仕舞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > > 仕舞の意味・解説 

し‐まい〔‐まひ〕【仕舞】

能・芝居舞踊などで、舞ったり、演技したりすること。

能の略式演奏の一。囃子(はやし)を伴わず、面も装束もつけず、シテ一人紋服・袴(はかま)で、謡だけを伴奏に能の特定の一部分を舞うもの。


し‐まい〔‐まひ〕【仕舞(い)/終い/了い】

物事が終わること。物事をやめること。「これで―にする」

物事終わり部分最後。「本を―まで読みとおす」「―にはみんな怒りだした」

品物売り切れてなくなること。「今日はいちごは―だ」

化粧をすること。〈和英語林集成

信用取引清算取引で、転売または買い戻しによって、取引関係を精算すること。手仕舞(てじま)い。

節季、特に年末収支決算

毎年の―には少しづつ足らず」〈浮・胸算用・四〉

処置すること。始末決着。→じまい(仕舞い

「ちと処をかへ、堺の津に行き、―をせんはいかに」〈咄・醒睡笑・七〉


じ‐まい〔‐まひ〕【仕舞(い)】

語素

名詞に付いて、それを終える意を表す。「店仕舞い」「仕事仕舞い」

動詞未然形打消し助動詞「ず」を添えたものに付いて、(…しないで)終わってしまった、の意を表す。「行かず仕舞い」「言わず仕舞い」


仕舞

読み方シマイ

仕舞とは、演目クライマックス部分のみを、地謡の謡いだけで演ずるダイジェスト版とでも呼べる演能形式
笛、小鼓大鼓太鼓という囃子方入りません。

短時間で、最も面白部分のみが観られるため、初心者向きでもあります

イベントなどでは、この形式が用いられることが多々あります
ただし、通常、仕舞では、面(おもて)も装束しょうぞく)も用いず、シテ紋付袴(もんつきはかま)で登場します。

関連用語
地謡/笛/小鼓大鼓太鼓囃子/面/装束


仕舞

読み方:しまい

  1. 屏禁ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・千葉県

分類 千葉県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仕舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 23:12 UTC 版)

仕舞(し-まい)とはの一部を面・装束をつけず、紋服・袴のまま素で舞うこと。能における略式上演形態の一種。






「仕舞」の続きの解説一覧



仕舞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仕舞」の関連用語

仕舞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仕舞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2021 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仕舞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS