源泉とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ところ > 源泉の意味・解説 

げん‐せん【源泉/原泉】

読み方:げんせん

わき出るもと。みなもと

物事発生してくるもと。「活力の—」「知識の—」

[補説] 書名別項。→原泉

「源泉」に似た言葉

源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 15:08 UTC 版)

源泉(げんせん)とは、地中からが湧き出てくる場所である。が湧き出る様子から転じて、物事・金銭や考えが発生する源としての意味も存在する(例としては「源泉徴収」や「アイデアの源泉」など)。




  1. ^ 源泉数(孔)2,847、湧出量137,040キロリットル/日は、ともに日本一(平成12年:環境省)


「源泉」の続きの解説一覧

源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 04:45 UTC 版)

草津温泉」の記事における「源泉」の解説

源泉は、公的に管理している大源泉が6つ存在するほかホテル等が所有している小源泉も多数存在する自噴する温泉湯量極めて豊富であり、湯温摂氏50-95度前後と高い。万代鉱源泉はラジエーター使い高い湯温下げて配湯している。昔から草津節などを唄いながら木の板(湯もみと言う)で温泉かき回し湯温下げるのが特徴的な湯もみが行われてきた。温泉街には、湯畑を始めとする大小様々の源泉がある。1975年昭和50年)に万代鉱源泉の利用および町による管理配湯始まってからは、多くの小規模源泉が破棄された。なお、湯畑を始めとする草津温泉の各源泉には緑色湯垢のようなものが散見されるが、これはイデユコゴメ類などの温泉藻である。

※この「源泉」の解説は、「草津温泉」の解説の一部です。
「源泉」を含む「草津温泉」の記事については、「草津温泉」の概要を参照ください。


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 22:18 UTC 版)

デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の記事における「源泉」の解説

地脈噴出点となる魔力発生源精霊溜まりとも呼ばれ精霊多く集まり、「精霊視」スキルを使うと精霊光で輝いて見える大小様々なものがあるが、周囲に街以上の物を作れるほどの規模があるのは大陸全体見て100箇所以上といったところで、その中で最大のものは「竜の谷」の源泉である。

※この「源泉」の解説は、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の解説の一部です。
「源泉」を含む「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の記事については、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の概要を参照ください。


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 01:47 UTC 版)

阿曽温泉」の記事における「源泉」の解説

阿曽温泉の源泉は入浴施設のある阿曽湯の里ではなく宮川支流大内山川沿いにあり、施設まで引湯している。また阿曽温泉泉源は1か所ではなく複数あることから、阿曽温泉群とも呼ばれ阿曽集落北部紀勢本線沿いには3つの泉源集中している。温泉水により、阿曽には大規模な石灰華トラバーチン)が形成されており、大紀町天然記念物指定されている。

※この「源泉」の解説は、「阿曽温泉」の解説の一部です。
「源泉」を含む「阿曽温泉」の記事については、「阿曽温泉」の概要を参照ください。


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 15:56 UTC 版)

はわい温泉」の記事における「源泉」の解説

硫酸塩泉新泉質名 : ナトリウム・カルシウム - 塩化物硫酸塩泉泉質は、旧泉質名では「含石膏食塩泉」(弱アルカリ塩泉)、新泉質名では「硫酸塩泉」で、東郷湖対岸にある東郷温泉同じである。なお明治末期には「硫黄泉」、昭和初期には「食塩泉」と紹介されている。 もともとは東郷湖湖底湧出していたが、現在の温泉街は湖を埋め立てた地区にあり、湖底埋立地掘削して湯源を得ている。概ね30~60mの厚さ沖積層、さらに厚さ40mの洪積層貫いて花崗岩基盤まで掘削すると、花崗岩にある断層隙間から高温湯が湧出している。これまでに数十箇所の源泉が掘削されているが、その多くは既に枯れており、数箇所の源泉を共同で利用している。湧出量毎分1500リットル1984年)、源泉の温度概ね50である。

※この「源泉」の解説は、「はわい温泉」の解説の一部です。
「源泉」を含む「はわい温泉」の記事については、「はわい温泉」の概要を参照ください。


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 12:29 UTC 版)

赤湯温泉 (山形県)」の記事における「源泉」の解説

赤湯温泉の源泉は、米沢盆地北端部に数本源泉井存在する。しかし、1949年に「の山源泉」と呼ばれる新たな源泉井掘削してポンプアップした結果周辺の源泉井温泉水得られなくなったこのように新源開発や、ポンプアップ実施により、赤湯温泉では源泉間の相互作用問題顕在化した。

※この「源泉」の解説は、「赤湯温泉 (山形県)」の解説の一部です。
「源泉」を含む「赤湯温泉 (山形県)」の記事については、「赤湯温泉 (山形県)」の概要を参照ください。


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 17:37 UTC 版)

皆生温泉」の記事における「源泉」の解説

塩化物泉で、第三紀安山岩層の割れ目から湧出している。1900年明治33年)に発見されたが、海岸侵食によって当初の源泉は水没してしまい、護岸工事が行われた(後述)。湧出量多く、源泉の温度鳥取県内で最も高温である。

※この「源泉」の解説は、「皆生温泉」の解説の一部です。
「源泉」を含む「皆生温泉」の記事については、「皆生温泉」の概要を参照ください。


源泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 21:24 UTC 版)

白川郷平瀬温泉」の記事における「源泉」の解説

源泉は白川村1972年昭和47年)に掘り当てた大白川温泉白川村には大白川温泉源泉から大白川ダム周辺平瀬御母衣、牧、長瀬一部配湯管が引かれており、旅館公共施設各家庭給湯装置配湯管から分岐する給湯管及びこれに直結する給湯用具)を設置すれば有料使用できる平瀬温泉温泉施設の殆どは大白川温泉配湯管から引かれており、温泉スタンド一部村営であり。 大白川温泉称する施設は、日帰り入浴施設大白川温泉 しらみずの湯」、「大白川露天風呂」がある。

※この「源泉」の解説は、「白川郷平瀬温泉」の解説の一部です。
「源泉」を含む「白川郷平瀬温泉」の記事については、「白川郷平瀬温泉」の概要を参照ください。


源 泉(みなもと いずみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:11 UTC 版)

お湯でほころぶ雪芽先輩」の記事における「源 泉(みなもと いずみ)」の解説

従妹開発部子供みたいな体つきであるが、温美よりも年上世話焼き。温美を「むくみ」と呼んでいたが、風呂で温美に接す見てからは温美を信頼するうになる風呂に関して博識であり、入浴剤作れる

※この「源 泉(みなもと いずみ)」の解説は、「お湯でほころぶ雪芽先輩」の解説の一部です。
「源 泉(みなもと いずみ)」を含む「お湯でほころぶ雪芽先輩」の記事については、「お湯でほころぶ雪芽先輩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「源泉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

源泉

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 14:05 UTC 版)

別表記

名詞

げんせん

  1. 水や温泉湧き出る場所
  2. 物事じる所。

発音(?)

げ↗んせん

関連語


「源泉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



源泉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

源泉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



源泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの草津温泉 (改訂履歴)、デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (改訂履歴)、阿曽温泉 (改訂履歴)、はわい温泉 (改訂履歴)、赤湯温泉 (山形県) (改訂履歴)、皆生温泉 (改訂履歴)、白川郷平瀬温泉 (改訂履歴)、お湯でほころぶ雪芽先輩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの源泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS