、すでにパリには痴漢がいた。”. ハフポスト (2018年1月31日). 2023年8月16日閲覧。
  28. ^ “痴漢が生きやすい社会、なぜ SNSで「し放題」投稿も”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年3月7日). https://www.asahi.com/articles/ASL3162KXL31UPQJ00J.html 2018年4月29日閲覧。 
  29. ^ 痴漢の悩みは万国共通? 世界の「女性専用車両」をのぞいてみたら”. クーリエ・ジャポン (2015年10月1日). 2019年8月9日閲覧。
  30. ^ a b 「週刊文春」編集部. “地下鉄で女性に擦り付け、スカートや頭髪に…BBCが報じた「痴漢サイト」運営、日本在住“中国人3人組”の正体”. 文春オンライン. 2023年6月26日閲覧。
  31. ^ 令和四年東京都議会会議録第十八号〔速報版〕 阿部祐美子”. 東京都議会 (2022年12月8日). 2023年2月1日閲覧。
  32. ^ “Tube sexual assault victim calls for CCTV on trains” (英語). BBC News. (2019年3月28日). https://www.bbc.com/news/uk-england-london-47722878 2023年8月16日閲覧。 
  33. ^ 暴行・性犯罪発生で「容疑者画像」公開 電車内犯罪が相次ぐロンドンで注目すべき対策とは | Merkmal(メルクマール)”. Merkmal(メルクマール) | 交通・運輸・モビリティ産業の最新ビジネスニュース (2022年2月24日). 2023年8月16日閲覧。
  34. ^ 「男性と同じ気持ちで電車に乗りたい」 ロンドン交通網で痴漢被害が大幅増”. BBCニュース (2021年11月5日). 2023年8月16日閲覧。
  35. ^ a b 女性専用車両、豪で導入めぐり議論「被害者側がなぜ閉じ込められるのか」”. まぐまぐニュース! (2016年4月21日). 2023年8月16日閲覧。
  36. ^ 「馬鹿げている」 イギリスで女性専用車両に批判の嵐”. ライブドアニュース. 2023年8月16日閲覧。
  37. ^ 「女性専用車両はひどいアイデア」 英国で批判の嵐 その理由とは?”. NewSphere (2017年9月1日). 2023年8月16日閲覧。
  38. ^ 女性専用車両導入は敗北?英国で国民的議論に 日本で乗車経験のある記者は賛成”. NewSphere (2015年8月31日). 2023年8月16日閲覧。
  39. ^ 痴漢被害に遭ってしまったら・・・”. 埼玉県警 (2020年11月17日). 2023年2月1日閲覧。
  40. ^ 痴漢被害者の半数 初めての被害は中高生のとき 周囲の大人ができることは”. NHK (2024年4月10日). 2024年5月21日閲覧。
  41. ^ 室橋祐貴 (2023年4月10日). “100年続く痴漢問題、撲滅なるか?政府が「痴漢撲滅に向けた政策パッケージ」を公表”. yahoo news. 2023年5月7日閲覧。
  42. ^ 痴漢撲滅に向けた政策パッケージ(概要)”. 2023年5月7日閲覧。
  43. ^ 痴漢撲滅に向けた政策パッケージ”. 男女共同参画局. 2023年5月28日閲覧。
  44. ^ 初の不同意わいせつ容疑適用 走行中列車で女性の体触ったか 下野署、自称配送業の男逮捕”. 下野新聞 (2023年8月3日). 2023年8月29日閲覧。
  45. ^ 痴漢された人が「電車」止めたら迷惑? JR東「躊躇せずSOSボタン押して」 受験シーズン迎えて対策本格化”. 弁護士ドットコムニュース (2024年1月8日). 2024年1月9日閲覧。
  46. ^ 受験生への痴漢「許されない」 被害、共通テスト追試対象に―加藤担当相化”. JIJI.com (2024年1月12日). 2024年1月12日閲覧。
  47. ^ “Catching the men who sell subway groping videos” (英語). BBC News. (2023年6月7日). https://www.bbc.com/news/world-asia-65811838 2023年8月14日閲覧。 
  48. ^ クローズアップ現代 データが浮き彫りに!知られざる痴漢被害の実態”. NHK (2020年1月23日). 2024年5月2日閲覧。
  49. ^ 【特設ページ】学生に知ってほしい痴漢の真実”. 一般社団法人痴漢抑止活動センター. 2024年5月14日閲覧。
  50. ^ GW 駅や列車のすり、痴漢注意を 岡山駅などで県警が特別警戒開始”. 山陽新聞 (2024年4月26日). 2024年5月1日閲覧。
  51. ^ 全国初 地下鉄の車内を”リアルタイム監視” 防犯カメラで痴漢や盗撮を見逃さない 福岡市”. FNNニュース. 2024年4月26日閲覧。
  52. ^ 福岡市地下鉄にリアルタイム監視カメラ、警察OBの駅構内見回りも…痴漢や盗撮など抑止へ”. 読売新聞 (2024年5月14日). 2024年5月14日閲覧。
  53. ^ 3. 捜査段階での被害者支援 1 被害届の提出、 告訴、 告発”. 2023年1月11日閲覧。
  54. ^ Satoki著、坂根真也監修『痴漢に間違われたらこうなります!』自由国民社、2014年3月発行、ISBN 978-4426117641、p.170-172
  55. ^ 《埼京線・集団痴漢の疑い》線路ダッシュ逃走後、半年後に逮捕された羽賀聡明容疑者(38)は「子煩悩パパ」だった、“スリル好き”山男の隠された本性” (2023年10月23日). 2024年1月9日閲覧。
  56. ^ 小川たまか (2023年6月28日). “注目度低くても重要 「わいせつな挿入行為の取り扱いの見直し」の意義”. ヤフーニュース. https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/1982a4fea6732d91535c84ea8219154d2939f0a4 2023年7月15日閲覧。 
  57. ^ 渋井哲也 (2024年6月17日). “「ストレスと欲望が制御できなかった」痴漢行為でも不同意性交  “初犯”男性に「実刑4年判決」が下ったワケ”. 弁護士JPニュース. https://www.ben54.jp/news/1236 2024年6月18日閲覧。 
  58. ^ “不同意わいせつ容疑で逮捕 大阪市職員、電車で女性触る―府警”. JIJI.com. (2023年7月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2023071401190&g=soc 2023年10月9日閲覧。 
  59. ^ “GWの帰省中に災難…女子大生が高速バス内でわいせつ被害 容疑で国立大留学生のベトナム人を逮捕 京都府警”. 産経新聞. (2016年5月5日). http://www.sankei.com/west/news/160505/wst1605050033-n1.html 2017年7月1日閲覧。 [リンク切れ]
  60. ^ “JR板橋駅 線路を逃走、痴漢の疑いで41歳男を逮捕”. TBSテレビ. (2017年4月26日). オリジナルの2017年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/K7j7F 2017年7月1日閲覧。 
  61. ^ 痴漢被害相談”. 2023年1月16日閲覧。
  62. ^ 行政 痴漢被害相談所 警視庁 鉄道警察隊”. 2023年1月16日閲覧。
  63. ^ 吉沢 智美 (2022年1月12日). “密着警視庁(1)痴漢、盗撮、暴漢も 目が泳ぐ「不審者」捜せ 鉄道警察隊”. 2023年1月16日閲覧。
  64. ^ 夕刊フジ特捜班 痴漢冤罪の恐怖
  65. ^ 『50歳からの性教育』河出書房新社〈河出新書〉、2023年4月発行、ISBN 978-4309631639、137頁
  66. ^ 『50歳からの性教育』河出書房新社〈河出新書〉、2023年4月発行、ISBN 978-4309631639、147-150頁
  67. ^ 塚田賢慎 (2024年5月11日). “「被害者は女性だけじゃない」…いまだ軽視「男性の痴漢被害」、誰にも言えず泣き寝入りも”. 弁護士ドットコム. https://www.bengo4.com/c_1009/n_17546/ 2024年5月11日閲覧。 
  68. ^ “続発する痴漢疑いからの線路内逃走 侵入の代償は数百万円の賠償、2年以上の懲役刑も”. 産経新聞. (2017年5月26日). https://www.sankei.com/affairs/amp/170526/afr1705260019-a.html 2022年1月16日閲覧。 
  69. ^ “「金髪にしたら痴漢が激減」 女性たちが髪の毛を染めて実感した“思わぬ効果””. マネーポストweb. (2022年11月15日). https://www.moneypost.jp/965376 2022年11月24日閲覧。 
  70. ^ 小川たまか著『告発と呼ばれるものの周辺で』亜紀書房、2022年、ISBN 978-4750517322、P103-107
  71. ^ 松崎翼 (2022年9月1日). “電車で痴漢に…実名取材に応じた女性弁護士の思い”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20220901-5DKCCLQULNOVBOYVT2RDCVVLTY/ 2022年1月16日閲覧。 
  72. ^ “性犯罪被害者になった弁護士 実名公表に込めた思い”. NHK. (2022年9月9日). https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0026/topic075.html 2022年1月16日閲覧。 
  73. ^ 志村一也 (2022年9月14日). “状況再現、下着の提出…性被害に遭った弁護士が実感した心的負担”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20220912/k00/00m/040/176000c 2022年1月16日閲覧。 
  74. ^ “埼京線で痴漢被害にあった女性弁護士「屈辱感、今も払拭できない」 男性に執行猶予付き判決”. 弁護士ドットコムニュース. (2022年9月1日). https://www.bengo4.com/c_18/n_14945/ 2023年12月27日閲覧。 
  75. ^ “「はたらく細胞LADY」で女子中高生と「性教育の自習」をしてわかったこと”. 現代ビジネス. (2022年11月22日). https://gendai.media/articles/-/102457 2023年12月27日閲覧。 
  76. ^ 仙道洸 (2022年6月8日). “同じ男から長年の痴漢被害、相談できなかった 女性は裁判で証言した”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASQ676W7JQ44UTNB014.html 2023年1月8日閲覧。 
  77. ^ “「耳にそっと息を吹きかけた」痴漢加害者が犯行に及んだ理由とは? 〈アンケート結果〉”. yahoo news 弁護士ドットコム. (2024年5月11日) 
  78. ^ 小川たまか (2017年11月16日). “「真面目に通学していただけで、なぜあんな目に」 日本人女性がパリで「痴漢」本を出版”. ヤフーニュース. https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/64d9bbf68ffa6c00ebbc8aafa8336d1b2dccea91 2022年9月20日閲覧。 
  79. ^ 試験の朝、痴漢に・・・ 通報した勇気【vol.49】” (2020年1月21日). 2023年1月11日閲覧。
  80. ^ 前田恒彦 (2023年10月14日). “電車内で女生徒に体液をかけたとされる男 故意を否認する訳は #専門家のまとめ”. 2024年5月30日閲覧。
  81. ^ 前田恒彦 (2020年11月11日). “なぜ電車内で中1女子に体液をかけた小学校教頭が「暴行罪」で逮捕されたか?【追記あり】”. 2024年5月30日閲覧。
  82. ^ DJ SODAさんの性被害を生んだ「痴漢大国」日本。「chikan」「hentai」が国際語になっていた” (2023年8月17日). 2023年12月27日閲覧。
  83. ^ DJ SODAさんに「露出する方が悪い」批判 専門家「2次加害」” (2023年8月21日). 2023年12月27日閲覧。
  84. ^ 「娘に触ったやろ」クレーンゲーム中の女児に背後から体触るわいせつ行為か 兵庫・高砂市職員を逮捕”. 毎日放送 (2024年4月2日). 2024年4月3日閲覧。
  85. ^ DJ SODAさんに「露出する方が悪い」批判 専門家「2次加害」「被害女性は震えて泣いていた」埼京線の悪質すぎる痴漢の実態”. yahoo news (2024年4月19日). 2024年4月24日閲覧。
  86. ^ 学校健康診断で盗撮の罪 医師に保護観察付き執行猶予判決” (2023年10月17日). 2024年5月21日閲覧。
  87. ^ “世界王者でも…声を出せなかった痴漢の恐怖 拳四朗さん「被害に遭って初めて分かった」”. 京都新聞. (2022年5月31日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/803388 2022年9月19日閲覧。 
  88. ^ 埼京線・男子高校生を“サンドイッチお触り”した痴漢コンビ「ストレスあった」父親が答えた容疑者の“別の顔””. 週刊女性PRIME (2023-5-57). 2023年5月28日閲覧。
  89. ^ 電車内で男子高校生に痴漢行為 罰金命令の県職員 停職処分”. NHK (2024年2月2日). 2024年2月20日閲覧。
  90. ^ 在日シンガポール大使館元参事官 盗撮疑いで書類送検 警視庁”. NHK (2024年6月13日). 2024年6月18日閲覧。
  91. ^ 男性のための性暴力被害ホットライン”. 2023年10月9日閲覧。
  92. ^ “可能性、女性が自ら育めるように 朝日教育会議”. 朝日新聞. (2022年1月10日). https://www.asahi.com/articles/DA3S15166486.html 2023年1月8日閲覧。 
  93. ^ 吉田伸八 (2024年4月4日). “犯罪被害「相談せず」4割超 8割が給付・賠償受けず  警察庁調査”. 朝日新聞. 2024年5月22日閲覧。
  94. ^ 令和5年度犯罪被害類型別等調査 調査結果報告書2-10. 加害者による損害賠償状況”. 警視庁. 2024年5月22日閲覧。
  95. ^ 小川たまか (2020年1月23日). “痴漢で「示談慣れ」した常習者と被害者に"情報格差" 手薄な法的サポート”. yahoo news. 2024年5月22日閲覧。
  96. ^ a b 「気をつけろ」「スカートを短くするな」ではなく…痴漢に遭った中学生の私に、大人がかけるべきだった言葉”. 文春オンライン (2020年9月14日). 2023年1月11日閲覧。
  97. ^ 「気をつけろ」「スカートを短くするな」ではなく…痴漢に遭った中学生の私に、大人がかけるべきだった言葉”. 文春オンライン (2020年9月14日). 2023年1月11日閲覧。
  98. ^ 机美鈴. “駅のホームで強制性交 社会は痴漢と向き合ってきたか”. 朝日新聞. 2024年5月7日閲覧。
  99. ^ 令和5年度 痴漢被害実態把握調査 東京都”. 東京都. 2024年4月2日閲覧。
  100. ^ なぜ痴漢被害者の高校生は中傷された? 理不尽な炎上を助長する“思考停止した人たち””. rakuten infoseek news PHPオンライン衆知 (2024年1月25日). 2024年4月2日閲覧。
  101. ^ 『それでもボクはやってない』加瀬亮 単独インタビュー”. シネマトゥデイ (2007年1月29日). 2024年4月27日閲覧。
  102. ^ 周防正行監督作品「それでもボクはやってない」における痴漢犯罪の描き方について”. アルタミラピクチャーズ. 2024年4月2日閲覧。
  103. ^ 小川たまか (2021年1月17日). “【2021年更新版】「スレスレ痴漢法」が特集された雑誌『月刊ドリブ』を読んでみた。”. たまたま通信. 2022年11月24日閲覧。
  104. ^ 小川たまか著『告発と呼ばれるものの周辺で』亜紀書房、2022年、ISBN 978-4750517322、P214-225
  105. ^ 小川たまか (2019年11月29日). “「触り方」特集も 痴漢を娯楽として消費してきたメディアの過去を暴く『痴漢とはなにか』”. yahoo news. 2022年11月24日閲覧。
  106. ^ 社会派インフルエンサーに痴漢疑惑!? 99.9%有罪の事件に女子高生弁護士が異議<JKと六法全書>”. goo ニュース (2024年4月20日). 2024年5月7日閲覧。
  107. ^ a b “痴漢被害、泣き寝入りしないで 埼玉県警、対策周知へ女性会議初の一般公開”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年1月20日). https://www.sankei.com/article/20150120-BTRCXRQYMVN6JNZBQ5YHW6PEN4/ 2017年8月26日閲覧。 
  108. ^ “電車内の痴漢防止に係る研究会の報告書について”. 警視庁. (2011年3月10日). https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3525234_po_h22_chikankenkyukai.pdf?contentNo=1&alternativeNo= 2022年12月6日閲覧。 
  109. ^ 「小児性愛」という病-それは愛ではない 斉藤章佳著 ブックマン社 2019年11月 P83 P150
  110. ^ “痴漢レーダー”でわかった、悪質すぎる手口と被害が多い駅・増えるタイミング”. 週刊女性PRIME (2020年7月2日). 2022年12月6日閲覧。
  111. ^ 大髙実奈「電車内痴漢の分類とその特徴 -新聞報道を用いた探索的分析-」『東洋大学大学院紀要』第57巻、東洋大学大学院、2021年3月、65-85頁、doi:10.34428/00012609ISSN 0289-0445CRID 13908536506345633282023年8月10日閲覧 
  112. ^ 平成27年版 犯罪白書”. 法務省. 2022年6月24日閲覧。
  113. ^ “痴漢の典型的加害者の「意外な人物像」とは”. diamond online. (2017年9月29日). https://diamond.jp/articles/-/143957?page=2 2021年6月20日閲覧。 
  114. ^ a b 令和元年警察白書 統計資料
  115. ^ 令和4年警察白書 統計資料
  116. ^ 令和4年警察白書 統計資料
  117. ^ 【漫画】「許さん!」「突き出してやる!」しつこい痴漢に闘いを挑む空手女子部員!痴漢に天罰を下す行動に意外な結末とは?”. 2022年10月19日閲覧。
  118. ^ 都内「痴漢被害」7割が電車や駅で起きている | 通勤電車”. 東洋経済オンライン (2016年7月2日). 2019年8月9日閲覧。
  119. ^ a b c d 独自調査、痴漢検挙の82%が鉄道内だった! | 通勤電車”. 東洋経済オンライン (2016年12月8日). 2019年8月9日閲覧。
  120. ^ 第5回犯罪被害実態(暗数)調査のうち「性的な被害」に係る調査結果(概要)”. web.archive.org. 法務総合研究所研究部 (2019年11月26日). 2019年11月26日閲覧。
  121. ^ 伊吹早織 (2019年1月21日). “女性の7割が電車や道路でハラスメントを経験。「実態調査」でわかったこと”. BuzzFeed. 2019年5月26日閲覧。
  122. ^ 窪田順生 (2022年11月3日). “水原希子さん「痴漢は日本独特の文化」発言はそれほどデタラメではない”. ダイヤモンドオンライン. https://diamond.jp/articles/-/312289?page=4 2022年11月24日閲覧。 
  123. ^ “「痴漢撲滅プロジェクト」痴漢被害実態把握調査結果の公表”. 東京都. (2023年12月25日). https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2023/12/25/09.html 2024年2月20日閲覧。 
  124. ^ 第86回簡易アンケート「痴漢犯罪の抑止について」の結果を公表しました。”. 埼玉県 (2016年2月29日). 2017年8月26日閲覧。[リンク切れ]
  125. ^ 『「若者の性」白書』, p. 143, 第7回
  126. ^ 『「若者の性」白書』, p. 150, 第8回
  127. ^ 『「若者の性」白書』, p. 143, 第7回
  128. ^ 『「若者の性」白書』, p. 150, 第8回
  129. ^ a b c d e 痴漢対策│【ALSOK】”. 綜合警備保障. 2021年7月6日閲覧。
  130. ^ “電車で通勤・通学する大都市圏の女性の13.7%が過去1年間に車内で痴漢被害に遭っていた”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2010年10月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1305O_U0A011C1CR0000/ 2018年4月17日閲覧。 
  131. ^ “"動く密室"夜行バス痴漢が頻発”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2014年5月8日). https://web.archive.org/web/20140512093629/https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/263657/ 2018年4月17日閲覧。 
  132. ^ 電車内 突然わいせつ画像送付/スマホで「痴漢」相次ぐ 摘発の40代「恥ずかしがる姿見たくて」『東京新聞』夕刊2018年10月25日(社会面)[リンク切れ]
  133. ^ エアドロップ痴漢初摘発 スマホ悪用 容疑の男書類送検 福岡県警|【西日本新聞ニュース】”. web.archive.org (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  134. ^ “女性装い痴漢させた容疑 大阪国税職員を逮捕”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年7月9日). https://www.nikkei.com/article/DGKDASDG09013_Z00C13A7CC0000/ 2018年4月17日閲覧。 
  135. ^ a b c 集団痴漢で逮捕された場合と単独痴漢で逮捕された場合に違いはある?”. 泉総合法律事務所 (2018年4月19日). 2022年9月25日閲覧。
  136. ^ a b 集団痴漢の合言葉は「1902」…埼京線の先頭車両に集まった卑劣な男たち”. 産経新聞 (2017年12月17日). 2022年9月25日閲覧。
  137. ^ 埼京線で"集団痴漢" 逮捕の男ら"面識なし"…「防犯アプリ」で被害訴え”. テレビ朝日 (2022年9月23日). 2022年9月25日閲覧。
  138. ^ 痴漢とはどんな罪? 痴漢の罰則と実態・警視庁の対策・痴漢の問題点”. あなたの弁護士 (2018年3月27日). 2022年9月25日閲覧。
  139. ^ 「痴漢が多い最後尾の車両に…」埼京線の"集団痴漢"に便乗か "わいせつ行為"で逮捕”. TBS (2022年9月22日). 2022年9月25日閲覧。
  140. ^ 共通テスト前に受験生への痴漢あおる投稿、男性を書類送検 愛知”. 産経新聞 (2024年3月25日). 2024年3月27日閲覧。
  141. ^ “スマホを使った最新手口も登場、「痴漢被害者」たちの終わらない “苦しみ””. 週刊女性PRIME. (2020年4月24日). https://news.yahoo.co.jp/articles/e7fb43c90d426962c22128ed68edbbc8b5a21cb8?page=3 2021年5月30日閲覧。 [リンク切れ]
  142. ^ a b “「男が痴漢になる理由」なぜ女性も知っておくべきなのか。満員電車でくり返される性暴力”. ハフポスト. (2017年10月19日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/sexual-molester_jp_5c59661fe4b09bd6f91df031 2018年3月20日閲覧。 
  143. ^ “依存症専門医が指摘 痴漢常習犯の"驚"思考”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2017年6月10日). https://web.archive.org/web/20170610111831/https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/695789/ 2018年3月20日閲覧。 
  144. ^ “元痴漢常習者が衝撃の30年間を告白 同じ女性に毎朝していたことも”. (2018年6月14日). https://news.livedoor.com/article/detail/14863334/ 2023年2月1日閲覧。 
  145. ^ “痴漢加害者が語る“達成感と支配欲” 再犯防ぐ認知行動療法とは #本気で痴漢なくすプロジェクトNO.6”. (2022年4月28日). https://www.nhk.or.jp/shutoken/wr/20220428a.html 2023年2月1日閲覧。 
  146. ^ “「痴漢祭り」 大学入学共通テスト前、ネットで予告相次ぐ”. 毎日新聞. (2022年1月14日). https://mainichi.jp/articles/20220114/k00/00m/040/243000c 2022年1月16日閲覧。 
  147. ^ 女性専用車のご利用について”. 東日本旅客鉄道. 2018年5月17日閲覧。
  148. ^ <最新>痴漢対策|女性の防犯・防災対策|あんしんライフnavi|防災対策・セキュリティのセコム(2021年7月11日閲覧)
  149. ^ 痴漢に狙われないための服装、髪型対策 (2014年9月28日) - エキサイトニュース(2021年7月11日閲覧)
  150. ^ “「制服通学」私服より痴漢被害多く ハラスメント調査で明らかに”. 弁護士ドットコムニュース. (2019年1月21日). https://www.bengo4.com/c_23/n_9137/ 2022年1月16日閲覧。 
  151. ^ “「制服着用時に性的嫌がらせ」、女子生徒の3人に1人 英”. CNN. (2018年10月10日). https://www.cnn.co.jp/world/35126782.html 2022年1月16日閲覧。 
  152. ^ “女子高生が電車に乗ると必ず痴漢される国・ニッポン?”. クーリエ・ジャポン. (2017年5月13日). https://courrier.jp/news/archives/85256/ 2022年1月16日閲覧。 
  153. ^ 真島加代 (2019年9月12日). “痴漢がひるむ「痴漢抑止バッジ」、身に着けるだけで効果がある理由”. daiamond. https://diamond.jp/articles/-/214513 2023年1月11日閲覧。 
  154. ^ a b 許すな痴漢!”. 警視庁. 2018年4月13日閲覧。[リンク切れ]
  155. ^ a b c “痴漢にあった時の対処法は?そして冤罪の場合の正しい対処法とは?”. 直撃LIVE グッディ! (フジテレビ). (2017年5月16日). http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20170516001.html 2018年4月13日閲覧。 [リンク切れ]
  156. ^ “丸の内の新OLに痴漢対策と護身術の講習会 警視庁”. テレビ朝日. (2018年5月17日). オリジナルの2018年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/K7XpI 2018年5月17日閲覧。 
  157. ^ 室橋祐貴 (2022年4月2日). “痴漢被害多い大江戸線に女性専用車両を導入へ。若者の声が社会を動かす”. yahoo news. https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/fb53a76b10b37cf4be247e60e8882928615e9ba4 2023年1月4日閲覧。 
  158. ^ . 読売新聞. (2022年3月4日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220324-OYT1T50139+2023年1月4日閲覧。 
  159. ^ 鉄道防犯カメラ、設置義務化 改正省令、15日施行”. 時事通信社. 2024年6月4日閲覧。
  160. ^ “痴漢やめて「×」シール、相手に印も 埼玉県警が考案”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年4月17日7時5分). http://www.asahi.com/articles/ASH3P5FT4H3PUTNB00B.html 2016年1月25日閲覧。 [リンク切れ]
  161. ^ “「痴漢路線」にブレーキ シール、特殊インク…埼玉県警が対策(2/2)”. 産経ニュース. (2015年8月31日9時47分). https://web.archive.org/web/20150902212216/http://www.sankei.com/affairs/news/150831/afr1508310007-n2.html 2016年1月25日閲覧。 [リンク切れ]
  162. ^ “痴漢にインク付けるシール、埼玉県警が配布 注文相次ぐ”. 日本経済新聞. (2015年5月8日11時31分). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07HC4_Y5A500C1CN0000/ 2016年1月26日閲覧。 
  163. ^ “痴漢防止へ新バッジ”. テレビ東京. (2016年1月26日). オリジナルの2016年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160213091925/www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/news/post_105018 2016年1月26日閲覧。 
  164. ^ 『自衛隊防災BOOK』マガジンハウス、2018年、p.108 ISBN 978-4-8387-3010-0
  165. ^ “【性暴力を考えるvol.23】“痴漢をさせない”ために…何が必要だと思いますか?”. (2019年10月25日). https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/175/index.html 2022年12月6日閲覧。 
  166. ^ 「痴漢撃退」機能が有能すぎると話題の警視庁防犯アプリ「Digi Police」が便利&快適に!、@niftyIT小ネタ帳、2019年8月20日(2021年7月11日閲覧)
  167. ^ “「痴漢レーダー」でわかった"危ない曜日"の特徴”. 東京経済online. (2020年7月12日). https://toyokeizai.net/articles/-/361711 2021年7月11日閲覧。 
  168. ^ a b 痴漢の有名裁判例|刑事事件弁護士アトム” (2023年2月27日). 2023年8月24日閲覧。
  169. ^ GENJINブックレット22なぜ痴漢えん罪は起こるのか 検証・長崎事件 2001年12月発行 編著 長崎事件弁護団 発行人 成澤壽信 株式会社現代人文社
  170. ^ 【追跡】痴漢えん罪ネット発足 体験もとに「被害者」支援 産経新聞 2002年7月22日
  171. ^ 痴漢えん罪ネット代表 車内で盗撮 現行犯逮捕 産経新聞 2003年7月16日
  172. ^ 「痴漢えん罪ネット」代表が盗撮 毎日新聞 2003年7月16日
  173. ^ 盗撮の痴漢えん罪ネット元代表有罪 毎日新聞 2004年2月4日
  174. ^ 「植草一秀教授、のぞきの疑い JR品川駅で現行犯逮捕」(2004年4月12日、朝日新聞夕刊20面)
  175. ^ Peeping Tom to pay fine, lose mirror”. The Japan Times (2005年4月8日). 2023年1月4日閲覧。
  176. ^ Peeping economist nabbed in groping”. The Japan Times (2006年9月15日). 2014年2月26日閲覧。
  177. ^ Uekusa prison term upheld by top court”. The Japan Times (2009年6月28日). 2014年2月26日閲覧。
  178. ^ 「植草被告の実刑確定へ 痴漢事件、上告棄却」(2009年6月27日、朝日新聞夕刊14面)
  179. ^ 辻亮. “それでも被告人はやってない”. 季刊刑事弁護新人賞全作品. 2024年4月27日閲覧。
  180. ^ 「お前が触っているのを俺は見た」から9年ーー元日銀職員が「痴漢冤罪」を訴える理由”. 弁護士ドットコムニュース (2015年4月29日). 2024年5月2日閲覧。
  181. ^ a b 痴漢動画を売るサイトの裏を暴く……BBC独自調査 日本と中国で” (2023年6月8日). 2023年6月8日閲覧。
  182. ^ 窪田順生 (2022年11月3日). “水原希子さん「痴漢は日本独特の文化」発言はそれほどデタラメではない”. ダイヤモンドオンライン. https://diamond.jp/articles/-/312289?page=4 2022年11月24日閲覧。 
  183. ^ “「CHIKAN」国際語に!? 満員電車が犯罪温床 訪日客に注意喚起も”. 毎日新聞. (2018年3月30日). https://mainichi.jp/articles/20180330/ddm/041/100/107000c 2023年1月8日閲覧。 
  184. ^ “「CHIKAN」国際語に!? 満員電車が犯罪温床 訪日客に注意喚起も”. 朝日新聞GLOBE+. (2018年8月15日). https://globe.asahi.com/article/11739129 2023年1月8日閲覧。 
  185. ^ “韓国女性4人に1人「痴漢を経験」”. 中央日報. (2011年9月2日). http://japanese.joins.com/article/456/143456.html 2018年4月26日閲覧。 
  186. ^ (朝鮮語)도시철도 1호선 여성배려칸 본격 운영 - 釜山交通公社の報道資料 2016年9月20日
  187. ^ a b Chokrane, Yasmine (2018年8月22日). “Why Are Reports of Subway Sex Crimes on the Rise?” (英語). City Limits. 2019年8月9日閲覧。
  188. ^ Scott M. Stringer,『Hidden in Plain Sight: Sexual Harassment and Assault in the New York CIty Subway System』. 2007. Office of the Manhattan Borough President.
  189. ^ Sex Offenses Are Common On The NYC Subway” (英語). Care2 Causes. 2019年8月9日閲覧。[リンク切れ]
  190. ^ Report, Post Staff (2011年10月23日). “Outing the gropers” (英語). New York Post. 2019年8月9日閲覧。
  191. ^ a b 日本人女性も要注意! ロンドンで痴漢が急増中 - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、イギリス生活情報誌 - 英国ニュースダイジェスト”. www.news-digest.co.uk. 2019年8月9日閲覧。
  192. ^ “電車内の性犯罪、報告件数が過去5年間で倍に 英国”. (2017年7月20日). https://www.bbc.com/japanese/40667288 2019年8月9日閲覧。 
  193. ^ Labour frontbencher suggests women only train carriages may be needed in UK” (英語). The Independent (2017年8月23日). 2019年8月9日閲覧。
  194. ^ Kelly, Jon (2015年8月26日). “The era of 'ladies only' train compartments” (英語). https://www.bbc.com/news/magazine-34061094 2019年8月9日閲覧。 
  195. ^ a b “Women-only train carriages a 'crazy idea'” (英語). (2017年8月23日). https://www.bbc.com/news/uk-politics-41028234 2019年8月9日閲覧。 
  196. ^ 「女性専用車両はひどいアイデア」 英国で批判の嵐 その理由とは?”. NewSphere. 2019年8月9日閲覧。
  197. ^ reporter, Jessica Elgot Political (2017年8月23日). “Shadow minister faces backlash over women-only train carriage idea” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2017/aug/23/shadow-minister-faces-backlash-over-women-only-train-carriage-idea 2019年8月9日閲覧。 
  198. ^ a b Revealed: The Tube lines with most sex assaults reported via text service 61016” (英語). Evening Standard (2018年4月11日). 2019年8月9日閲覧。
  199. ^ a b c 痴漢は100年前のパリにもいて、女性専用車両まで提言されていた”. ダイヤモンド・オンライン. 2019年8月9日閲覧。
  200. ^ Observatoire national de la délinquance et des réponses pénales (刑罰対応国家観測所) - data.gouv.fr” (フランス語). www.data.gouv.fr. 2019年8月9日閲覧。[リンク切れ]
  201. ^ Plus de 250.000 personnes victimes d'atteintes sexuelles dans les transports en commun” (フランス語). Le Huffington Post (2017年12月20日). 2019年8月9日閲覧。
  202. ^ 'Hundreds of thousands of women' in France molested on public transport” (英語). www.thelocal.fr (2017年12月20日). 2019年8月9日閲覧。
  203. ^ 'Half of French women' alter clothes to avoid harassment” (英語). www.thelocal.fr (2016年6月15日). 2019年8月9日閲覧。
  204. ^ a b 'This is my daily life on public transport': Video of man masturbating on Paris Metro stirs anger” (英語). www.thelocal.fr (2018年12月19日). 2019年8月9日閲覧。
  205. ^ “Every woman in Paris polled in survey has experienced sexual harassment on trains” (英語). インデペンデント. (2015年4月17日). https://www.independent.co.uk/news/world/europe/every-woman-in-paris-polled-in-survey-has-experienced-sexual-harassment-on-trains-10184658.html 2023年1月11日閲覧。 
  206. ^ “Sexual harassment rife on Paris trains” (フランス語). The Local英語版. (2015年4月16日). https://www.thelocal.fr/20150416/france-urged-to-act-on-sexual-harassment/ 2023年1月11日閲覧。 
  207. ^ この座席の形状はまさに!?メキシコで大胆な痴漢防止キャンペーンが実施される。 (2017年4月4日) - エキサイトニュース(2/2)”. エキサイトニュース. 2019年12月8日閲覧。
  208. ^ 女性リポーターが中継中にお尻を触ってきた男にブチギレ! 動画が拡散され、女性は「自分がやったことは後悔していない」と宣言 → 称賛が寄せられる”. ロケットニュース24 (2018年5月8日). 2019年12月8日閲覧。
  209. ^ メキシコの治安が悪いという噂はホント?地域別最新の治安情報と対策まとめ | Compathy Magazine(コンパシーマガジン)”. Compathy Magazine (コンパシーマガジン) (2016年12月15日). 2019年12月8日閲覧。
  210. ^ a b c Farouk, Menna A.「Egypt fights sexual harassment on the train with commuter campaign」『Reuters』、2020年12月14日。2021年2月14日閲覧。



痴漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 07:59 UTC 版)

幸福な生活」の記事における「痴漢」の解説

痴漢の言いがかり付けられ、場を収めるために金を払ってしまった男。その後も、何かと理由付けては金をせびってくるのに耐えかね……。

※この「痴漢」の解説は、「幸福な生活」の解説の一部です。
「痴漢」を含む「幸福な生活」の記事については、「幸福な生活」の概要を参照ください。


痴漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 01:39 UTC 版)

愛撫」の記事における「痴漢」の解説

一方的な性的興奮求めて他人愛撫すること。

※この「痴漢」の解説は、「愛撫」の解説の一部です。
「痴漢」を含む「愛撫」の記事については、「愛撫」の概要を参照ください。


痴漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 18:58 UTC 版)

性教育」の記事における「痴漢」の解説

詳細は「痴漢」を参照 電車内での痴漢行為という性犯罪日常的にさらされ被害者女子中学自殺念慮抱きリストカットした事例もある。痴漢問題性犯罪であるという前提と、人権侵害行為であるということが重要との指摘があり、99%の痴漢は男性による犯罪となっている。「犯罪白書」(平成27年)では、痴漢を行う男性で最も多いのは四年制大学卒業サラリーマンこのうち既婚男性は34.7%と分析されている。。被害者公共交通機関利用ができなくなったり、うつ病を発症するなどPTSD苦しみ自傷行為自殺考えるほど追い込まれる人もいる。日本共産党東京都委員会ジェンダー平等委員会調査では被害者18歳以下の場合71・5%で中学生上の通学時だけでなく、性的知識不十分な幼児小学生ターゲットとなったことが明らかになった。

※この「痴漢」の解説は、「性教育」の解説の一部です。
「痴漢」を含む「性教育」の記事については、「性教育」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「痴漢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

痴漢

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:01 UTC 版)

名詞

ちかん

  1. 公共場所他人みだらないたずらをする者。また、その行為
  2. 愚か者

発音(?)

ち↗かん

関連語


「痴漢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「痴漢」の関連用語

痴漢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



痴漢のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痴漢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの幸福な生活 (改訂履歴)、愛撫 (改訂履歴)、性教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの痴漢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS