日課とは? わかりやすく解説

にっ‐か〔‐クワ〕【日課】

読み方:にっか

毎日決めてする仕事また、毎日割り当ててすること。「朝の体操を―とする」


日課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 04:59 UTC 版)

静岡県立浜松工業高等学校」の記事における「日課」の解説

日課給食 16451725 SHR 17301735 1時限 17401825 2時限 18251910 3時限 19152000 4時限 20002045 5時限(三修生のみ) 20452130 5時限目は、三修生3年間で卒業しようとする人)のみ。

※この「日課」の解説は、「静岡県立浜松工業高等学校」の解説の一部です。
「日課」を含む「静岡県立浜松工業高等学校」の記事については、「静岡県立浜松工業高等学校」の概要を参照ください。


日課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 13:59 UTC 版)

弘学館中学校・高等学校」の記事における「日課」の解説

男子生徒において朝は6:50起床、夜は中学生および高119:00~20:50,21:2023:10学習学習終了20分消灯という日課である。女子生徒において朝は6:50起床、夜は19:0021:10,21:4023:00学習学習終了20分消灯という日課である。上記した寮規則厳し寮生活義務としている。アカデミアハウス中学生)の学習時間19:00~19:50,20:0020:50その後中1,2は21:2022:50中321:2023:10まで行われる陽光学舎高校生)の学習時間19:1020:50,21:1023:00となっている。また、高2, 3は延灯学習午前2時まで可能ある

※この「日課」の解説は、「弘学館中学校・高等学校」の解説の一部です。
「日課」を含む「弘学館中学校・高等学校」の記事については、「弘学館中学校・高等学校」の概要を参照ください。


日課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 05:03 UTC 版)

護衛艦」の記事における「日課」の解説

自衛艦旗は、航海中は常時後部旗竿掲げているが、停泊中は朝8時掲揚する。「自衛艦旗揚げ5分前」の号令が入る時点で、既に艦長下総員が後甲板整列終えており、総員挙手の敬礼ラッパ吹奏を受けて当直士官令のもと、当直警衛海曹当直海士当番)によって掲げられるその後は分整列が行われ、壇上上がった副長に対して分隊順番に報告したのち、副長からの達し事項伝えられるその後副長の令を受けて今度は各分隊(科)、ついで班ごとの話となる。 停泊中は、午前・午後ともおおむね整備作業費やされる午前整備作業終わると甲板掃除昼食続き体操後に副長による課業整列行って午後の整備作業となる。午後の課業終わると夕食上陸の上陸となる。ただし護衛艦は、航海時・停泊を問わずいつでも行動できる体制維持しており、停泊時は課業終了後上陸せず勤務に就乗員必ずいるこれらの当直員は、夕方日没前に「自衛艦降ろし5分前」で後甲板整列し日没と同時に当直士官の令で自衛艦旗が降ろされる。 夜8時には「巡検が行われる。これは副長不在時には当直士官)が当直警衛海曹先導艦内見て回るもので、各居住区点検をおいて点検官に報告することになるため、点検前に甲板掃除に加えてベッドなどの整頓が必要となる。また巡検時には巡検ラッパ」が吹奏される。ただし航海中は巡検かわりに火の元点検」とすることが多くこの場合点検番やラッパ吹奏不要となる。

※この「日課」の解説は、「護衛艦」の解説の一部です。
「日課」を含む「護衛艦」の記事については、「護衛艦」の概要を参照ください。


日課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 14:41 UTC 版)

熊本県立熊本高等学校」の記事における「日課」の解説

1校時65分間としている。月・水・金曜日は各65分間5時授業火曜日6時授業木曜日5時授業後に50分のLHR(ロングホームルーム)。

※この「日課」の解説は、「熊本県立熊本高等学校」の解説の一部です。
「日課」を含む「熊本県立熊本高等学校」の記事については、「熊本県立熊本高等学校」の概要を参照ください。


日課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 23:47 UTC 版)

新城市立東郷中学校」の記事における「日課」の解説

50授業ST 8:15〜8:25読書 8:25〜8:351限 8:40〜9:3029:4010:30310:4011:30411:4012:30給食 12:3013:10513:2514:15614:2515:15清掃 15:2015:30ST 15:3515:45部活動 15:50下校 季節により時刻変わる※行事文化祭合唱練習TWC練習他)等によって、45分授業を行う場合があるまた、令和2年度7時授業(〜10月9日)も45分授業実施された。 令和2年度より日課を5分繰り上げ現在の日課になった最終下校時刻4月6日7月20日 17:30夏季休業16:3091日9月22日 17:30923日9月28日 17:15929日10月11日 17:0010月12日10月25日 16:4510月26日11月9日 16:3011月10日〜12月23日 16:15冬季休業16:1517日1月24日 16:30125日2月7日 16:4528日2月28日 17:0031日3月24日 17:15春季休業中 16:30 最終下校時刻は、日没30分前を目安に決定している。以前は最終下校時刻が6:00になることがあったが、令和2年度より30分繰り上げとなった

※この「日課」の解説は、「新城市立東郷中学校」の解説の一部です。
「日課」を含む「新城市立東郷中学校」の記事については、「新城市立東郷中学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日課」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日課」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



日課と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日課」の関連用語

日課のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日課のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの静岡県立浜松工業高等学校 (改訂履歴)、弘学館中学校・高等学校 (改訂履歴)、護衛艦 (改訂履歴)、熊本県立熊本高等学校 (改訂履歴)、新城市立東郷中学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS