水源とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > もと > 水源の意味・解説 

すい‐げん【水源】

読み方:すいげん

川などの水の流れ出るおおもとみなもと。「利根川の—を探る」「—地」

上水道として利用する水の供給源。

「水源」に似た言葉

水源

読み方:スイゲン(suigen)

所在 熊本県熊本市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒862-0907  熊本県熊本市東区水源

水源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 09:00 UTC 版)

水源(すいげん)とは、などの流れ出るもと。または用水農業用水工業用水)や水道上水道簡易水道)として利用する水の供給源。後者の場合は、井戸はもとより海水淡水化施設が該当することもある。




「水源」の続きの解説一覧

水源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/29 15:55 UTC 版)

アララール山地」の記事における「水源」の解説

多くの流れアララール山地を水源としている。峰々間には、アガンツァ、サルディビア、イビウル、アメスケタの4つ巨大な盆地があり、それぞれ水流形成している。カルスト地形影響で地面浸透して地下流れ水流もある。これらの水流この地域の経済貢献しており、アララール山麓には水力発電所などが立地している。

※この「水源」の解説は、「アララール山地」の解説の一部です。
「水源」を含む「アララール山地」の記事については、「アララール山地」の概要を参照ください。


水源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 07:30 UTC 版)

ルール川」の記事における「水源」の解説

ルール川は、ザウアーラント高地ロタール山地ルールコップフ山(標高696m)の北斜面に水源を持つ。高度約674mの地点で、ヴィンターベルク=エルケリンクハイムの北西約1.5km、ヴィンターベルク北東3km、ノルトヘーレの南東4kmの場所である。 ルール川の水源は、ラインヴェーザー分水界位置している。ルール川西へ向かって流れ最終的にライン川へと流れ込むに対して、ルールコプフ山の南東斜面湧いたせせらぎはオルケ川に流れ込む。この川は、エーダー川フルダ川経てヴェーザー川に合流する

※この「水源」の解説は、「ルール川」の解説の一部です。
「水源」を含む「ルール川」の記事については、「ルール川」の概要を参照ください。


水源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 03:54 UTC 版)

洗足池」の記事における「水源」の解説

湧水池であり、流れ込む川はないが、付近一帯には農家作物洗い場として利用していた大小の湧水多くあり、用水路を通して池に流れ込んでいた。洗足池の主要水源となる湧水は4か所あったとされ、現在は清水弁財天大田区北千束1-26東京の名湧水57選のひとつ)の涌水残っている今も水量豊富で浸透管を用いて洗足池流れている。 水源のひとつ清水弁財天洗足池北部にある水路清水弁財天などからの湧水流れ込む

※この「水源」の解説は、「洗足池」の解説の一部です。
「水源」を含む「洗足池」の記事については、「洗足池」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「水源」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

水源

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:28 UTC 版)

名詞

すいげん

  1. 河川れる水道などのなるもののこと。

関連語

翻訳


「水源」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



水源と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

水源のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水源のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアララール山地 (改訂履歴)、ルール川 (改訂履歴)、洗足池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの水源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS