点検とは? わかりやすく解説

てん‐けん【点検】

読み方:てんけん

[名](スル)悪い箇所異常はないか、一つ一つ検査すること。「火の元を―する」


点検

読み方:てんけん

  1. 初め一高寮生紀念祭に際し種々な趣向をこらし飾り物をなす時、其前晩、寮の委員が一応見て歩くのを称するのである然るに転じて解剖」と同意義用ひられ初めた。(「解剖参照

分類 学生


点検

読み方:てんけん

  1. ⑴〔犯〕警官臨検のこと。⑵女の衣服脱がせること。

分類 犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

メンテナンス

(点検 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/22 10:33 UTC 版)

メンテナンス: maintenance)とは、機器、機械、施設、情報通信システムなどのインフラストラクチャーを正常な状態に保つことをいう。保守保全とも呼ばれる。略称はメンテ


  1. ^ Berendsen, A. M.; Springer (2013). Marine Painting Manual (1st ed.). ISBN 978-90-481-8244-2 
  2. ^ a b ISO 12944-9:2018 – Paints and Varnishes – Corrosion Protection of Steel Structures by Protective Paint Systems – Part 9: Protective Paint Systems and Laboratory Performance Test Methods for Offshore and Related Structures
  3. ^ a b c d e 連邦規格1037CおよびMIL-STD-188英語版および国防総省の軍用辞書および関連用語英語版
  4. ^ “AAP-6 - Glossary of terms and definitions”. NATO Standardization Agency (North Atlantic Treaty Organization): 158. 
  5. ^ Commercial Electrical Contractor and Domestic Electrician Leeds”. 247 Electrical Services Leeds. 2017年1月26日閲覧。


「メンテナンス」の続きの解説一覧

点検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 08:12 UTC 版)

レンタカー」の記事における「点検」の解説

レンタカー法定点検は、登録車乗用車軽自動車二輪車は6か月ごと、その他の車種は3か月ごとである。事業用扱いのためシビアコンディション点検が実施され認証整備工場が発行する点検整備記録簿も事業用ものとなる

※この「点検」の解説は、「レンタカー」の解説の一部です。
「点検」を含む「レンタカー」の記事については、「レンタカー」の概要を参照ください。


点検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 05:46 UTC 版)

蔵書点検」の記事における「点検」の解説

点検は二人一組行われる。まずは、自身担当する書架の図書書架目録(ただし、請求記号順に並んでいる分類目録代用することもある)と同じ順序並べ直すその後一方書架目録上の請求記号書名著者名読み上げ他方が所に対し呼応する書架資料資料代わりにおいておいた代本板存在しない場合は、ブックカードの上下を逆にするどの方法で目印を付ける書架目録載っていない資料排架されていた場合資料目印をつけたうえで一旦別に置いておく破損資料同じように資料目印付け別に置いておく

※この「点検」の解説は、「蔵書点検」の解説の一部です。
「点検」を含む「蔵書点検」の記事については、「蔵書点検」の概要を参照ください。


点検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 22:20 UTC 版)

日本の路面標示」の記事における「点検」の解説

点検を行う場合、以下の3項目をチェックする剥離汚れなどによる不鮮明部分有無 摩耗による不鮮明部分有無 夜間視認性有無 この点検によって、視認性低下したと考えられる場合塗り替えを行う必要がある塗り替え基準考えるにあたっては、目視画像解析によってランク分けをして判断する方法と、測定機器用いて総合的に判断する方法がある。点検を簡易にするため、遠隔地から携帯電話回線用いてモニタリングする技術愛知県立大学キクテック共同研究開発されている。その他、デジタルカメラ自動的に路面標示撮影して解析ソフトウェア数値化可視化する方法スマートフォン撮影した画像より人工知能自動的に診断して地図上に塗り替え必要な所を表示する方法タブレット端末撮影した画像専用サーバー上でデータ収集分析する方法などが開発されている。

※この「点検」の解説は、「日本の路面標示」の解説の一部です。
「点検」を含む「日本の路面標示」の記事については、「日本の路面標示」の概要を参照ください。


点検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 00:57 UTC 版)

貯水槽」の記事における「点検」の解説

必要に応じて水槽内部および外部点検する事が義務づけられている。なお、ポンプ等の電力利用する設備についても併せて点検が必要である

※この「点検」の解説は、「貯水槽」の解説の一部です。
「点検」を含む「貯水槽」の記事については、「貯水槽」の概要を参照ください。


点検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:33 UTC 版)

ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事における「点検」の解説

使用する物は全て信頼性重視しており、一例として『使用する弾丸不発弾精度不良極力避けるために、100発中ランダムに抜いた80発を試射して全て異常なしなら残り20発を使用、1発でも不良な100全て破棄する』という手順踏んでいるこうすることで不発弾発生限りなくゼロ近づける(『アクシデンタル』)。 また、愛用銃をM16A1から改良型A2ベース切り換えたのも、アメリカ軍A2制式採用してから10年以上経って信頼性が十分実証され後のことであった(『傑作アサルトライフル』)。最も信頼する職人デイブについては例外であり、初体面・初依頼時にはヘンメリーワルサーカスタム(超ロングマグナムカスタム弾)を注文し改造させる際に、1発し作製できなかった(『AT PIN-HOLE!』)。後に特製銃の製作依頼した時は弾丸は5発のみしか渡されなかったが許容している(『宴の終焉』)。 緊急時には、敵から奪った銃を点検せずに発砲することもある(『ゼロの反撃』、『マンモスの牙』など)。また、銃は敵地調達したが、弾丸前もって自前用意した物を使ったケースもある(『人質 HOSTAGE』)。

※この「点検」の解説は、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の解説の一部です。
「点検」を含む「ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事については、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「点検」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

点検

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 05:31 UTC 版)

名詞

てんけん

  1. 一つ一つ調べること。

動詞

活用

サ行変格活用
点検-する

「点検」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「点検」の関連用語

点検のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



点検のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメンテナンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレンタカー (改訂履歴)、蔵書点検 (改訂履歴)、日本の路面標示 (改訂履歴)、貯水槽 (改訂履歴)、ゴルゴ13 (架空の人物) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの点検 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS