アンダマン諸島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アンダマン諸島の意味・解説 

アンダマン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アンダマン諸島】

読み方:あんだまんしょとう

Andamanベンガル湾東部にある諸島インド領。住民ネグリト系。材木・コプラ・ココナツを産出

アンダマン諸島の画像
アンダマン諸島の位置

アンダマン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:02 UTC 版)

アンダマン諸島(アンダマンしょとう、Andaman Islands)は、インド東部のベンガル湾に浮かぶ、インドミャンマーに属する島々。南の方にあるニコバル諸島と共に、インドの連邦直轄地域アンダマン・ニコバル諸島を成している。また数島はミャンマーに属す。


注釈

  1. ^ これが南アンダマン島の都市ポートブレアの名前の由来となっている。

出典



「アンダマン諸島」の続きの解説一覧

アンダマン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 22:51 UTC 版)

ハプログループD (Y染色体)」の記事における「アンダマン諸島」の解説

アンダマン諸島ではD1a2b-Y34537 が高頻度であり、特にオンガンオンゲ族(23/23)、ジャラワ族(4/4)では100%占めるが、言語系統異な大アンダマン人では0%(0/10)である。遺伝子分析により、アンダマン人東アジア・東南アジア祖先に持つ遺伝子が 31-75% 観察されている。

※この「アンダマン諸島」の解説は、「ハプログループD (Y染色体)」の解説の一部です。
「アンダマン諸島」を含む「ハプログループD (Y染色体)」の記事については、「ハプログループD (Y染色体)」の概要を参照ください。


アンダマン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 09:02 UTC 版)

日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の記事における「アンダマン諸島」の解説

アンダマン諸島では、1944年1月には既に、食糧支給所要量60%しかなされず所要量40%は島外から補給よるもの自給量は20-25%程度しかない状況だった。このため兵員による自給促され日課中に農耕時間設けられていた。その後1944年5月独立混成旅団兵員増強があり、1944年11月には島外から補給船途絶えたため、食料事情はより深刻になった。 1945年に入ると兵士への主食支給量は通常の1/3の量に減らされ漁撈農耕兵力動員して野菜採取増をはかったり、野生の鳥獣捕えて食べたりするようになった現地住民への主食配給制限厳格化されたため、島民餓死者・栄養失調の者が増加した軍用米が尽きてきたため、日本軍は、軍で使役していた現地住民6千人を解雇して自給をはかるよう命じた1945年7月末に海軍民政部島民に対して8月以降米の配給停止する」との声明出し混乱阻止するため、「食糧庫を荒らす者、軍民を問わず農場侵入する者は射殺してよい」と公示したが、実際に食糧盗もうとして殺される者が相次いだこのような状況下で、住民離反進み中には禁を犯して島外への脱出試みる者も出るようになった

※この「アンダマン諸島」の解説は、「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の解説の一部です。
「アンダマン諸島」を含む「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の記事については、「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の概要を参照ください。


アンダマン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 09:02 UTC 版)

日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の記事における「アンダマン諸島」の解説

1945年7月23日夜、上陸用の舟艇盗んで島外逃亡しようとしたビルマ人現地住民34人(女性や子供を含む)が日本軍発見逮捕され独立混成35旅団司令部旅団長佐藤為徳少将)の命令により、同月25日ポートブレアから所要4,5時間無人島タマグリに連行され全員射殺された(第一タマグリ事件)。また、1945年8月初旬には中アンダマン島で、海軍舟艇食糧盗みラングーン逃亡しようとしたビルマ人9人が日本軍逮捕され海軍12特別根拠地隊司令部司令官・原鼎三中将)の命令により、全員がスチュワードサウンド (Stewart Sound) という場所へ連行され殺害された(スチュワードサウンド事件)。 1945年8月初旬海軍12特別根拠地隊司令部は、南アンダマン島の約400人の住民強制的に耕地のない無人島ヘブロック島へ移住させた。終戦後1945年9月21日、この措置戦争犯罪として問題視されることを恐れて救助行ったところ、住民餓死体が折り重なっているのを発見し救助され生存者11名のみだった(ヘブロック事件)。

※この「アンダマン諸島」の解説は、「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の解説の一部です。
「アンダマン諸島」を含む「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の記事については、「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アンダマン諸島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンダマン諸島」の関連用語

アンダマン諸島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンダマン諸島のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンダマン諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのハプログループD (Y染色体) (改訂履歴)、日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS