フロッピーディスクとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > フロッピーディスク > フロッピーディスクの意味・解説 

フロッピーディスク

別名:フロッピディスクディスケット
【英】FD, Floppy Disk, Disket

フロッピーディスクとは、1970年代登場した、プラスチックジャケット収められた一枚磁気ディスクデータ記録ができる記憶メディアのことである。

フロッピーディスクは、ディスクドライブ部分から記憶メディアのみ取り外し持ち運ぶことができるリムーバブルメディアである。ディスク片面磁気ヘッド接触させることでデータ読み書きを行うことができる。フロッピーディスクが登場した当初は、磁気ディスク直径が8インチ(200mm)で、記録容量は数KB単位だった。その後改良が進められ、5インチフロッピーディスク、そして3.5インチフロッピーディスク登場した、3.5インチは90mm程度である。

3.5インチフロッピーディスクは、1980年代から1990年代にかけて、PCワープロ専用機標準的における記憶メディアとして利用された。ジャケットプラスチック製で、データ読み書きするための窓の部分保護シャッターで隠される機能備えており、ライトプロテクトが可能で、記録可能なデータ容量は1.44MB程度であった。ジャケットにはある程度強度があるため、扱いやすい点も特徴だった。

1990年代後半になると、CD-Rはじめとする光ディスク登場し、マルチメディア化が進んで画像音声などの大容量コンテンツ記録対象となりはじめたことによって、フロッピーディスクは徐々に他の大容量記憶メディア置き換えられていった現在の新しPCにフロッピーディスクを読み込むためのドライブフロッピーディスクドライブ)は搭載されないことが多いが、オプションとして搭載可能となっている場合も多い。

外部記憶装置のほかの用語一覧
リムーバブルメディア:  DCT  FDD  光磁気ディスク  フロッピーディスク  ブランクディスク  フロプティカルディスク  iVDR

フロッピーディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 10:11 UTC 版)

フロッピーディスク (floppy disk) は、磁気ディスクの一種で、磁性体を塗布・蒸着した樹脂製小円盤を樹脂製の保護ケースに入れたものである。




注釈

  1. ^ フロッピー (floppy) とは「だらりとした」「締まりのない」または「元気のない」「弱い」を意味する英語の形容詞で、日本語のニュアンスとしては「ふにゃふにゃしたもの」「ぐにゃりとしたもの」が近い。
  2. ^ 3.5インチでは中心部にあるハブ自体に位置決めがある。
  3. ^ 製造はデータ・カセットメーカーであるインフォメーションターミナルが行った。
  4. ^ a b PC-9800シリーズでは一部機種を除き360rpm。

出典

  1. ^ Diskette - IBM Archives
  2. ^ IBM's 360 and early 370 systems (Emerson W. Pugh, Lyle R. Johnson, John H. Palmer) p520, p615.
  3. ^ 例:The Floppy Disk - IBM100
  4. ^ Joe Federer (2013), The First Infographic Made by Kids!, TechHUB.com, http://www.teachhub.com/first-infographic-made-kids-national-library-week 
  5. ^ Oh!FM TOWNS』(ソフトバンク)1993年7月号、60頁。
  6. ^ フロッピーディスクは何年も使えるものでしょうか?”. 2013年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月2日閲覧。 - 社団法人 日本記録メディア工業会
  7. ^ 中山 2010, p. 93.
  8. ^ 中山 2010, p. 54.
  9. ^ a b 中山 2010, p. 24, 55.
  10. ^ a b 中山 2010, p. 24.
  11. ^ a b 中山 2010, p. 25.
  12. ^ a b 中山 2010, p. 28.
  13. ^ 中山 2010, p. 56.
  14. ^ a b 中山 2010, p. 57.
  15. ^ 中山 2010, p. 25, 57, 58.
  16. ^ 中山 2010, p. 25, 28.
  17. ^ a b 中山 2010, p. 58.
  18. ^ 中山 2010, p. 29-30.
  19. ^ 中山 2010, p. 57-58.
  20. ^ 中山 2010, p. 81-82, 86.
  21. ^ 中山 2010, p. 81-82.
  22. ^ 中山 2010, p. 82.
  23. ^ 中山 2010, p. 84.
  24. ^ 中山 2010, p. 86, 88.
  25. ^ 中山 2010, p. 71, 93.
  26. ^ 1991 DISK/TREND REPORT, FLEXIBLE DISK DRIVES, Figure 2
  27. ^ 中山 2010, p. 130.
  28. ^ ASIN B00008B4QI, SONY 2HD フロッピーディスク DOS/V用 Windowsフォーマット 3.5インチ ブラック 10枚入り 10MF2HDQDVB
    ASIN B00FILMJS2, ソニー(SONY) 2DD アンフォーマット 3.5型 フロッピーディスク 10枚 プラスチックケース入
    (パッケージ写真を参照)
  29. ^ 中山 2010, p. 103.
  30. ^ 中山 2010, p. 102.
  31. ^ 中山 2010, p. 101.
  32. ^ 中山 2010, p. 60.
  33. ^ 【 2009年11月7日号 】 DSP版WindowsのFDDセットが2月に終了?”. AKIBA PC Hotline!. インプレス. 2019年8月14日閲覧。
  34. ^ 3.5型フロッピーディスク販売終了のお知らせ”. ソニー (2010年4月23日). 2019年8月12日閲覧。
  35. ^ Floppy Disks Are (Sort Of) Still A Thing”. Great Big Story (2015年11月29日). 2016年7月29日閲覧。
  36. ^ 消えるFD、西陣直撃 織機9割今も使用”. 朝日新聞 (2011年11月24日). 2012年9月7日閲覧。[リンク切れ]
  37. ^ 平成23年度 京都市伝統産業技術者研修 第1回西陣織セミナーの開催について”. 2013年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月15日閲覧。
  38. ^ a b 米軍の核ミサイル運用、「フロッピーディスク」にいまだ依存”. CNN (2016年5月28日). 2016年6月16日閲覧。
  39. ^ Insinna, Valerie (2019年10月18日). “The US nuclear forces’ Dr. Strangelove-era messaging system finally got rid of its floppy disks” (英語). C4ISRNET. 2019年10月21日閲覧。
  40. ^ 米軍、核兵器運用に今も8インチフロッピー使用”. AFP (2016年5月26日). 2016年6月16日閲覧。
  41. ^ フロッピーディスクからカセットテープまで 2015年でも現役なレトロテクノロジーとは”. ハフィントン・ポスト (2015年11月14日). 2016年6月16日閲覧。
  42. ^ Think the floppy disk is dead? Think again! Here’s why it still stands between us and a nuclear apocalypse”. DIGITAL TRENDS (2015年9月26日). 2016年7月29日閲覧。
  43. ^ フロッピーディスクの販売を続ける社長へのミニインタビューがネットで公開中”. GIGAZINE (2015年12月7日). 2019年8月12日閲覧。





フロッピーディスクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フロッピーディスク」の関連用語

フロッピーディスクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フロッピーディスクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフロッピーディスクの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフロッピーディスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS