テレホンカードとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > テレホンカードの意味・解説 

テレホンカード

作者草上仁

収載図書スーパーサラリーマン
出版社早川書房
刊行年月1992.6
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


テレホンカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/22 10:22 UTC 版)

テレホンカードとは、日本の公衆電話で使用できるプリペイドカードである。日本で発売・流通し利用ができるものはテレカと呼ばれることが多いが、これはNTTカードソリューション登録商標である。本項では、特筆がない限り、日本電信電話公社および後継企業のNTT東日本NTT西日本が発行するテレホンカードについて述べる。また、公衆電話も参照。


注釈

  1. ^ 投入された硬貨は一旦機内に保留され、通話がつながると、十円硬貨から1枚ずつ金庫に収納される(落ちる)。10円で通話できる秒数を超過すると、新たに10円が収納される。100円硬貨は10円硬貨を使い切ってから金庫に落ち、10円10枚分の秒数通話が維持される。金庫に落ちず保留された状態の硬貨は通話終了後返却口に戻るが、10円分以上の残額があっても釣りは返却されない。100円硬貨だけで掛けた場合、間違い電話をかけてしまった場合など大きく損することもあり、電電公社やNTTでは、10円硬貨で通話を開始することを推奨している。

出典




テレホンカード

出典:『Wiktionary』 (2009/03/13 04:03 UTC 版)

名詞

テレホンカード

  1. 公衆電話で、現金代わりに使用するプリペイドカード

語源

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テレホンカード」の関連用語

テレホンカードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



テレホンカードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテレホンカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのテレホンカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS