源泉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ところ > 源泉の意味・解説 

げん‐せん【源泉/原泉】

がわき出るもと。みなもと

物事発生してくるもと。「活力の―」「知識の―」

[補説] 書名別項。→原泉


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 12:43 UTC 版)

源泉(げんせん)とは、地中からが湧き出てくる場所である。が湧き出る様子から転じて、物事・金銭や考えが発生する源としての意味も存在する(例としては「源泉徴収」や「アイデアの源泉」など)。




  1. ^ 源泉数(孔)2,847、湧出量137,040キロリットル/日は、ともに日本一(平成12年:環境省)


「源泉」の続きの解説一覧

源泉

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:48 UTC 版)

別表記

名詞

げんせん

  1. 水や温泉湧き出る場所
  2. 物事じる所。

発音

げ↗んせん

関連語




源泉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「源泉」の関連用語

源泉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



源泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの源泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS