オプションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > オプションの意味・解説 

オプション【option】

選択権自由選択

発注航空機購入の際、正式契約締結する前に製造中の航空機について製造番号特定し注文すること。

標準仕様のほかに、客の注文によって取り付ける部品装置

オプション取引」の略。


オプション

【英】:Option

ある対象物原資産という)を、将来特定時点特定の価格行使価格)で買うまたは売る権利のこと。オプションは「権利」であるためこれを行使しなければいけない義務はなく、放棄してよい。

関連用語


オプション

読み方おぷしょん

ある対象物原資産という)を、将来特定時点特定の価格行使価格)で買うまたは売る権利のことをいいます

オプションは「権利」であるため、これを必ず行使しなければいけないという義務はないので、放棄していとされています。


オプション

【英】option

オプションとは、製品サービスにおいて、標準的な機能装備としては提供されず、ユーザー選択することで利用可能になる機能装備のことである。

一般的な製品は、どんなユーザーにも利用しすいよう標準化された状態・性能設定されていることが多い。そこで、より多くのスペック機能盛り込みたい場合に、よりユーザー要望に合った状態・性能することができるように、オプションが選択できるようになっていることが多い。

オプションはハードウェアからソフトウェアサービスまで、様々な場面用いられるPCハードウェアであれば一例として、メモリハードディスク標準搭載のものよりも大容量にしたり、CPU標準より高速なものに変更したり、音響設備ワンランク上スピーカー変更したり、といった変更がオプションで選択できることが多い。あるいは、ソフトウェアであればメニューから標準的選択できる機能とは異なる処理をさせたい場合などに、オプションを設定した選択したすることができるようになっている場合が多い。


オプション option


オプション


オプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 14:42 UTC 版)

オプションOption




「オプション」の続きの解説一覧

オプション

出典:『Wiktionary』 (2021/10/11 05:09 UTC 版)

語源

発音

名詞

オプション

  1. 物やサービス購入するとき、標準仕様ではなく客の選択によって購入決めることのできる付属部分オプショナル
     (例)そこへの観光オプションになります
  2. (経済, 金融) 金融取引商品取引において、将来のある時点に、前もって決めた価格で買う又は売ることのできる権利権利保有者選択により、買う又は売ることを決めることができるので、権利保有者義務となることはないオプション取引
  3. 選択肢

関連語

語義

翻訳


「オプション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オプション」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オプションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オプションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2022 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2022MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオプションの記事を利用しております。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオプション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオプション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS