制服とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > > 制服の意味・解説 

せい‐ふく【制服】

読み方:せいふく

[名](スル)

学校会社など一定の集団や団体に属する人が着るように定められている服装ユニホーム

文民統制シビリアン‐コントロール)が採られている国の国防防衛行政機関において、文民官僚に対する職業軍人自衛官)の称。制服組

相手勢い押さえ従わせること。

「其内実は未だ能く之を―するの力あるにあらざるなり」〈田口日本開化小史


制服

作者加賀乙彦

収載図書ゼロ番区の囚人
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫


制服

作者三田誠広

収載図書チューブワーム幻想
出版社広済堂出版
刊行年月1991.10


制服

作者安土

収載図書異形ミュージアム妖魔ヶ刻 1 時間怪談傑作選
出版社徳間書店
刊行年月2000.8
シリーズ名徳間文庫


制服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 05:31 UTC 版)

制服(せいふく)とは、会社学校あるいは軍隊警察など、ある一定の集団組織の所属者が着用することを目的に規定されたのことである。同じ集団内でも、男性女性、軍隊などの階級によって制服のデザインが異なる場合も多い。また、普段の着用義務がない服は、標準服(ひょうじゅんふく)や奨励服(しょうれいふく)と呼ばれることもある。なお、制服は英語ではuniform(ユニフォーム)であるが、日本語でユニフォームと言う場合、スポーツのチームメンバーの統一された服装を指すことがある。


注釈

  1. ^ 但し外出着のようなラフな格好が許されているわけではなく、基本的に背広服若しくはそれに準じた服装で勤務するよう定められている。事務官に関しては最低でもジャケットを着用するように指導される。また技官に関しては専用の作業服での勤務を命ぜられており、創立記念行事等でも姿を確認出来る

出典

  1. ^ 2019年10月1日、中日新聞朝刊16面
  2. ^ 総務省消防庁 (2005年). “消防庁職員活動服と職名章のご紹介 (PDF)”. 総務省. 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  3. ^ 例:「三重県消防関係職員の服制及び被服貸与規則(昭和四十三年二月二十七日三重県規則第八号・最終改正平成一九年三月九日)」。他の地方公共団体にも同様の規則が存在すると思われる。
  4. ^ 明治十七年十月二十五日宮内省達乙八号「有爵者大礼服制」参照
  5. ^ 昭和二十七年三月二十二日法務府訓令第一号「刑務官服制」の別表および形状図参照
  6. ^ 神社本庁『装束と衣装』1952年8月1日発行全89頁中2頁
  7. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、171頁。
  8. ^ JR・私鉄の制服、外部流出防止 JR東日本商事が個別管理システム”. 日刊工業新聞[商社・流通・サービス] (2017年10月19日). 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  9. ^ コミックマーケット準備会 (n.d.). “コスプレの注意事項”. コミックマーケット公式サイト. 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。



制服(全日制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:08 UTC 版)

栃木県立宇都宮高等学校」の記事における「制服(全日制)」の解説

冬服 - 黒色で、校章入り金ボタンで前を留め、襟に白線縁取があるラウンドカラー型の学生服制服として着用する。 襟には、自分から見て左に小ぶりの校章バッジをつけ、右襟に白い大型のローマ数字所属学年表示する夏服 - 胸ポケット校章をつけた白ワイシャツ、下は黒ズボンとなる。

※この「制服(全日制)」の解説は、「栃木県立宇都宮高等学校」の解説の一部です。
「制服(全日制)」を含む「栃木県立宇都宮高等学校」の記事については、「栃木県立宇都宮高等学校」の概要を参照ください。


制服(標準服)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 09:57 UTC 版)

宇都宮市立豊郷中学校」の記事における「制服(標準服)」の解説

1947年から1987年度まで男子は、黒の学生服女子は黒のダブルのブレザータイプ。 1987年度以降冬用制服は、男女ともに紺色ブレザー男子は、紅色ネクタイグレー強調したスラックススラックスの下は、紺校章入の短パン着用女子は、紅色リボングレー強調したスカートベスト着用夏用制服は、男子半袖ワイシャツ冬服ネクタイ除いたもの、女子ワイシャツ丸えり冬服リボン除いたものを着用する

※この「制服(標準服)」の解説は、「宇都宮市立豊郷中学校」の解説の一部です。
「制服(標準服)」を含む「宇都宮市立豊郷中学校」の記事については、「宇都宮市立豊郷中学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「制服」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

制服

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 09:39 UTC 版)

この単語漢字
せい
第五学年
ふく
第三学年
音読み 音読み

発音

名詞

(せいふく)

  1. (衣類) ある集団する者が着るように定められている服装
  2. (古用) 相手勢い抑え服従させること。征服

翻訳

動詞


「制服」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



制服と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「制服」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

制服のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



制服のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの制服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栃木県立宇都宮高等学校 (改訂履歴)、宇都宮市立豊郷中学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの制服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS