源泉分離課税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 課税 > 源泉分離課税の意味・解説 

げん せんぶんりかぜい -くわぜい [8] 【源泉分離課税】

他の所得合算せず分離して税額計算し、その租税源泉徴収する税。 → 申告分離課税

源泉分離課税

読み方げんせんぶんりかぜい

有価証券投資を行うことで得られる収入から、納税なければならない税金控除されることです。


源泉分離課税

他の所得とは分離して、所得支払い行なう者が一定の税率源泉徴収行なうことで納税完結する納税方式のこと。

分離課税

(源泉分離課税 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 03:14 UTC 版)

分離課税(ぶんりかぜい)とは、ある所得を他の種類の所得と合算せず、分離して課税することをいう。




「分離課税」の続きの解説一覧



源泉分離課税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「源泉分離課税」の関連用語

源泉分離課税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



源泉分離課税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2019 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2019 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分離課税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS