構造物とは? わかりやすく解説

構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 05:23 UTC 版)

構造物(こうぞうぶつ)とは、道路ビルダム堤防などのように複数の材料や部材などから構成され、基礎などにより重量を支えられた構造で造作されたもの。




「構造物」の続きの解説一覧

構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 06:57 UTC 版)

Survivalcraft」の記事における「構造物」の解説

Minecraftでは遺跡ピラミッドなどが生成されるが、サバイバルクラフトにはそこまで複雑なものは存在しない洞窟 山の中腹やふもとに生成される事が多い。すぐに行き止まりのものから岩盤近くまで続いておりダイヤモンド露出しているものまで様々である洞窟内に水源マグマ溜まりあることもある。クマスポーンしやすい。 墓 墓石周辺の装飾品構成される真下空洞がありマップ生成され間も無い頃はそこからレアアイテム出てくることもある。花が添えられたもの、墓の下玄武岩使ったものなどが発見されている。墓石花崗岩から作れる落し穴 広さ5×5程度深さ4マスほどの、穴が出現するマップ生成時にはカシ隠されていることが多い。底にはトゲしきつめられていることがある

※この「構造物」の解説は、「Survivalcraft」の解説の一部です。
「構造物」を含む「Survivalcraft」の記事については、「Survivalcraft」の概要を参照ください。


構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 21:16 UTC 版)

「ばね」の記事における「構造物」の解説

建築・土木分野における構造物自体にもばねが使われている。建物地震から守るために建物基礎切り離しその間にばねやダンパー取り付ける構造免震構造と呼ぶ免震構造では、コイルばね使用されているが、代表的には金属板ゴム層状重なった積層ゴム使われる体操競技のゆかの床も、敷き詰められたばねで支えられている。これによって、ゆか競技における高難度宙返り技が可能となっている。支承でも積層ゴムなどが組み込まれており、これにより橋の上構造動き逃している。 免震構造外で建物揺れから守る方法制振構造がある。制振構造では、TMD呼ばれる重量物をばねとダンパーを介して建物上部に取付け機構設ける。免震構造異なり強風による揺れ低減できるため、特に超高層建築物制振構造必要とされる一例としては、日本の東スカイツリー頂部ゲイン塔には、ばね1本当たり1トン巨大なコイルばね使ったTMD設置されている。

※この「構造物」の解説は、「ばね」の解説の一部です。
「構造物」を含む「ばね」の記事については、「ばね」の概要を参照ください。


構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 09:14 UTC 版)

吉田バイパス (国道116号)」の記事における「構造物」の解説

トンネルはなく、100 m未満IC跨線橋など13予定されている。

※この「構造物」の解説は、「吉田バイパス (国道116号)」の解説の一部です。
「構造物」を含む「吉田バイパス (国道116号)」の記事については、「吉田バイパス (国道116号)」の概要を参照ください。


構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 01:55 UTC 版)

七折峠」の記事における「構造物」の解説

七折峠トンネル 竣工 : 2001年平成13年12月 全長 : 1,045m 車線 : 片側1車線上下線合計2車線)本トンネル工事時の名称は坂本トンネルであったが、名称を公募し審査結果七折峠トンネルとなった。なお、並行する磐越自動車道には七折トンネルが既に開通していた。 坂本 全長:130.0m 幅員:14.9m 竣工1997年 地下横断歩道 坂本バイパス整備際に計画され2002年開通した本地下道七折峠西側設置されており、周辺には集落のほか、水田畑地などの農地広がる

※この「構造物」の解説は、「七折峠」の解説の一部です。
「構造物」を含む「七折峠」の記事については、「七折峠」の概要を参照ください。


構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 14:13 UTC 版)

横瀬車両基地」の記事における「構造物」の解説

池袋線池袋 - 椎名町間にある山手跨線橋」の架け替え工事撤去された旧旧橋台の一部が、2006年5月から保存されている。

※この「構造物」の解説は、「横瀬車両基地」の解説の一部です。
「構造物」を含む「横瀬車両基地」の記事については、「横瀬車両基地」の概要を参照ください。


構造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:52 UTC 版)

北越急行ほくほく線」の記事における「構造物」の解説

建設中数度に渡り工事実施計画変更が行われたが、最終的に最小曲線半径400メートル、最急勾配33パーミルとなっている。半径小さな曲線はすべて、JR線接続する六日町十日町犀潟の駅付近に位置しそれ以外区間では半径800メートル上である。もっとも曲線のきつい半径400メートルカーブ犀潟駅の1か所のみで、制限速度80 km/hである。高規格化にあたって緩和曲線長の延伸などの改良が行われている。踏切は、始終端の六日町駅犀潟駅構内の2か所のみであり、線区中間にはまった踏切存在しない。この2か所踏切では、前後存在する曲線分岐器に伴う速度制限により、列車通過速度130 km/h以下に抑えられることから他の線区踏切同等であるとして、特段の保安措置採らていない

※この「構造物」の解説は、「北越急行ほくほく線」の解説の一部です。
「構造物」を含む「北越急行ほくほく線」の記事については、「北越急行ほくほく線」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「構造物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「構造物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

構造物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



構造物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの構造物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSurvivalcraft (改訂履歴)、ばね (改訂履歴)、吉田バイパス (国道116号) (改訂履歴)、七折峠 (改訂履歴)、横瀬車両基地 (改訂履歴)、北越急行ほくほく線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS