皿回しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 皿回しの意味・解説 

さら まわし -まはし [3] 【皿回し】

曲芸の一。棒・箸(はし)・煙管キセル)・指などの先で皿を回す曲芸また、それをする人。

皿回し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/25 02:18 UTC 版)

皿回し(さらまわし、英語: Plate spinning)とは、、あるいは棒状の物(キセルなど)の先端で茶碗を回転させる技術曲芸)、そのための道具、あるいはその演者を指す。英語圏では、プレート・スピニングPlate spinning)で、ジャグリングの一種とされ、使用される皿をスピニングプレートと称する。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 18世紀以降、しだいに劇場からはすがたを消し、大道芸に回帰していった放下は「辻放下」と呼称され、身分的には非人階級に属し、江戸浅草車善七の差配に服した。郡司(1953)pp.592-593

出典



「皿回し」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「皿回し」の関連用語

皿回しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



皿回しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皿回し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS