アルプス・ヒマラヤ造山帯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 造山帯 > アルプス・ヒマラヤ造山帯の意味・解説 

アルプスヒマラヤ ぞうざんたい -ざうざん- 【アルプスヒマラヤ造山帯】

ヨーロッパ南部からアジア南部連なる中生代以後発達した造山帯。アルプス・カフカス・ヒマラヤなどの山脈スンダ列島からなる

アルプス・ヒマラヤ造山帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 08:11 UTC 版)

アルプス・ヒマラヤ造山帯(アルプス・ヒマラヤぞうざんたい)は、地球造山帯のひとつ。地中海・ヒマラヤ造山帯と呼ばれることもある。アルプス山脈からヒマラヤ山脈を通り、インドシナ半島まで東西に延びている。現在も活発に活動している造山帯・地震帯。






「アルプス・ヒマラヤ造山帯」の続きの解説一覧



アルプス・ヒマラヤ造山帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルプス・ヒマラヤ造山帯」の関連用語

アルプス・ヒマラヤ造山帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アルプス・ヒマラヤ造山帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルプス・ヒマラヤ造山帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS