有価証券とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 証券 > 有価証券の意味・解説 

ゆうか‐しょうけん〔イウカ‐〕【有価証券】


有価証券


有価証券


有価証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 08:09 UTC 版)

有価証券(ゆうかしょうけん、: security、しばしば複数形のsecurities[1] セキュリティ)とは、伝統的には財産的価値のある私権を表章する証券で、その権利の発生、移転または行使の全部又は一部が証券によってなされるものをいう[2]


  1. ^ [1] 3番目の解説。
  2. ^ a b 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、254頁。ISBN 978-4641159174
  3. ^ a b c 田邊光政『最新手形法小切手法 3訂版』中央経済社、22頁。ISBN 978-4502709920
  4. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、254-255頁。ISBN 978-4641159174
  5. ^ 田邊光政『最新手形法小切手法 3訂版』中央経済社、22-23頁。ISBN 978-4502709920
  6. ^ a b c 田邊光政『最新手形法小切手法 3訂版』中央経済社、23頁。ISBN 978-4502709920
  7. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、256頁。ISBN 978-4641159174
  8. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、258頁。ISBN 978-4641159174
  9. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、261-262頁。ISBN 978-4641159174
  10. ^ a b c d 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、262頁。ISBN 978-4641159174
  11. ^ a b 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、257頁。ISBN 978-4641159174
  12. ^ a b c d e 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、266頁。ISBN 978-4641159174
  13. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、256-257頁。ISBN 978-4641159174
  14. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、261頁。ISBN 978-4641159174
  15. ^ a b 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、263頁。ISBN 978-4641159174
  16. ^ a b 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、264頁。ISBN 978-4641159174
  17. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、264-265頁。ISBN 978-4641159174
  18. ^ a b c 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、265頁。ISBN 978-4641159174
  19. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、24-55頁。ISBN 978-4641159174
  20. ^ a b c d 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、25頁。ISBN 978-4641159174
  21. ^ a b c d e f 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、26頁。ISBN 978-4641159174
  22. ^ 大塚龍児ほか『商法III 手形・小切手 第3版』有斐閣、27頁。ISBN 978-4641159174
  23. ^ a b 田邊宏康「改正民法における有価証券について」『専修法学論集』第130巻、専修大学法学会、 145-174頁、2019年9月28日閲覧。
  24. ^ 川村正幸『手形・小切手法 第4版』新世社、17頁。ISBN 978-4883842810


「有価証券」の続きの解説一覧

有価証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 15:29 UTC 版)

対抗要件」の記事における「有価証券」の解説

指図債権記名式所持人払債権及び無記名債権証券債権呼ばれ民法譲渡対抗要件等の規定があった(証券債権譲渡規定は指名債権譲渡規定の後に置かれていた)。 2017年成立した改正民法民法第3編第7節「有価証券」を新設し有価証券の一般的な規律として整備した指図証券記名式所持人払証券その他の記名証券無記名証券類型化された)。これに伴い改正民法365条・469条・470条・472条、記名式所持人払債権に関する改正民法471条、無記名債権に関する改正民法863項473条は削除または変更された。 「有価証券 (日本法)を参照

※この「有価証券」の解説は、「対抗要件」の解説の一部です。
「有価証券」を含む「対抗要件」の記事については、「対抗要件」の概要を参照ください。


有価証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 17:54 UTC 版)

セキュリティ」の記事における「有価証券」の解説

もともと上の節で説明した概念と強く関係があるが、金融業界では、出資募る団体損害から保護する機能果たしつつ出資などを募集する契約書の類をセキュリティと言い日本語では有価証券と訳す。

※この「有価証券」の解説は、「セキュリティ」の解説の一部です。
「有価証券」を含む「セキュリティ」の記事については、「セキュリティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「有価証券」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

有価証券

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:05 UTC 版)

名詞

ゆうかしょうけん

  1. (金融) 財産権表示する証券で、権利行使移転証券なされるもの。

発音(?)

ゆ↗ーかしょ↘ーけん

翻訳


「有価証券」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



有価証券と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「有価証券」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる当座比率とは

    株式の投資基準とされる当座比率とは、流動負債の当座資産の割合をパーセンテージで表したものです。当座比率は次の計算式で求めることができます。当座資産÷流動負債×100例えば、当座資産が6億円、流動負債が...

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有価証券」の関連用語

有価証券のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有価証券のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2022 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有価証券 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの対抗要件 (改訂履歴)、セキュリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの有価証券 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS