carとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > carの意味・解説 

car

別表記:カー

「car」とは・「car」の意味

「car」とは、自動車意味する英単語である。主に陸上移動する乗り物で、エンジンモーター動力源とし、人や荷物を運ぶ目的使用される自動車さまざまな種類があり、乗用車商用車特殊車両などが含まれるまた、自動車燃料動力方式によっても分類されガソリン車ディーゼル車電気自動車ハイブリッド車などがある。

「car」の発音・読み方

「car」の発音は、IPA表記では/kɑːr/であり、IPAカタカナ読みでは「カー」となる。日本人発音するカタカナ英語では「カー」と読む。発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特別な注意必要ない。

「car」の定義を英語で解説

A car is a wheeled motor vehicle used for transportation. It is designed to carry people and goods on roads and highways. Cars come in various types, sizes, and fuel options, such as gasoline, diesel, electric, and hybrid vehicles.

「car」の類語

「car」にはいくつかの類語存在する例えば、「automobile」、「vehicle」、「motorcar」、「auto」などがある。これらの単語は、状況文脈に応じて「car」と同様に自動車を指す言葉として使用できる

「car」に関連する用語・表現

「car」に関連する用語表現には、「sedan」(セダン)、「coupe」(クーペ)、「hatchback」(ハッチバック)、「SUV」(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)、「minivan」(ミニバン)などがある。これらは自動車形状用途によって分類される言葉である。

「car」の例文

1. I bought a new car last week.(先週新しい車買った。)
2. She drives a red sports car.(彼女は赤いスポーツカー運転している。)
3. My car is parked in the garage.(私の車はガレージ駐車されている。)
4. Electric cars are becoming more popular.(電気自動車がますます人気になっている。)
5. The car accident caused a traffic jam.(その車の事故交通渋滞引き起こした。)
6. He is a car enthusiast and loves to attend car shows.(彼は車好きで、カーショーに出席するのが大好きだ。)
7. The car's engine needs to be repaired.(その車のエンジン修理必要だ。)
8. They are planning a road trip by car.(彼らは車でロードトリップ計画している。)
9. The car's fuel efficiency has improved.(その車の燃費向上した。)
10. She sold her car and started using public transportation.(彼女は車を売って公共交通機関利用し始めた。)

カー【car】

読み方:かー

自動車。「マイ—」「—ラジオ

列車車両。「ロマンス—」


カー【CAR】


CAO/CAR


コンピュータ・アシステッド・ オーダリング

【英】CAR,CAO

CAOベスト・プラクティス・サブコミッティの定義によると、POSデータにもとづく販売動向季節変動等外要因実在情報商品受領予定許容安全在庫レベルに関する統合化された情報コンピュータ処理することによって、店舗発注事前準備するシステムとなっている。このシステム成功は、在庫レベルPOS販売情報正確な把握よる。

CAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/20 10:09 UTC 版)

CAR, car




「CAR」の続きの解説一覧

中央アフリカ共和国

(car から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/20 10:14 UTC 版)

中央アフリカ共和国
République centrafricaine  (フランス語)
Ködörösêse tî Bêafrîka  (サンゴ語)
国旗 国章
国の標語:Unité, Dignité, Travail(フランス語)
統一、尊厳、労働
国歌La Renaissance(フランス語)
E Zingo(サンゴ語)
再生

中央アフリカ共和国の位置
公用語 フランス語サンゴ語
首都 バンギ
最大の都市 バンギ
政府
大統領 フォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラ
首相 フェリックス・モルアフランス語版
面積
総計 622,436km243位
水面積率 極僅か
人口
総計(2021年 4,920,000[1]人(124位)推計
人口密度 7.9[1]人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2020年 1兆3718億9300万(推計)[2]CFAフラン
GDP(MER
合計(2020年23億8700万(推計)[2]ドル(163位
1人あたり 494.186(推計)[2]ドル
GDP(PPP
合計(2020年47億7600万(推計)[2]ドル(168位
1人あたり 988.895(推計)[2]ドル
独立
 - 日付
フランスより
1960年8月13日
通貨 CFAフランXAF)、ビットコイン(BTC)[3][基礎情報 1]
時間帯 UTC+1 (DST:なし)
ISO 3166-1 CF / CAF
ccTLD .cf
国際電話番号 236
  1. ^ ビットコインは暗号通貨仮想通貨)である。2022年4月に大統領府が法定通貨採用を発表。

中央アフリカ共和国(ちゅうおうアフリカきょうわこく、フランス語: République centrafricaineサンゴ語: Ködörösêse tî Bêafrîka)、通称中央アフリカは、アフリカ中央部にある国家である。北東はスーダン、東は南スーダン、南はコンゴ民主共和国、南西はコンゴ共和国、西はカメルーン、北はチャド国境を接する内陸国首都バンギである。

人口は492万人ほどで、独立以来クーデターが多発しており政情は常に不安定の状態である。その影響から経済は低迷し続けており、後発開発途上国あるいは失敗国家のひとつに数えられる。

2013年、反政府軍の侵攻によって当時のボジゼ政権が崩壊して以降、中央政府の支配は微弱なものにとどまっており、各地に割拠した武装勢力の抗争が続いているため、治安の悪化も深刻となっている。

国名

正式名称はフランス語でRépublique centrafricaine(レピュブリク・サントラフリケーヌ)。通称Centrafrique(サントラフリク)。

英語ではCentral African Republic、略称はCAR。日本語の表記は中央アフリカ共和国。通称中央アフリカ。植民地時代の名称はウバンギ・シャリ (Oubangui-Cha-ri)。

歴史

19世紀まで

中世におけるアフリカの主要奴隷貿易路

17世紀以降、チャド湖周辺地域に割拠するカネム・ボルヌ帝国バギルミ王国英語版、その東に広がるワダイ王国ダルフール王国といった諸国は、アラブ人の奴隷貿易におけるサブサハラ地域の主要な奴隷供給地であったウバンギ川流域への侵攻を繰り返した。一方、19世紀にはこれら諸国の隣接地域から、戦闘や奴隷狩りを逃れるためウバンギ川流域への人口流入がおこり、北からはバンダ人英語版が、西からはフラニ戦争を逃れたバヤ人が移住して来た。また、南東部にはアザンデ人が移住してきた。

植民地化

1885年ベルリン会議でアフリカ大陸内陸部の分割が本格化する中、1887年フランスベルギーレオポルド2世と協定を結び、ウバンギ川右岸を自国領域と認めさせた。さらにフランスは1889年に前哨基地(現バンギ)を建設し、1894年、この地域はフランス領ウバンギ・シャリとなった。1910年にはウバンギ・シャリはフランス領コンゴ、フランス領ガボンとともにフランス領赤道アフリカを構成するようになった[4]。1946年にはフランス本国議会への代表選出権を獲得し、1958年にはフランス第五共和国憲法国民投票に賛成、フランス共同体内の自治共和国となり国名を中央アフリカ共和国と改称した。自治共和国首相のバルテレミー・ボガンダは内相のダヴィド・ダッコや蔵相のアベル・グンバらを登用し国作りを進めたが1959年に飛行機事故で死亡し、ボガンダの後任にはダッコが就いた[5]

独立・ダッコ政権

1960年8月にフランスから独立し、ダッコはそのまま中央アフリカの初代大統領に就任した。ダッコ政権は就任後すぐに独裁化し、グンバなどの野党政治家を弾圧、1961年には一党制を敷いた[5]

クーデター・ボカサ政権

ジャン=ベデル・ボカサ

1965年12月、ダッコ大統領のいとこで当時国軍の参謀総長だったジャン=ベデル・ボカサ中佐による軍事クーデターが起こり、ダッコ政権が転覆。1966年1月、ボカサ中佐が大統領に就任し独裁政治を始めた。ボカサは独裁を強めていき、1972年には終身大統領を宣言、1976年12月には皇帝に即位して、中央アフリカ帝国初代皇帝ボカサ一世を称した。即位1年後の1977年12月4日、ボカサ皇帝は約65億円(2000万ドル)[6]という国家予算の1/4に相当する国費をつぎ込み、贅を尽くしたフランス風の戴冠式英語版を行った[7]。しかし国内では1979年1月には学生の反対デモに対し軍が発砲、多数の死傷者を出すなど、ボカサの暴政に対する批判の声が高まる一方となっていた[8]

クーデター・ダッコ政権

1979年9月、ボカサ皇帝の外遊中にフランスが軍事介入を行い、前大統領ダッコを復帰させてボカサを追放し、共和制を復活した[9]。復帰したダッコは新憲法の制定や複数政党制の導入などを行い、1981年3月の選挙ではダッコがアンジュ・フェリクス・パタセらに辛勝して大統領に就任した。しかし対立候補支持派による反政府デモが頻発してすぐに非常事態宣言が出され、ダッコ政権は再び独裁を強めていった[10]

クーデター・コリンバ政権

こうした中、1981年9月1日、アンドレ・コリンバ国軍参謀総長によるクーデターが発生し、ダッコ大統領はカメルーンに亡命した。コリンバは憲法と議会を停止し軍事政権を樹立して、1982年と1983年の2度のクーデター未遂をくぐり抜け、1986年には一党制を敷くとともに民政移管を行った。しかしアフリカ諸国の民主化の中で、中央アフリカでも民主化デモが盛んに行われるようになり、1991年にコリンバは複数政党制を導入した[7]。しかしこの時期には財政難によって軍の給与が滞るようになり、1993年5月には給与支払いを求め一時反乱を起こした[11]

パタセ政権

1993年9月の選挙でコリンバは落選し、アンジュ・フェリクス・パタセが大統領に就任した。しかし財政難と給与未払いは解消しなかったため軍は不満を強めていき、1996年以降軍は繰り返し反乱を起こすようになった。国内の混乱は収まらず騒乱状態となり、1998年には国際連合中央アフリカ共和国ミッション(MINURCAT)による多国籍軍の駐留が行われた[12]。1999年の大統領選挙で、パタセは再選された。

クーデター・ボジゼ政権

2003年、チャドのイドリス・デビ大統領の支援を受けたフランソワ・ボジゼがパタセ大統領が国外にいる間に権力の掌握に成功して大統領に就任した。2004年には北東部で反乱軍が蜂起し、中央アフリカ共和国内戦英語版2007年まで継続したが、一方でボジゼは2005年と2011年の選挙で再選された。

クーデター・セレカ政権

2012年12月、反政府武装勢力CPSK-CPJP-UFDRの連合体であるセレカが北部および東部の広域を掌握していった[13]。翌年3月には、1月の和平合意を履行しなかったとしてボジゼ政権への攻撃を再開し、24日首都のバンギを制圧した[14]。ボジゼ大統領は隣国コンゴ民主共和国へと脱出し中央アフリカの旧宗主国であるフランスはバンギ空港を確保した。

セレカの主導者ミシェル・ジョトディアが自ら暫定大統領に就任して軍事政権を樹立し、3年後の選挙までニコラ・チャンガイ英語版首相が政権を担うことになった。だが、アフリカ連合はセレカによる首都制圧を非難、加盟国に対し「結束した断固たる行動」を求めた。4月、ジョトディアはアフリカ連合の要求を受け入れ、暫定評議会を設置。ほかに候補者がいないなかで、暫定評議会から大統領に選出された。8月、宣誓式が行われ正式にジョトディアが大統領に就任した[15]。ジョトディア大統領は、中央アフリカの歴史上初めてのイスラム教徒の大統領であった。

無政府期

2013年9月にはジョトディア大統領によりセレカの解散が行われたが、単に非合法化されただけで武装組織そのものは温存された。セレカやジョトディア政権に統治能力はなきに等しく、一般市民への弾圧や新たに登場したキリスト教系武装組織、アンチ・バラカ英語版などとの抗争は続き、次第に国内は無政府状態に近い状況に陥った。首都のバンギでも、イスラム教とキリスト教の対立が激化していった。数百人規模の死者が出る状態となったため、2013年12月5日には国際連合PKOである中央アフリカ支援国際ミッションの派遣が可決され、旧宗主国のフランスやアフリカ連合の治安維持を目的とした派遣軍の軍事介入を受けた[16]。2014年1月10日、混乱を収拾するためにジョトディア大統領とチャンガイ首相が辞任した[17]。2014年2月には、評議会内の選挙によりカトリーヌ・サンバ=パンザが大統領に選出され、キリスト教徒の立場から国内融和に乗り出した[18]

2014年2月、国際刑事裁判所 (ICC) の検察官が政治的な混乱の中で行われた人道に対する罪の予備調査を開始、同年4月10日、国連安全保障理事会は中央アフリカにおいて、国外から派遣軍を倍増させる11,800人規模の平和維持活動部隊 (PKO) を発足させる決議案を全会一致で採択。フランス軍に事実上の指揮権を与えた[19]

トゥアデラ政権と内戦の継続

2014年7月にはセレカとアンチ・バラカ英語版が停戦合意し、2015年5月に国民和解フォーラムが開かれ少年兵350人が解放された[20]。2015年12月から2016年3月にかけ大統領選挙、議会選挙、憲法草案の国民投票が行われ、フォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラ大統領が就任し民政復帰が完了する[21]。セレカは自らの本拠である北部や東部へと撤退したのちいくつかの勢力に分裂し、西部を拠点とし中部に進出したアンチバラカとの間で国土は二分されるようになった[22]

2017年からはAU主導の調停メカニズム「アフリカ・イニシアティブ」が設置されたものの[21]、国内各武装勢力は軍事衝突や市民への暴行を繰り返し、同年5月だけで数百人の死亡が確認された[23]。さらに同年6月には中部で武力衝突が起き[24]、8月には全土に拡大[25]。2018年2月にも北西部で激しい戦闘が起きた[26]。4月には国連軍と武装勢力が首都バンギで衝突する[27]など混乱は全く終息せず、5月には人口450万人のうち国外難民が57万人、国内難民が67万人に達し、全人口の4分の1が難民となっていた[28]。2019年2月には政府と14の武装勢力で和平合意の署名が完了したものの[21]国内情勢はなおも混乱しており、12月25日から26日にかけては武装勢力と地元商人が首都バンギで衝突し多数の死者を出した[29]

2020年12月、反政府勢力である変革のための愛国者同盟(CPC)は、同年12月27日に行われる大統領選と議会選を前に一時的な停戦を発表したが、選挙直前の12月25日に突然撤回。首都を掌握するという最終目標に向けて進軍を再開すると発表した[30]

2021年1月13日には反政府勢力が首都を攻撃したが、国際連合中央アフリカ多次元統合安定化派遣団(MINUSCA)の部隊が反撃、撃退した。同年1月18日、憲法裁判所はトゥアデラ大統領の再選を発表したが、治安の悪さなどから大統領選に投票したのは有権者3人に1人にとどまった[31]

政治

2013年3月まで

中央アフリカは共和制大統領制をとる立憲国家である。民政復帰前の憲法2004年12月5日に制定され、同月27日より施行されたもの。

国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出され任期は5年。3選は禁止されている。首相は総選挙の結果に基づき、国民議会が選出する。内閣に相当するものとして閣僚評議会が設置されている。

議会は一院制で、正式名称は国民議会。定数109議席で国民議会議員は直接選挙で選出され、任期は5年である。

主要政党としては、ボジゼ元大統領政権の事実上の与党である国民集合クワ・ナ・クワ(KNK, ボジゼ自身は党員ではなく無所属)、パタセ前大統領の所属する中央アフリカ人民解放運動 (MLPC)、コリンバ元大統領が率いる中央アフリカ民主連合 (RDC) の3党が挙げられる。他には社会民主党 (PSD)、進歩愛国戦線 (FPP)、民主進歩同盟英語版 (ADP)、新進歩同盟 (NDP) といった小政党がある。

反政府武装勢力として「民主復興人民軍英語版」(APRD) があり、主に北部を拠点に活動している。

最高司法機関は最高裁判所 (Cour suprême) である。憲法裁判所も存在する。

トゥアデラ大統領とアメリカオバマ大統領夫妻。

2013年3月以降

2013年3月、セレカの首都進攻により初めてイスラム政権が誕生した。同年中に2004年に制定された憲法は廃止され、2015年まで有効とする暫定憲法が公布された。議会も解散し、新たな議会として暫定評議会、次いで国民移行評議会(135議席)が設置された。評議会は大統領を選出する機能を有しており、2014年2月には会内の選挙によりサンバ=パンザを新しい大統領として選出している。2015年12月から2016年3月にかけて大統領選挙と国民議会選挙を実施し、現在のトゥアデラ大統領が就任した。

2016年民政復帰以降

中央アフリカは共和制大統領制をとる立憲国家である。現行の憲法は民政復帰で採択されたもの[32]。2016年2月にはフォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラを新しい大統領として選出している。2019年2月に政府と14の武装勢力の間で和平合意署名が結ばれた。CPCによる攻撃的活動は依然として継続しているが、トゥアデラ大統領は2022年12月に2019年の和平合意に署名した武装勢力4団体の解体式典を開催した。さらに2023年4月に合意に署名した武装勢力を含む武装勢力5団体の解体式典を開催した。[33]

2023年7月に新憲法草案に対する国民投票が行われ、憲法裁判所が国民投票での賛成多数による採択を宣言した。新憲法では、大統領任期の5年から7年への変更、副大統領の新設、国民議会による一院制等が規定されている。[34]

国家安全保障

同国軍は地上部隊(航空部隊を含む)、憲兵隊、および国家警察で構成されている。選抜徴兵制が取られており、任期は2年である。

地方行政区分

中央アフリカ共和国の州

2021年1月以降、20の州(県とも)に分けられている。また州はさらに84の(地区、支庁)に分けられる[35]

主要都市

中央アフリカ最大の都市は首都のバンギである。バンギはウバンギ川の遡航限界点にあり、政治経済の中心であるほか、大規模な河港が存在して貿易もさかんであり、西のビンボなどの衛星都市も合わせた都市圏人口は79万人(2015年)に達する[36]。バンギ市の規模は国内で突出しており、人口10万人を超える都市は他に存在しない。

地理

中央アフリカ共和国の地図
バンギ近くのウバンギ川

国土面積は約623千平方kmで、アメリカのテキサス州よりやや小さい。国土の大部分が海抜600m程度の緩やかな高原となっており、国土中央部を東西に分水界が走っている。この分水界の北は広義のチャド盆地に属し、シャリ川水系となっている。シャリ川は国土中央部に端を発し、北流してチャド湖へと流れ込むほか、この水系に属するロゴーヌ川などいくつかの支流も同様に北流する。分水界の南側はコンゴ川水系であり、広義のコンゴ盆地に属する。コンゴ川最大の支流であるウバンギ川はコンゴ民主共和国との国境をなすほか[37]、バンギまでは大型船舶の遡航が可能であり、重要な交通路となっている。この両河川は同国にとって非常に重要であり、植民地時代の「ウバンギ・シャリ」という植民地名はこれに由来する。このほか、西部にはやはりコンゴ川の支流であるサンガ川が流れている。

北東部にはボンゴ山地が聳え立つ。また北西部にも山地が存在し、カメルーン国境に位置するンガウィ山(標高1,410m)は中央アフリカの最高峰となっている。

気候

降水量は緯度にほぼ比例し、南部ほど降水量が多く北に向かうほど乾燥していくが、国土の大部分はサバナ気候(Aw)となっている。ただし国土南端のウバンギ川沿いや南西部は一部に熱帯モンスーン気候(Am)の地域があり、また最も乾燥した北東端はステップ気候(BS)となっている。

植生もこれにほぼ準じ、中部から北部にはサバンナが広がり、南部に全土の8%程度の熱帯雨林がある[37]

経済

首都バンギ

第一次産業が主であるが、主に中部から北西部で栽培される綿花が輸出の5.8%(2013年)を占め[38]、やや重要であるほかはめぼしい輸出品がない。農民の大部分は自給農業に携わっており、キャッサバヤムイモタロイモプランテンバナナタバコなどを主に栽培している。

中央アフリカの一次産業で有力なものは南部密林を中心とする林業であり、木材の輸出は2013年に39.9%[38]、2015年にも19.0%[38]といずれも第2位を占めている。

中央アフリカの輸出品は鉱業分野に偏っており、ダイヤモンドウランなどさまざまな鉱産資源を産出するが、中でも最も重要なのはダイヤモンドであり、2013年には輸出の45.7%を占めていた[38]。しかし同年5月に紛争ダイヤモンドの輸出を規制するキンバリー・プロセスによってダイヤモンド輸出が禁止された。その後、2016年5月には情勢の好転した西部のベルベラティ市周辺産出のダイヤモンドに限り輸出が許可されたものの、紛争の続く国土の大部分からの輸出は未だに禁止されている[39]。ダイヤモンド産出は南西部および中部に集中している[22]。日本には木材等が輸出されている。

主要な輸出先はベルギー中国、ドイツ、アラブ首長国連邦、輸入先はフランス、アメリカ、オランダ、中国の順(2013年)となっている[38]。しかし内陸国であるため資源の輸送費は高くつき、ウラン利権も関係した政情不安が度重なっている[40]。また経済も大きな打撃を蒙り低迷が続いていて、人口の9割は一日2ドル以下で生活している状況である。激しい内戦と国家崩壊のあおりを受けて、経済成長率は2013年には-36%にまで落ち込んだが、その後は年率5%程度にまで回復している[38]。政府歳入が不足しているため、1990年代より[11]政府職員の給与不払いが慢性化しており[38]、政府の機能不全やたび重なるクーデターの一因となっている。

2022年4月には仮想通貨であるビットコインを法定通貨に加える法律案が全会一致で議会で可決され、4月27日に大統領府が承認したと発表した[3]。また同年7月4日に中央銀行デジタル通貨としてサンゴコイン(Sango Coin)を発表した[41]。サンゴコインはビットコインの価値に裏付けられた暗号通貨と説明されているが、仕組みなど詳細は明かされていない[42]。サンゴコインは発行が開始されたが、開始数時間で購入されたのは目標の5%強と伸び悩んでいる[43]

交通

首都バンギを通行するトラック

国内に鉄道は存在せず、道路も首都からのわずかな区間を除き、ほとんどは未舗装のままとなっている。なかでも国外へ抜ける道路は主要経路であると同時に重要な貿易ルートであるが、どのルートも舗装されていない[44]

ウバンギ川の航行は下流からバンギまでは可能である。バンギ港はコンゴ川の水運でコンゴ民主共和国のキンシャサやコンゴ共和国のブラザヴィルとつながっており、さらにそこから鉄道で大西洋へと抜けることができるため重要な貿易ルートとなっているが、両コンゴの政情不安や鉄道の能力不足により十分に機能しているとは言いがたい。

このためバンギから西へ進みカメルーンヘ抜けるルートがかわって主流となったが[45]、このルートも舗装はされていない。また、2013年以降の内戦によって陸路はいずれも危険なものとなった。

空運は首都にバンギ・ムポコ国際空港が存在し、近隣諸国から航空便が就航している。

国際関係

日本との関係

  • 在留日本人数 - 1人(2023年8月現在)[46]
  • 在日中央アフリカ人数 - 14人(2022年12月現在)[47]

ロシアとの関係

トゥアデラ政権樹立後、大統領の身辺警護や政府軍の訓練にロシアが深く関わっており、民間軍事会社ワグネル・グループの活動も確認されている[48]。2018年7月31日にはワグネルの調査を行っていたロシア人記者3名が死亡する事件が発生した[49]。なお、2023年のワグネルの反乱後、ロシア国内では中央アフリカからワグネルが撤収したとの報道もなされた[50]

2022年2月にロシアがウクライナへ侵攻を開始し、3月3日に国際連合緊急特別総会で採択されたロシア非難決議(ES-11/1、ES-11/2)では中央アフリカは棄権した[51]。またロシアのドネツク人民共和国およびルガンスク人民共和国の国家承認を、トゥアデラ大統領が支持を表明したとロシアの国営通信社RIAノーボスチが報じている[52]

国民

ウハム・ペンデ州の女性グループ

人口

中央アフリカの国土は古くから非常に人口密度が低い[53]。人口は1962年に125万人[54]、1988年には253万人、1994年には318万人[55]、2017年には466万人[36]と急増を続けているが、それでも国土全体の人口密度の低さは変わらず、なかでも東部は飛び抜けて人口密度が低い[56]

国勢調査は独立以降3回実施されており、直近は2003年で総人口は3,895,139人であった。その後は内戦によって実態を掴むことが難しくなり、統計機関の中央アフリカ統計経済社会研究所(ICASEES)は平均2.5%の割合で増加しているとして総人口を推計してきた。2020年で総人口は530万人と推定されている[57]

ICASEESは2022年に予定されている国勢調査に向けてディジタルマッピングを実施し、2022年3月7日に発表された結果によると総人口は6,091,097人であった。なお45のコミューンはセキュリティの問題からマッピングが見送られたため、今後も増える可能性がある。今回のマッピングは不完全な結果ではあるものの、実人口が推定人口よりも大幅に多いことを示している。マッピングの費用を提供した世界銀行の常駐代表Han Fraetersは、より確実な結果を得るために国勢調査の重要性を訴えた[58]

民族

住民は、アダマワ・ウバンギ系言語英語版を話す民族が中心である。主な民族は、バイヤ族英語版 (33%)、バンダ族英語版 (27%)、マンディア族英語版 (13%)、サラ族英語版 (10%)、ムブーム族 (7%)、ムバカ族 (4%)、ヤコマ族英語版 (4%)、その他 (2%) である[59]

言語

言語は公用語がフランス語である。日常生活では、フランス語とアダマワ・ウバンギ系言語英語版ンバンディ語英語版が混淆して形成されたサンゴ語というクレオール言語が事実上の共通語となっている。

宗教

サン=ピエール・クラバー大聖堂

宗教は、伝統的宗教が24%、プロテスタントが25%、ローマ・カトリックが25%、イスラム教が15%、その他が11%である。宗教対立は従来ほとんど存在しなかったが、2013年に北部のイスラム教徒を主体とするイスラム系武装勢力「セレカ」(Séléka)が首都バンギに侵攻し、キリスト教徒主体の住民を迫害する一方でイスラム教徒を保護したうえ、さらにこれに対抗して結成されたアンチバラカがキリスト教徒の保護とイスラム教徒の迫害を行ったため、わずかな期間で両宗教間の敵意は急速に増大した[60]

教育

同国の教育制度は宗主国であったフランスをモデルとしている面がある。義務教育は6歳から14歳までで[61]、識字率は36.8%(2015年)である[62]。しかし2013年以降激化する内戦によって児童の70%が通学が不可能になり、教育システムに大きな打撃を与えた[63]。2017年時点でも、学校の20%は休校したままとなっている[64]

保健

治安

現在、治安状態は非常に不安定であり、周辺国から注意喚起の放送が発信されている。同国の治安はボジゼ政権の崩壊をはじめ、宗教を中核とする武装勢力の誕生とその勢力との抗争などが起き続け、極めて劣悪なものとなっている。その為、国内全域に渡って渡航の中止を求める呼び掛けが続いている。2019年12月には民兵組織と商人が衝突し、30人が死亡する事件が発生している[29]

マスコミ

文化

中央アフリカ共和国の農村

食文化

文学

小説家詩人であるエティエンヌ・ゴイエミデ英語版を輩出した事で知られている。

音楽

世界遺産

中央アフリカ国内にはユネスコ世界遺産リストに登録された自然遺産が2件存在する。

祝祭日

日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 Nouvel an
3月29日 独立の父バルテレミー・ボガンダ命日 Décès du Fondateur Barthélemy Boganda
8月13日 独立記念日 Fête de l'Indépendance
12月1日 国の祝日 Fête nationale, jour de défilé sur l'Avenue des Martyrs

スポーツ

中央アフリカ共和国ではサッカーが圧倒的に1番人気のスポーツとなっているが、サッカー中央アフリカ代表FIFAワールドカップおよびアフリカネイションズカップへの出場歴はない。

脚注

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2022年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年11月7日閲覧([1]
  3. ^ a b “中央アフリカが法定通貨にビットコイン採用、世界で2カ国目”. ロイター. (2022年4月28日). https://jp.reuters.com/article/centralafrica-economy-bitcoin-idJPKCN2MJ28C 2022年4月28日閲覧。 
  4. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.381-382、朝倉書店 ISBN 4254166621
  5. ^ a b 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、135-136ページ ISBN 4-7947-0523-9
  6. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 p.376
  7. ^ a b 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.382、朝倉書店 ISBN 4254166621
  8. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、300-301ページ ISBN 4-7947-0523-9
  9. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、301-302ページ ISBN 4-7947-0523-9
  10. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、351-352ページ ISBN 4-7947-0523-9
  11. ^ a b 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、481ページ ISBN 4-7947-0523-9
  12. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、483ページ ISBN 4-7947-0523-9
  13. ^ “反政府勢力に不安募らせる市民、仏大使館前で暴徒化 中央アフリカ共和国”. AFP通信. (2012年12月27日). https://www.afpbb.com/articles/-/2918156 2021年8月30日閲覧。 
  14. ^ Panika, Christian; Marboua, Hippolyte (2013年3月25日). “中央アフリカ、反政府勢力が首都制圧”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/2935644 2021年8月30日閲覧。 
  15. ^ “ジョトディア大統領就任=中央アフリカ”. 時事通信. AFP通信. (2013年8月18日). オリジナルの2013年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/AkAsQ 2013年10月13日閲覧。 
  16. ^ Cariou, Michel; Fort, Patrick (2013年12月8日). “フランスとアフリカ連合、中央アフリカへの派遣部隊を増強”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3004693 2021年8月31日閲覧。 
  17. ^ Feuillatre, Cecile (2014年1月12日). “中央アフリカ、大統領辞任後に暴力行為が続発”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3006348 2021年8月31日閲覧。 
  18. ^ Feuillatre, Cecile; Panika, Christian (2014年1月21日). “中央アフリカの暫定大統領に首都市長、同国初の女性大統領”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3006910 2021年8月31日閲覧。 
  19. ^ 草野, 和彦 (2014年4月11日). “中央アフリカ:安保理、PKO部隊発足を採択”. 毎日新聞. オリジナルの2014年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140422232215/http://mainichi.jp/select/news/20140411k0000e030205000c.html 2014年4月21日閲覧。 
  20. ^ “中央アフリカの武装勢力、少年兵ら350人を解放 ユニセフ”. AFP通信. (2015年5月15日). https://www.afpbb.com/articles/-/3048628 2021年8月31日閲覧。 
  21. ^ a b c 中央アフリカ共和国基礎データ”. 外務省 (2023年2月15日). 2023年3月22日閲覧。
  22. ^ a b 「戦火に苦しむ中央アフリカ」p120-121 ナショナルジオグラフィック日本版2017年5月号
  23. ^ “中央アフリカでレイプや殺人横行、大量虐殺の可能性も 国連報告書”. AFP通信. (2017年5月31日). https://www.afpbb.com/articles/-/3130250 2021年8月31日閲覧。 
  24. ^ Jendoubi, Saber; Hauchard, Amaury (2017年6月22日). “中央アフリカで武装集団が衝突、100人死亡 「停戦」あえなく破綻”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3132937 2021年8月31日閲覧。 
  25. ^ Hauchard, Amaury (2017年8月9日). “中央アフリカ、赤十字職員ら60人死亡 「ジェノサイドの兆候」”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3138623 2021年8月31日閲覧。 
  26. ^ Bouessel, Charles (2018年2月2日). “中央アフリカ、武装集団抗争の悪夢 数万人が避難”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3159767 2021年8月31日閲覧。 
  27. ^ Bouessel, Charles (2018年4月12日). “中央アフリカ首都で国連部隊と武装集団が衝突、19人死亡”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3170925 2021年8月31日閲覧。 
  28. ^ “中央アフリカ、紛争により人口4分の1が避難民化 国連発表”. AFP通信. (2018年5月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3176553 2021年8月31日閲覧。 
  29. ^ a b “中央アフリカで民兵組織と商人が衝突、30人死亡”. AFP通信. (2019年12月27日). https://www.afpbb.com/articles/-/3261403 2021年8月31日閲覧。 
  30. ^ “中央アフリカの反政府勢力、選挙を前に停戦撤回 首都へ進軍”. AFP通信. (2020年12月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3323483 2021年8月31日閲覧。 
  31. ^ “中央アフリカ、緊急事態を宣言 武装勢力が首都包囲 PKO増員要請も”. AFP通信. (2021年1月22日). https://www.afpbb.com/articles/-/3327788 2021年8月31日閲覧。 
  32. ^ 中央アフリカ:新憲法に免責の余地を残すな”. アムネスティ・インターナショナル日本. 2019年9月10日閲覧。
  33. ^ 外務省 中央アフリカ共和国一般事情”. https://www.mofa.go.jp/mofaj/.+2023年3月19日閲覧。
  34. ^ 外務省 中央アフリカ共和国一般事情”. https://www.mofa.go.jp/mofaj/.+2024年3月19日閲覧。
  35. ^ La Centrafrique dispose désormais de 20 préfectures et de 84 sous-préfectures” (フランス語). Oub@ngui médias (2020年12月11日). 2022年8月9日閲覧。
  36. ^ a b 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行
  37. ^ a b 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.379、朝倉書店 ISBN 4254166621
  38. ^ a b c d e f g 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成30年1月10日発行
  39. ^ Koursany, Fleury (2017年8月17日). “ダイヤ輸出再開 中央アフリカ経済復興に新たな光 「おかげで妻3人養える」”. SankeiBiz. Bloomberg: p. 2. https://web.archive.org/web/20191229145041/https://www.sankeibiz.jp/macro/news/170817/mcb1708170500006-n2.htm 2021年8月31日閲覧。 
  40. ^ ウィキリークス The New Dirty War for Africa's uranium and mineral rights 2016-02-05
  41. ^ Central African Republic President: Crypto is key to financial inclusion”. ロイター (2022年7月4日). 2022年8月9日閲覧。
  42. ^ 中央アフリカ共和国、ビットコイン裏付けの暗号資産「サンゴコイン」発行へ”. あたらしい経済 (2022年7月4日). 2022年8月9日閲覧。
  43. ^ Central African Republic's digital coin finds few buyers”. ロイター (2022年7月26日). 2022年8月9日閲覧。
  44. ^ 「地図で見るアフリカハンドブック」p122 ジェロー・マグラン、アラン・デュブレッソン、オリヴィエ・ニノ著 鳥取絹子訳 原書房 2019年4月5日第1刷
  45. ^ 中央アフリカ共和国・国道3号線舗装計画(第1、第2フェーズ)”. ODA個別評価報告書. 外務省. 2021年8月31日閲覧。
  46. ^ 外務省 中央アフリカ共和国一般事情”. https://www.mofa.go.jp/mofaj/.+2024年3月19日閲覧。
  47. ^ 外務省 中央アフリカ共和国一般事情”. https://www.mofa.go.jp/mofaj/.+2024年3月19日閲覧。
  48. ^ アフリカの半分、ロシア非難に加わらず どれだけ深い関係が?”. 朝日新聞GLOBE+ (2022年5月20日). 2022年8月9日閲覧。
  49. ^ ロシア人記者3人殺害される、民間軍事会社の調査中 中央アフリカ”. CNN (2018年8月2日). 2022年8月9日閲覧。
  50. ^ ワグネル、アフリカから撤収か 反乱収束2週間、まだ見えぬ完全決着”. 朝日新聞DIGITAL (2023年7月8日). 2023年7月9日閲覧。
  51. ^ 国連総会のロシア非難決議 反対・棄権は計40か国”. NHK (2022年3月3日). 2022年8月9日閲覧。
  52. ^ Признание ДНР и ЛНР позволит предотвратить насилие, заявил президент ЦАР”. RIAノーボスチ (2022年4月4日). 2022年8月9日閲覧。
  53. ^ 「地図で見るアフリカハンドブック」p120 ジェロー・マグラン、アラン・デュブレッソン、オリヴィエ・ニノ著 鳥取絹子訳 原書房 2019年4月5日第1刷
  54. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p357 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  55. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.380、朝倉書店 ISBN 4254166621
  56. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p216 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  57. ^ Centrafrique : les opérations de la cartographie du 4ème recensement en 2021 prévues par ICASEES”. ICASEES (2020年1月26日). 2022年9月10日閲覧。
  58. ^ La population centrafricaine pourra passer à plus de 6 millions selon les résultats de la Cartographie numérique du RGPH4”. Oub@ngui Media (2022年3月9日). 2022年8月10日閲覧。
  59. ^ 中央アフリカ共和国についての情報”. iWorldAtlas.com. 2018年5月13日閲覧。
  60. ^ 武内進一「論考:中央アフリカにおける国家の崩壊」『アフリカレポート』第52巻、アジア経済研究所、2014年、24-33頁。 
  61. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.389、朝倉書店 ISBN 4254166621
  62. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行
  63. ^ 中央アフリカ共和国:7割が学校に戻れず”. 世界の子どもたち. 日本ユニセフ協会 (2013年10月18日). 2021年8月31日閲覧。
  64. ^ 中央アフリカ共和国 過酷な1年、改善の見込み絶たず 5人に1人が難民・避難民に 130万人の子どもが緊急支援を必要』(プレスリリース)日本ユニセフ協会、2017年12月19日https://www.unicef.or.jp/news/2017/0278.html2021年8月31日閲覧 

関連項目

外部リンク


自動車

(car から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/24 03:08 UTC 版)

(じどうしゃ、英: automobilemotorcarmotor vehiclecar)は、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条架線を用いずに上を走る[1][2][3][4][5][6]。広義には自動二輪車オートバイ)も含むが、本項では四輪自動車について述べる。


注釈

  1. ^ en:taxiなど。
  2. ^ 1907年には純国産の実用化されたガソリン車が開発されている。
  3. ^ 手前からBMW・328アルファロメオ・8C
  4. ^ 手前がジャガー・Cタイプ、左奥がジャガー・XK120、右奥がポルシェ・356
  5. ^ 手前からアルファロメオ・TZマセラティ・250Sフェラーリ・250GT SWBアストンマーティン・DB4
  6. ^ 別名スラブサイド、フルワイズ、ポントンボディ。フェンダーとボディが独立せず、一体になっている構造のこと。
  7. ^ ボディ表面から突起や凹凸をなるべく少なくして、空力特性や見栄えを向上させる構造のこと。1970年代のウェッジシェイプ化に伴って注目されはじめ、1980年代から量産車にも普及。2020年現在までの主流となっている。
  8. ^ 1980年代から普及した、丸型や角型以外の形状をしたヘッドライトのこと。1980 - 1990年代までは、主に横長の長方形台形、或いは楕円形のようなデザインが多かった。ヘッドライトカバーがガラス製から樹脂製に変わったことで、より複雑な形状が見られるようになる。
  9. ^ この場合の「自動車」とは、趣味・娯楽として利用される「自動車」のこと。
  10. ^ このサイトは、統計調査をやる場合に絶対に示すべき母集団に関するデータ(調査対象人数(わずか10~20人程度なのか、1000人なのか、1万人なのか)、調査対象の属性、調査場所(ウェブなのか、紙媒体なのか、店頭なのか))などを全く明かしていない。このような基礎データすら明かしていない状態で主張されている数値の信憑性はかなり低い。
  11. ^ ただし近年のF1については、レギュレーションの変更や技術の向上などによってエンジン音の静音化が進んでおり、この音の変化に対して否定的な意見を持つ者もいる[125]
  12. ^ 出典元に記載がないため、記載されている台数と台湾の頁の人口より算出。
  13. ^ Google Mapでロサンゼルスの午前6時版から午前9時半、午後3時から午後7時の間のトラフィックを見るとピーク時には大半の高速道路で渋滞が見られる。

出典

  1. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  2. ^ 三省堂大辞林』第3版. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  3. ^ 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  5. ^ 平凡社百科事典マイペディア』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 高島鎮雄伊東和彦、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “自動車”. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。
  7. ^ 石綿, 敏雄山田, 俊雄 編『角川最新国語辞典』(再版)角川書店、1989年10月(原著1987年2月)。ISBN 4-04-012300-X 
  8. ^ a b c d e f g h i 自動車誕生から今日までの自動車史(前編)”. GAZOO.com. トヨタ自動車. 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ The History of the Automobile - Steam Cars, About.com
  10. ^ a b c d 浅井建爾 (2015), p. 56.
  11. ^ 熱力学とエンジンの話日機連かわら版162号 2020年8月3日
  12. ^ a b 『ポプラディア大図鑑 WONDA 自動車・船・飛行機』(2014年7月、ポプラ社発行)132 - 133ページ『自動車の歴史』より。
  13. ^ 「自動車、そして人」p21 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷
  14. ^ [1]
  15. ^ 「自動車、そして人」p122 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷。
  16. ^ コスモMyカーリース「車の維持費って年間でいくら必要?」
  17. ^ 【自家用車にかかる費用についての調査】月々の費用負担は1~2万円が33.9%、1万円未満が27.9%。
  18. ^ 「ライドシェア」24年4月に限定解禁 全面導入に業界抵抗”. 日本経済新聞 (2023年12月20日). 2024年2月4日閲覧。
  19. ^ 2025年までにガソリン車/ディーゼル車販売禁止の法律提出 - オランダ”. マイナビニュース (2016年4月19日). 2019年9月3日閲覧。
  20. ^ 「2025年までにガソリン車を全廃」ノルウェーの政党間で合意へ イーロン・マスク氏も歓迎”. ハフポスト (2016年6月7日). 2019年9月3日閲覧。
  21. ^ http://irorio.jp/daikohkai/20161013/356840/
  22. ^ 「空飛ぶクルマ」開発、目指すは東京五輪聖火台読売新聞』朝刊2017年8月29日(経済面)
  23. ^ [「エンジン付き移動式ピクニックテーブル」の使用が西オーストラリアで深刻な問題に https://buzzap.jp/news/20151119-motorised-picnic-table/]
  24. ^ a b c d e f g 第87類「鉄道用及び軌道用以外の車両並びにその部分品及び附属品 」財務省関税局 、2020年6月25日閲覧。
  25. ^ S&Eブレーキ株式会社 ブレーキ雑学講座 「雑学講座42 ディスクブレーキとドラムブレーキ」
  26. ^ a b c アウトバーンとハイウェイ(1933年)”. GAZOO. トヨタ自動車 (2015年4月17日). 2020年7月5日閲覧。
  27. ^ 近代における道路政策”. 国土交通省HP. 国土交通省. 2020年7月5日閲覧。
  28. ^ パトカーの活動状況”. 警視庁HP. 警視庁 (2016年8月23日). 2020年7月7日閲覧。
  29. ^ 知っておきたい! 近づいてくる救急車のよけ方”. GAZOO. トヨタ自動車 (2019年9月10日). 2020年7月7日閲覧。
  30. ^ 出典として挙げてあるサイトは、百科事典の出典としては不適切。 白洲次郎、S.マックイーン、J.レノン……いいオトコが愛したクルマたちとは?”. LEON. 主婦と生活社 (2017年4月22日). 2020年7月7日閲覧。
  31. ^ a b c 米欧カーカルチャーはなぜ違う?──ボンジョルノ西川淳のコラム・スペチアーレ 貴族趣味 vs カジュアル”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2017年6月19日). 2020年7月5日閲覧。
  32. ^ グッドウッド・リバイバル・ミーティング2019に見る、ヨーロッパ自動車文化の奥深さ”. GENROQ Web. 株式会社三栄 (2019年9月23日). 2020年7月5日閲覧。
  33. ^ 特集 カッコイイを考える <徳大寺有恒とジャガー の関係性>”. ahead magazine archives. 株式会社レゾナンス. 2020年7月10日閲覧。
  34. ^ a b モータースポーツ讃歌 —サーキットはジェントルマンの社交場である”. VISIONARY MAGAZINE BY LEXUS. レクサス (2017年8月25日). 2020年7月5日閲覧。
  35. ^ 美しくとも危険な芳香漂う---男の生き様は名車と共に!切っても切れない車と男の関係性”. MEN'S Precious. 小学館 (2019年10月31日). 2020年7月29日閲覧。
  36. ^ a b 【マッキナあらモーダ!】第334回:”クルマをぶつけて止める”伝説を検証してみる”. webCG. 株式会社webCG (2014年2月13日). 2020年7月18日閲覧。
  37. ^ ヨーロッパでは縦列駐車時にバンパーをぶつけるのが当たり前ってホント?”. WEB CARTOP. 交通タイムス社 (2017年9月26日). 2020年7月18日閲覧。
  38. ^ 「日本だからクラシックカーに乗れる」フランス人パティシエのシトロエン愛”. GAZOO. トヨタ自動車 (2017年5月8日). 2020年7月18日閲覧。
  39. ^ 『ワイスピ』のルーツを宇野維正が解説 カスタムカー文化を紐解く”. Fika. 株式会社CINRA (2019年6月14日). 2020年7月18日閲覧。
  40. ^ <カーオブザセンチェリー>T型フォード(1908年)”. GAZOO. トヨタ自動車 (2014年9月19日). 2020年7月18日閲覧。
  41. ^ 大倉喜七郎 日本の自動車レースと自動車文化を先駆”. 日本自動車殿堂. JAHFA. 2020年7月7日閲覧。
  42. ^ ロコモビル(国内最古の自家用乗用自動車) 日本機械学会
  43. ^ トーマス・ベイツ・ブロウ バウアー財団東洋美術館
  44. ^ Biographical Portraits, Volume X The Japan Society
  45. ^ タクリー号(国産初のガソリン車)実動レプリカお披露目”. NPO法人 国立市観光まちづくり協会. 2020年8月26日閲覧。
  46. ^ a b c 小林英夫「日本で自動車はどう乗られたのか」『アジア太平洋討究』第25号、早稲田大学アジア太平洋研究センター、2015年12月、29-48頁、ISSN 1347-149XNAID 120005694993 
  47. ^ 「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)”. サライ.jp. 小学館 (2018年5月23日). 2020年7月9日閲覧。
  48. ^ 自動車実学に徹したモータージャーナリスト 小林 彰太郎”. 日本自動車殿堂. JAHFA. 2020年7月7日閲覧。
  49. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 自動車
  50. ^ 英国で独自の進化を遂げる改造車シーン!”. Red Bull. Red Bull.com (2016年10月21日). 2020年7月10日閲覧。
  51. ^ ~BOSOZOKU~ 米国に伝播し美化された、間違った日本の自動車文化”. ON THE ROAD MAGAZINE web. 株式会社オンザロード (2018年9月7日). 2020年7月5日閲覧。
  52. ^ 成熟した日本の自動車文化に比べ、メンツを求める我が国はまだ未熟=中国報道”. Serchina. モーニングスター株式会社 (2017年7月1日). 2020年7月5日閲覧。
  53. ^ カーマニア人間国宝への道 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える?”. web CG. 株式会社webCG (2018年5月21日). 2020年7月5日閲覧。
  54. ^ ピニンファリーナ × 増田宗昭「デザインとビジネス」【後編】”. 現代ビジネス. 講談社 (2014年2月6日). 2020年7月9日閲覧。
  55. ^ 「脱・カー用品店」なオートバックス誕生 本、雑貨、カフェ…旗艦店大改装の狙い”. 乗り物ニュース. メディア・ヴァーグ (2018年11月22日). 2020年7月7日閲覧。
  56. ^ a b イチローさんも登場!モリゾウが「クルマ愛」を語る「WE LOVE CARS 2017」”. GAZOO. トヨタ自動車 (2017年11月1日). 2020年7月5日閲覧。
  57. ^ 石井守のデザイン論 「第5回 日本のカーデザインの変遷と展望(前編)」”. 三樹書房. 2020年8月17日閲覧。
  58. ^ a b 【技術革新の足跡】デソート・エアフロー――空気を形に(1934年)”. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  59. ^ 【地上最速を目指す旅】自動車最高速度記録の歴史”. Red Bull. Red Bull.com (2020年5月14日). 2020年8月17日閲覧。
  60. ^ 空気の壁を切り裂く流線型は自動車のスピードともに【GALLERIA AUTO MOBILIA】#014”. CARS MEET WEB. 株式会社ネコ・パブリッシング (2019年8月21日). 2020年8月17日閲覧。
  61. ^ ブガッティ T35”. トヨタ自動車. 2020年8月18日閲覧。
  62. ^ a b c アートワード「流線型デザイン」”. アートスケープ. DNP 大日本印刷. 2020年8月17日閲覧。
  63. ^ Sculpted in Steel: Art Deco Automobiles and Motorcycles, 1929–1940”. The Museum of Fine Arts, Houston. 2020年8月17日閲覧。
  64. ^ 【パリで活躍した日本人自動車画家】追悼 吉田秀樹 アウトガレリア・ルーチェ企画展”. AUTOCAR JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  65. ^ 自動車デザインの流れを変えた 美しく、高級なスポーツモデル CISITALIA 202SC”. カーセンサー. 2020年8月17日閲覧。
  66. ^ ロールス・ロイス伝統のスタイルを飾った最後の1台 ロールス・ロイス シルヴァークラウドⅢ”. リクルート. 2020年8月17日閲覧。
  67. ^ a b ロールスロイス&ベントレーの歴史 Post War:第二次大戦後篇 チャプター19「シルヴァー・シャドウとTシリーズ」”. WAKUI MUSEUM. 2020年8月17日閲覧。
  68. ^ フェラーリ・ローマの「時を超えるエレガンス」”. Men’s Precious. 2020年8月17日閲覧。
  69. ^ まさにエレガント。クラシックな佇まいに惚れて「ベントレーS2サルーン」(1960/イギリス)|わたしが クラシックカーに乗り続ける、その理由。”. 男の隠れ家デジタル. 2020年8月23日閲覧。
  70. ^ a b メカニック、ジャガーを試す”. THE LAKE JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  71. ^ Mille Miglia”. bresciatourism. 2020年8月17日閲覧。
  72. ^ 伝説のマシン ポルシェ917が誕生するまで│917-001のヒストリー”. classic PORSCHE. 2020年8月23日閲覧。
  73. ^ a b もっとも速く、もっとも美しい|ベントレーにおける「最良の答え」を示した伝説のモデルとは? 5ページ”. Octane. 2020年8月17日閲覧。
  74. ^ 名車「ポルシェ911」、時代を超越したデザインの進化がわかるフォトギャラリー”. WIRED. 2020年8月17日閲覧。
  75. ^ Porsche スタイル”. ポルシェジャパン. 2020年8月17日閲覧。
  76. ^ a b アメリカ車のイメージが確立され、ビッグ3が大躍進を遂げる”. アメ車MAGAZINE.com. 2020年8月26日閲覧。
  77. ^ 英女王乗せたロールス・ロイスが競売に、2.9億円で落札予想”. CNN. 2020年8月19日閲覧。
  78. ^ THE BEST ROYAL WEDDING CARS OF ALL TIME”. AI Global Media. 2020年8月17日閲覧。
  79. ^ The Hundred Million Dollar Look: Chrysler for 1955-56”. Allpar. 2020年8月17日閲覧。
  80. ^ 50年代アメリカ車黄金期(1959年)”. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  81. ^ クルマの博物誌 「第6回 少年が目を奪われたカーデザインの節目"フラットデッキ"化」”. 三樹書房. 2020年8月17日閲覧。
  82. ^ CHRYSLER HISTORY”. FCA Japan. 2020年8月17日閲覧。
  83. ^ a b c なぜ近頃のクルマは、丸っこいのか?角ばったクルマは過去の遺物?”. CarMe. 2020年8月17日閲覧。
  84. ^ 車と音楽について語ろう。”. ネットTAM. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  85. ^ アメ車を象徴であるマッスルカー!7200ccなんて大排気量エンジンもあった”. 交通タイムス社. 2020年8月17日閲覧。
  86. ^ ドイツ車を超えた? 憧れの超名門高級車 キャデラックの最新事情”. ベストカーWeb. 2020年8月17日閲覧。
  87. ^ 026 Rolls-Royce/涌井清春 ロールス・ロイスの光ベントレーの風に魅せられて”. 目の眼. 2020年8月17日閲覧。
  88. ^ 田口正和「自動車開発におけるCAD/CAM/CAE/CAPEの活用」(2010, 工業技術:東洋大学工業技術研究所報告p.5-8)
  89. ^ クルマを横から見るとわかることがあるんです【CAR STYLING VIEWS 3:サイドビュー】”. クリッカー. 株式会社三栄 (2011年5月21日). 2020年8月17日閲覧。
  90. ^ 【時代はくりかえす】なぜ車体後部がギュッと持ち上がったデザインのクルマ増えた? 水平基調に戻る動きも 3ページ”. AUTOCAR JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  91. ^ Pop-Up Headlights – Seventy Years of Hidden History”. Heacock Classic. 2020年8月17日閲覧。
  92. ^ スーパーカーはいつ生まれた?”. CarMe. 2020年8月17日閲覧。
  93. ^ 日本のクルマはこんなに変化! 進化の歴史を振り返る”. トヨタ自動車. 2020年8月17日閲覧。
  94. ^ JAMAGAZINE 2013 October #47”. 日本自動車工業会. 2020年8月17日閲覧。
  95. ^ 宇山通「自動車部品標準化の経路に関する1考察」(2016年, 九州産業大学『経営学論集』第26巻第3号,1‐31頁)
  96. ^ 日産の設計革命、脱プラットホーム共有化戦略”. 日経BP. 2020-08–17閲覧。
  97. ^ 【時代はくりかえす】なぜ車体後部がギュッと持ち上がったデザインのクルマ増えた? 水平基調に戻る動きも 1ページ”. AUTOCAR JAPAN. 2020年8月17日閲覧。
  98. ^ 石井守のデザイン論 「第6回(最終回)日本のカーデザインの変遷と展望(後篇)」”. 三樹書房. 2020年8月17日閲覧。
  99. ^ ボンネットがぽっこりデザインのクルマ、なぜ増えた? 古いと薄く、新しいと分厚い理由とは”. メディア・ヴァーグ. 2020年8月17日閲覧。
  100. ^ 空力 Part 2”. HONDA. 2020年8月17日閲覧。
  101. ^ ヘッドライトは“機能”それとも“装飾”?(後編)【CAR STYLING VIEWS 2】”. Clicccar. 2020年8月17日閲覧。
  102. ^ 複雑デザインに陰り、いまはシンプルが人気? クルマのボディにあった凹凸が減った理由”. メディア・ヴァーグ. 2020年8月17日閲覧。
  103. ^ 世界的カーデザイナー、和田智が語るカーデザインの潮流”. LEON. 2020年8月17日閲覧。
  104. ^ 自動運転で変わる内装・HMI開発”. 日経BP. 2020年8月17日閲覧。
  105. ^ 住まいとクルマの融合体。『Honda 家モビ Concept』が東京モーターショー2017に出展中”. d365. 2020年8月17日閲覧。
  106. ^ a b c 第91回:自動車競走時代の熱狂 多摩川スピードウェイが育てたレースの夢 webCG
  107. ^ 多摩川スピードウェイ――自動車競走の時代 (1936年)”. GAZOO. トヨタ自動車 (2017年1月13日). 2020年7月7日閲覧。
  108. ^ クルマ好きなら知っておきたい自動車文化遺産「船橋サーキット」”. WEB CARTOP. 株式会社交通タイムス社 (2015年7月29日). 2020年7月7日閲覧。
  109. ^ 初めてドイツを訪れて感じた、クルマ文化と根底にある「2つの価値観の違い」とは?”. Carview!. 株式会社カービュー (2019年12月1日). 2020年7月5日閲覧。
  110. ^ パリの路上から、20年以上前に生産された古いクルマが消える?”. ハフポスト日本版. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社 (2016年6月12日). 2020年7月5日閲覧。
  111. ^ ガラス張りの向こうのガレージ。愛車を眺めながら、リビングで過ごす極上のひと時〈鹿児島県 H邸〉木の家のビルトインガレージ”. 男の隠れ家デジタル. 株式会社三栄 (2020年5月5日). 2020年7月18日閲覧。
  112. ^ クルマオヤジは美人に目がなくて”. LEON. 主婦と生活社 (2015年9月24日). 2020年7月10日閲覧。
  113. ^ 自動車×ファッション 創造力はぐくむ遊び心とは”. NIKKEI STYLE アート&レビュー. 日本経済新聞 (2013年5月26日). 2020年7月7日閲覧。
  114. ^ ファッションの先端を行く街で見えてくる、クルマのトレンドとは?”. LEON. 主婦と生活社 (2019年11月17日). 2020年7月7日閲覧。
  115. ^ コンパニオンだけじゃない! クルマと共に羽ばたいた女性たち【東京オートサロン2016】”. GAZOO. トヨタ自動車 (2016年1月23日). 2020年7月26日閲覧。
  116. ^ ラルフ ローレン、自慢のスーパーカーを披露! プライベートガレージでのリュクスなショーの全貌とは?”. VOGUE JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2017年9月15日). 2020年7月10日閲覧。
  117. ^ a b 自動車メーカーとファッションブランドなどのコラボに注目【みどころナビ】”. webCG. 株式会社webCG (2007年10月28日). 2020年7月7日閲覧。
  118. ^ a b ミッレミリアの世界へようこそ”. ショパール 公式HP. LE PETIT-FILS DE L.-U. CHOPARD & CIE S.A.. 2020年7月7日閲覧。
  119. ^ 時を制するものが、時代を制する ── タグ・ホイヤーがモータースポーツを進化させた”. GQ Japan. コンデナスト・ジャパン (2016年11月28日). 2020年7月7日閲覧。
  120. ^ ラルフ ローレンが紡ぐクルマと時計の物語”. GQ Japan. コンデナスト・ジャパン (2015年8月11日). 2020年7月7日閲覧。
  121. ^ 車が再びステータスシンボルに! あなたはトレンドを追う派? はみ出す派?”. カーセンサー. リクルート (2020年1月28日). 2020年7月12日閲覧。
  122. ^ a b c 平成の間に変わったステータス !「モノを買う」より「仲間たちと共感したい」若者たち”. FNNプライムオンライン. フジニュースネットワーク (2019年4月28日). 2020年7月12日閲覧。
  123. ^ 映画のなかのクルマたち──Part.1”. OPENERS. スマートメディア・リミテッド (2015年5月15日). 2020年7月7日閲覧。
  124. ^ a b フェラーリのエンジンサウンドはなぜ美しいのか?”. LEON. 主婦と生活社 (2020年4月2日). 2020年7月7日閲覧。
  125. ^ 耳栓なしで会話ができるほど静かに。今季のF1はエンジン音も大変貌。”. Sports Graphic Number Web. 文藝春秋 (2014年3月23日). 2020年7月7日閲覧。
  126. ^ ブランディングは音で感情揺さぶる時代へ、海外で関心高まる「ソニック・ブランディング」の最新動向”. AMP. ブラーブメディア (2020年2月13日). 2020年7月7日閲覧。
  127. ^ [2]
  128. ^ 日本学術会議『交通事故ゼロの社会を目指して』
  129. ^ [3]
  130. ^ [4]
  131. ^ 日本エネルギー経済研究所 石油はいま 2013 OIL NOW
  132. ^ a b U.S. DOT Table 1-23: World Motor Vehicle Production, Selected Countries
  133. ^ 1950年から1990年までの数値は英版en:List_of_countries_by_motor_vehicle_productionより。
  134. ^ The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) End-ofLife Vehicle Recycling in the European Union
  135. ^ International Organization of Motor Vehicle (OICA) 2000 Production Statistics
  136. ^ OICA 2010 Production Statistics
  137. ^ OICA 2013 Production Statistics
  138. ^ The Wall Street Journal http://online.wsj.com/articles/SB10001424052702304858104579262412636884466 Global Car Sales Seen Rising to 85 Million in 2014]
  139. ^ a b c d 小野浩、「戦後の日本の自動車産業の発展」『經濟學研究』 1995年 45巻 1号 p.68-76, 北海道大学經濟學部
  140. ^ 曽穎、「日本自動車産業の外資政策史 : 草創期から戦後復興期まで」『現代社会文化研究』 2007年 39巻 p.109-124, ISSN 1345-8485, 新潟大学大学院現代社会文化研究科
  141. ^ a b 出典元、北海道大学、新潟大学、JAMA-日本自動車工業会で数値に開きあり。
  142. ^ 「国民車構想とモータリゼーションの進展」[リンク切れ]
  143. ^ 文部科学省「技術革新の進展とその成果」
  144. ^ 国際自動車工業連合会(OICA)[5]
  145. ^ 日本自動車工業会 「世界各国/地域の四輪車生産台数」
  146. ^ en:UNEP/GRID-Arendal Historic and Future Trends
  147. ^ a b c d United Nations Environment Programme UNEP Vehicle Population and International Trend Sep., 2012
  148. ^ 特記ない限り人口は世界人口の頁より。
  149. ^ a b c Joyce Dargay et al, Institute for Transport Studies, University of Leeds Vehicle Ownership and Income Growth, Wroldwide: 1960 - 2030
  150. ^ 日本自動車工業会 「世界各国の四輪車保有台数(2012年末)」
  151. ^ a b c 日本自動車工業会 「主要国の四輪車普及率」
  152. ^ a b c d e f International Council on Clean Transportation European Vehicle Market Statistics - Pocketbook 2013
  153. ^ 日本自動車工業会 「世界各国/地域の二輪車保有台数」
  154. ^ EPA Vehicle Weight Classification
  155. ^ US Census Bureau Los Angeles County, California
  156. ^ Los Angeles Almanac Vehicle Registrations
  157. ^ USA Today Ten cities with the worst traffic
  158. ^ 武部健一 (2015), p. 163.
  159. ^ 武部健一 (2015), p. 172.
  160. ^ a b c 浅井建爾 (2001), pp. 260–261.
  161. ^ 日本自動車工業会 「国民車構想とモータリゼーション」
  162. ^ 資源エネルギー庁 エネルギー白書2006 「第212-3-12 車種別保有台数の推移」
  163. ^ a b 自動車検査登録情報協会 「自動車保有台数推移表」
  164. ^ 浅井建爾 (2015), p. 57.
  165. ^ 経済産業省 「物流を取り巻く現状について」平成24年11月6日」
  166. ^ 日本自動車工業会 「二輪車保有台数」
  167. ^ 厚生労働省 「国民生活基礎調査(平成22年)の結果から」
  168. ^ 日本自動車工業会 「都道府県別自家用乗用車の100世帯当たり保有台数(2013年3月末)」
  169. ^ Huffingtonpost Number of cars worldwide surpasses 1 billion.
  170. ^ Renault Nissan Aliance Finaly Tops The World' Ranking
  171. ^ World Car Brand Ranking in 2016-Top50 Focus 2 move



「car」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



carと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「car」の関連用語



3
my car デジタル大辞泉
100% |||||

4
russell car デジタル大辞泉
96% |||||

5
shovel car デジタル大辞泉
96% |||||

6
wrapping car デジタル大辞泉
96% |||||

7
vista car デジタル大辞泉
78% |||||


9
Uカー デジタル大辞泉
76% |||||

10
car life デジタル大辞泉
76% |||||

carのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



carのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.carの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCAR (改訂履歴)、中央アフリカ共和国 (改訂履歴)、自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS