磁気カードとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > カード > 磁気カードの意味・解説 

じき カード [3] 【磁気カード】

表面磁気テープ貼り付け、その部分データ記憶させるカードキャッシュ-カードなどに用いられる。

磁気カード

英語 magnetic card

プラスチック製のカード磁気を帯びさせ、外部記憶させて、照合事務処理を行うカードクレジットカード金融機関のマネーカードに使われる。また、テレホンカードハイウェイカード図書券プリペイド呼称される前納式の磁気カードである。自動車免許証にはマイクロプロセッサー内蔵ICカード化が検討されている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

磁気ストライプカード

(磁気カード から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 23:47 UTC 版)

磁気ストライプカード(じきストライプカード、: magnetic stripe card)は、磁性体の帯があるカードで、その中の鉄をベースとした小さな磁性粒子の磁性を変化させることでデータを格納できるもの。






「磁気ストライプカード」の続きの解説一覧



磁気カードと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磁気カード」の関連用語

磁気カードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



磁気カードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁気ストライプカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS