プレートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プレート > プレートの意味・解説 

プレート

作者ピート・タウンゼンド

収載図書四重人格
出版社晶文社
刊行年月1987.3


プレート

作者豊田有恒

収載図書日米グルメ摩擦
出版社角川書店
刊行年月1989.2
シリーズ名角川文庫


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 06:33 UTC 版)

プレート: tectonic plate)は、地球の表面を覆う、十数枚の厚さ100kmほどの岩盤のこと。リソスフェア(岩石圏)とほぼ同じで、地殻マントルの最上部を合わせたもの。


  1. ^ 関東直下に「地震の巣」…100キロ四方の巨大岩盤が形成 [リンク切れ] 読売新聞 2008年10月6日
  2. ^ Shinji Toda(遠田晋次); Ross S. Stein(ロス・スタイン), Stephen H. Kirby(ステファン・カービー), Serkan B. Bozkurt(サルカン・ボズクルト) (2008). “A slab fragment wedged under Tokyo and its tectonic and seismic implications(東京直下に潜むプレート断片と地殻変動・地震発生における重要性)”. Nature Geoscience 1: 771 - 776. doi:10.1038/ngeo318. ISSN 1752-0894. http://usgsprojects.org/fragment/. 
  3. ^ 首都圏直下に潜むプレートの断片と地震発生産業技術総合研究所


「プレート」の続きの解説一覧

プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 06:57 UTC 版)

構造工学」の記事における「プレート」の解説

プレートは2方向曲げる材。コンクリート平板はプレートの一例である。プレートは連続体力学使って理解できる複雑さのために最も頻繁に体系化された経験的アプローチ、またはコンピューター分析使って設計される。 また想定崩壊メカニズム崩壊荷重の上限を与えるように分析される降伏理論設計することもでき( 可塑性参照この手法は実際に活用されているが、この方法では考えられない崩壊メカニズムに対して上限、すなわち崩壊荷重安全でない予測提供されるため、想定崩壊メカニズム現実的であることを保証するために細心の注意必要である

※この「プレート」の解説は、「構造工学」の解説の一部です。
「プレート」を含む「構造工学」の記事については、「構造工学」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 13:51 UTC 版)

Fallen Astronaut」の記事における「プレート」の解説

1971年8月1日Fallen Astronautアポロ15号クルーによって月面置かれ、その傍に8人のアメリカ人宇宙飛行士と6人のソ連宇宙飛行士の名が刻まれたプレートが置かれたメンバー以下の通り。 名前国没年月日事故内容年齢セオドア・フリーマン(英語版アメリカ合衆国 1964年10月31日 航空機事故 34歳 チャールズ・バセット(英語版アメリカ合衆国 1966年2月28日 航空機事故 34歳 エリオット・シー アメリカ合衆国 1966年2月28日 航空機事故 38歳 ガス・グリソム アメリカ合衆国 1967年0127日 アポロ1号火事 40歳 ロジャー・チャフィー アメリカ合衆国 1967年0127日 アポロ1号火事 31歳 エドワード・ホワイト アメリカ合衆国 1967年0127日 アポロ1号火事 36歳 ウラジーミル・コマロフ ソビエト連邦 1967年0424日 ソユーズ1号再突入事故 40歳 エドワード・ギブンズ(英語版アメリカ合衆国 1967年06月6日 自動車事故 37歳 クリフトン・ウィリアムズ アメリカ合衆国 1967年10月5日 航空機事故 35歳 ユーリイ・ガガーリン ソビエト連邦 1968年3月27日 航空機事故 34歳 パーヴェル・ベリャーエフ ソビエト連邦 1970年1月10日 病気 44歳 ゲオルギー・ドブロボルスキー ソビエト連邦 1971年6月30日 ソユーズ11号再突入事故 43ビクトル・パツァーエフ ソビエト連邦 1971年6月30日 ソユーズ11号再突入事故 38歳 ウラディスラフ・ボルコフ ソビエト連邦 1971年6月30日 ソユーズ11号再突入事故 35歳 後年デイヴィッド・スコットは「不幸にもここからヴァレンチン・ボンダレンコグリゴーリー・グリゴリエヴィチ・ネリュボフ2人の名が抜け落ちている」と語り、これは当時ソ連の宇宙開発計画取り巻機密主義のせいで、彼らの死に気づかなかった、と説明している加えて1967年2人アメリカ空軍宇宙飛行士死去していた。マイケル・ジェームズ・アダムズ(英語版)はX-15事故で、初の黒人宇宙飛行士であり有人軌道実験室計画参加していたロバート・ヘンリー・ローレンス・ジュニア(英語版)は訓練中の事故他界していたが、2人ともプレートには記載されていない。ただし両者の名は、ケネディ宇宙センターにあるスペース・ミラー・メモリアル(英語版)には記載されている

※この「プレート」の解説は、「Fallen Astronaut」の解説の一部です。
「プレート」を含む「Fallen Astronaut」の記事については、「Fallen Astronaut」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 16:20 UTC 版)

パーサヴィアランス」の記事における「プレート」の解説

2019年5~9月ネット上で「あなたの名前を火星送ろうキャンペーンが行われ、世界中から10932295名の応募があった。最多トルコ2528844人で続いてインド1778277人、米国1733559人と続く。またハンギョレによると韓国から203814人応募があったという。中国・日本北朝鮮からの参加者それぞれ292071人と31920人と2044人あったといい、1人以上の名前が搭載された国の数は計250カ国達する。また「探査車名前を付けるコンテスト155人のファイナリストエッセイとともに太陽中央に置いて左右両側地球火星太陽光線つながっている様子レーザー刻みこんだ絵と、その太陽光線の間には「Explore As One一つとして探査する)」というモールス符号刻まれている。

※この「プレート」の解説は、「パーサヴィアランス」の解説の一部です。
「プレート」を含む「パーサヴィアランス」の記事については、「パーサヴィアランス」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 16:54 UTC 版)

ビンディング」の記事における「プレート」の解説

ビンディング機能補完するために、プレートを用いものがあるスキーでは、ビンディングスキー板の間、もしくはスキーブーツソールに取付けられる材質ステンレスアルミニウム合金などの金属プラスチック、あるいは木材など。 1960年代セーフティービンディング問題点一つはブーツ規格化されていないことだった。それを解決するため、着脱式の金属製プレートをブーツソール装着し、そのプレートをビンディング固定するプレートビンディングが導入された。プレートビンディングは70年代アメリカで人気となったが、ヨーロッパでは全く火がつかなかった。アルペンスキー市場ヨーロッパ企業押さえるようになるにつれ、その高い安全性にも関わらずプレートビンディングは姿を消していった。

※この「プレート」の解説は、「ビンディング」の解説の一部です。
「プレート」を含む「ビンディング」の記事については、「ビンディング」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/06 13:36 UTC 版)

ポケットモンスターのアイテム一覧」の記事における「プレート」の解説

これらのプレートは対応したタイプの技の威力上がるほか、アルセウス持たせる自身のタイプと技「さばきのつぶて」のタイプがプレートのものに変化するアルセウス以外のポケモンは技の威力上がる効果のみ。 ひのたまプレート ほのおタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がほのおタイプになる。 しずくプレート みずタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がみずタイプになる。 いかずちプレート でんきタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がでんきタイプになる。 みどりのプレート くさタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がくさタイプになる。 つららのプレート こおりタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がこおりタイプになる。 こぶしのプレート かくとうタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がかくとうタイプになる。 もうどくプレート どくタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がどくタイプになる。 だいちのプレート じめんタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がじめんタイプになる。 あおぞらプレート ひこうタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がひこうタイプになる。 ふしぎのプレート エスパータイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がエスパータイプになる。 たまむしプレート むしタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がむしタイプになる。 がんせきプレート いわタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がいわタイプになる。 もののけプレート ゴーストタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がゴーストタイプになる。 りゅうのプレート ドラゴンタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がドラゴンタイプになる。 こわもてプレート あくタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」があくタイプになる。 こうてつプレート はがねタイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がはがねタイプになる。 せいれいプレート フェアリータイプの技の威力が少し上がりアルセウスと「さばきのつぶて」がフェアリータイプになる。

※この「プレート」の解説は、「ポケットモンスターのアイテム一覧」の解説の一部です。
「プレート」を含む「ポケットモンスターのアイテム一覧」の記事については、「ポケットモンスターのアイテム一覧」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 22:49 UTC 版)

ビスマルク」の記事における「プレート」の解説

北ビスマルクプレート 南ビスマルクプレート .mw-parser-output table.dmbox{clear:both;margin:0.9em 1em;border-top:1px solid #ccc;border-bottom:1px solid #ccc;background-color:transparent} このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替え下さい

※この「プレート」の解説は、「ビスマルク」の解説の一部です。
「プレート」を含む「ビスマルク」の記事については、「ビスマルク」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:46 UTC 版)

黄銅」の記事における「プレート」の解説

教会寄進されるプレート(モニュメンタル・ブラス(英語版))使用された。13-16世紀のイギリスで、プレートに彫られた文字絵画をプレートの上に紙を置き、炭で擦って複写する技法である乾拓することが流行り、ブラスラビング(英語版)(直訳する黄銅擦り)と呼ばれた

※この「プレート」の解説は、「黄銅」の解説の一部です。
「プレート」を含む「黄銅」の記事については、「黄銅」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 00:20 UTC 版)

シュラウド」の記事における「プレート」の解説

圧力容器側壁シュラウド底部をつなぐ、バームクーヘン状の部材厚さ薄く直径との比率からすればワッシャ状)。バームクーヘンでいう「実」の部分にも小さな円形の穴が幾つも空けられているが、これは上部圧力容器側壁全周設置されているパイプ状の機材ジェットポンプ」を通すためである。なお、ジェットポンプ再循環してきた炉心の冷却を、下向き水流として流すためにある。

※この「プレート」の解説は、「シュラウド」の解説の一部です。
「プレート」を含む「シュラウド」の記事については、「シュラウド」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 07:41 UTC 版)

2002年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の記事における「プレート」の解説

カップ決定戦準々決勝敗者争われた。 準決勝 決勝 8月4日マンチェスター オーストラリア 7 ウェールズ 5 84日マンチェスター イングランド 36 オーストラリア 12 84日マンチェスター イングランド 29 カナダ 0

※この「プレート」の解説は、「2002年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の解説の一部です。
「プレート」を含む「2002年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の記事については、「2002年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 07:40 UTC 版)

2006年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の記事における「プレート」の解説

カップ決定戦準々決勝敗者争われた。

※この「プレート」の解説は、「2006年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の解説の一部です。
「プレート」を含む「2006年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の記事については、「2006年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 17:45 UTC 版)

アルペンスキー」の記事における「プレート」の解説

スキー板ビンディング間に取り付けられる板。材質ステンレスアルミニウム合金などの金属プラスチック、あるいは木材であり、長さビンディング固定場所より前後に少し長い程度のものが多く、幅はスキー板と揃うものが一般的である。厚さは、目的によりさまざまであるスキーにおけるプレートの利用比較新しく1990年代からである高速競技での振動吸収目的とした金属製プレートが最初となる。このプレートはスキー板とは前後の2ヵ所固定されその上にビンディング取り付けられた。主な目的は、振動吸収にあった高速競技では雪面の細かい凸凹スキー板ぶつかったときの細かい振動スキーヤー返ってくることがあり、それはスキーヤー操作ミス引き起こして事故速度低下の要因となる。そのような滑走有害な振動低減させる工夫のひとつとしてプレートが考案され利用された。この時点でのプレートはもっぱら本格的な競技スキーヤーのみのためのものであった。 しかし、ほどなくして、プレートの高さがカービングターン後述)にとって有効であることが見出された。その有効性のひとつ雪面スキーブーツ接触抑止である。カービングターンでは脚をターン内側に大きく傾けることになるが、このときプレートをつけていないスキー板利用していると、ブーツ側面雪面とぶつかることになる。これはスキーヤーにとって減速要素となるとともに、スキー操作誤らせる要因ともなるが、プレートを利用するスキーブーツ雪面から遠くなるために、雪面との接触を防ぐことができ、より大きく脚をターン内側に傾けることができるようになるもうひとつ有効性は、てこの原理により雪面に板を食い込まやすくなることである。硬いアイスバーンを含む雪面スキー板食い込まようとした場合力点となるスキーヤー足裏エッジから遠くなるほど、大き力をかけることができるようになるこうした知見カービングスキー一般化に伴って、プレートの利用一般スキーヤーにまで広がることになった一方、プレートを高くし過ぎることは、転倒操作ミス際に本来とは異なる場所を支点としたてこでの応力スキーヤーの脚にかかることにもつながり実際に事故起きているそのため、現在ではアルペン競技ではプレートの高さについて、雪面からの高さで制限設けて規制している。この規制当初はスキーブーツの裏プラスチック板を貼ることで高さを稼ぐ、という抜け穴発明促したが、現在ではスキー板ブーツ取り付けた態でインソールまでの高さも規制対象とすることで抜け穴塞がれている。 技術系競技用のプレートや高速滑走以外の一般スキーヤー向けのプレートは、振動吸収求め内容異なり、あるいは重視しないため、重い金属製のプレートではなく、軽いプラスチック製、あるいは複数素材複合したプレートが用いられるまた、1990年代後半流行したエクストリーム・カービングのようなカービングターンのみを目的とした滑走では、高さを稼ぐことを主眼として木製のプレートが使われることもあった。これは、加工成型容易であり小規模な企業個人でも製作が可能であったからである。 プレートとスキー板固定方法多様で前後2ヶ所固定する場合中央あるいは前後いずれか1ヶ所のみを固定する場合前後ビンディング付近のみにプレートを付け場合などがあり、さらに2ヶ所固定の場でも、片方完全な固定ではなくスキー板のたわみにあわせて可動するものもある。これらの取り付け方法は、スキー板のたわみを阻害しないためのさまざまな工夫において行われている。 プレートの利用一般化するにつれてスキー板の各メーカー設計段階からプレートの利用前提とした設計をし、プレートを取り付けた態でスキー板販売するようになった。これには、プレートが完全にスキー板一体となっている場合も含む。こうした一体販売は、技術的な長所追求とともにスキー板メーカー以外のサードパーティのプレートを買わせない、という販売政策の面も伴う。実際一体型プレートにあらかじめビンディング取付用のビス穴を備えておき、そのビス穴は自社、あるいは提携先ビンディングのみ対応する、というメーカーも多い。ときとして自社製品であっても古いモデルとは互換でないビス穴を用いることでスキー板よりも製品寿命長いビンディング再利用拒む場合すらある。 なお、次の場合ではあえてスキー板にプレートを付けないケースがある。 モーグル競技 滑走中、てこの原理活用の裏返しとして、ターン必要な脚の動作大きくなる事から、早い切り返し多用した細かいターン要求されるモーグル競技不向きであるため。 山岳スキー登攀時などでスキー板脱いで肩にかつぐ・ザック括り付け背負うか引きずるなどして持ち歩くことがあり、少しでも荷物軽くしたい状況においてはプレートによって重量増える事が不利となるのが最も重要な理由ファットスキーやセミファットスキーなど幅広スキー板滑走する場合、すでにスキー板の幅がスキーブーツの幅よりも広くなっていれば、プレートが無くても雪面スキーブーツ接触しない事が多く、プレートの意味持たないために、ただ重量増えるだけとなるプレート装着敬遠される。 上記2に通じるが、圧雪整地されたゲレンデピステ)よりも、深雪新雪などの自然のままでほとんど圧雪されていない柔らかい雪が多いゲレンデ外(オフピステ)の斜面を滑る事が多いので、エッジよりもスキー自体のたわみ(特にロッカーやツインロッカーとなっている板)自体ターンする事が有効とされ、プレートによるエッジに対するてこの原理効果得られにくく、さらに柔らかい雪の滑走下ではスキー板スキーブーツ雪中潜ってすでに接触している事も多く、プレートによるスキーブーツ雪面との接触防止効果得られにくいゆえに、このケースでもプレートの意味持たないアルペン競技 アルペン競技についてはFISSAJによる規定があり、2019/20シーズンのものでスキー板+プレート+ビンディング厚さ合計が50mm以下と定められている。そのため、前述したトーピースとヒールピースが別の部品を介して一体となっているビンディングである場合、すでにその部品によって高さが付いて、プレートを付けると厚さ制限を超えてしまう場合では取り付けない事があるそのほか一般スキーでも、プレートが導入される以前からスキー歴が長いスキーヤーの場合、プレートを付け事による滑走感覚の変化嫌って取り付けない事がある

※この「プレート」の解説は、「アルペンスキー」の解説の一部です。
「プレート」を含む「アルペンスキー」の記事については、「アルペンスキー」の概要を参照ください。


プレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 11:05 UTC 版)

東太平洋海嶺」の記事における「プレート」の解説

太平洋プレートと、(南から)南極プレート・ナスカプレート・ココスプレート・北アメリカプレートの4プレートとの境界

※この「プレート」の解説は、「東太平洋海嶺」の解説の一部です。
「プレート」を含む「東太平洋海嶺」の記事については、「東太平洋海嶺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プレート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

プレート


「プレート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プレートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プレートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの構造工学 (改訂履歴)、Fallen Astronaut (改訂履歴)、パーサヴィアランス (改訂履歴)、ビンディング (改訂履歴)、ポケットモンスターのアイテム一覧 (改訂履歴)、ビスマルク (改訂履歴)、黄銅 (改訂履歴)、シュラウド (改訂履歴)、2002年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技 (改訂履歴)、2006年コモンウェルスゲームズの7人制ラグビー競技 (改訂履歴)、アルペンスキー (改訂履歴)、東太平洋海嶺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS