カロライナ・パンサーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > フットボール > NFLのチーム > カロライナ・パンサーズの意味・解説 

カロライナ・パンサーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 22:51 UTC 版)

カロライナ・パンサーズ英語: Carolina Panthers、略称: CAR)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州シャーロットに本拠地をおくNFLチーム。NFC南地区に所属している。ホームスタジアムならびにチーム本部はバンク・オブ・アメリカ・スタジアムである。


注釈

  1. ^ ペイトリオッツはマサチューセッツ州を中心としたニューイングランド6州をフランチャイズとしている
  2. ^ NFLエクスパンションチームの初年度としては史上最高
  3. ^ AFCヒューストン・テキサンズ
  4. ^ スーパーボウルチャンピオンをエキスパンションチームが破ったのは史上初
  5. ^ エキスパンションチームの初年度の成績としては過去最高であり、タンパベイ・バッカニアーズの0勝14敗とは大きく異なる数字を挙げた。
  6. ^ レーンはその年の7月6日に妻に銃で撃たれて亡くなった。
  7. ^ 2005年に45歳の若さで亡くなった。
  8. ^ 過去2年はチャンピオンシップゲームで敗退している。

出典

  1. ^ Sports Money: 2021 NFL Valuations #24 Carolina Panthers”. フォーブス (2021年8月). 2021年11月18日閲覧。
  2. ^ NFL29番目のチーム、パンサーズ誕生”. NFL JAPAN (2010年10月26日). 2011年1月9日閲覧。
  3. ^ ベテランK、ジョン・ケイシー誕生”. NFL JAPAN (2010年10月27日). 2011年1月9日閲覧。
  4. ^ NFL29番目のチーム、パンサーズ初勝利!”. NFL JAPAN (2010年10月15日). 2011年1月9日閲覧。
  5. ^ a b 2年目で苦戦のQBニュートン、求められるリーダーシップ【前編】”. NFL JAPAN (2012年10月27日). 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ パンサーズ、チーム初のロゴ変更”. NFL JAPAN (2012年1月30日). 2012年2月6日閲覧。
  7. ^ 守備新人王はLBクエクリー、リーグ最多の164タックル”. NFL JAPAN (2013年2月3日). 2014年1月26日閲覧。
  8. ^ パンサーズ球団記録の8連勝、ニュートンが3TDでけん引”. NFL JAPAN (2013年12月2日). 2014年1月26日閲覧。
  9. ^ パンサーズ、セインツ下して5年ぶりプレイオフ出場”. NFL JAPAN (2013年12月23日). 2014年1月26日閲覧。
  10. ^ パンサーズ地区制覇、9サック浴びせてファルコンズ下す”. NFL JAPAN (2013年12月30日). 2014年1月26日閲覧。
  11. ^ 49ersがパンサーズに雪辱、シーホークスと同地区対決へ”. NFL JAPAN (2014年1月13日). 2014年1月26日閲覧。
  12. ^ パンサーズが次期HCにベイラー大学のマット・ルールを起用へ”. NFL Japan (2020年1月8日). 2021年11月18日閲覧。
  13. ^ パンサーズがQBニュートンをリリース”. NFL Japan (2020年3月25日). 2021年11月18日閲覧。
  14. ^ パンサーズとペイトリオッツそれぞれにあいさつするQBニュートン”. NFL Japan (2020年7月1日). 2021年11月18日閲覧。
  15. ^ パンサーズが先発QBとしてブリッジウォーターと契約へ”. NFL Japan (2020年3月18日). 2021年11月18日閲覧。
  16. ^ ジェッツがQBダーノルドをパンサーズにトレード、見返りに3つのドラフト指名権”. NFL Japan (2021年4月6日). 2021年11月18日閲覧。
  17. ^ ブロンコスがパンサーズとのトレードでQBブリッジウォーターを獲得”. NFL Japan (2021年4月29日). 2021年11月18日閲覧。
  18. ^ パンサーズとQBキャム・ニュートンが再タッグ、最大11億円の1年契約でサイン”. NFL Japan (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  19. ^ 【NFL】「キャム バック!」 QBニュートンがパンサーズに復帰 最大11億円の1年契約”. BBM Sports (2021年11月12日). 2021年11月18日閲覧。


「カロライナ・パンサーズ」の続きの解説一覧

カロライナ・パンサーズ(第1期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 00:13 UTC 版)

キャム・ニュートン」の記事における「カロライナ・パンサーズ(第1期)」の解説

2011年のNFLドラフトで、全体1位でカロライナ・パンサーズが指名大学最終年上記のリクルート不正疑惑取り沙汰されたことや、さらに過去窃盗容疑自身の軽はずみな発言なども重なりニュートン素行悪さなどが取り上げられ、ブライアン・ビリックなど過小評価する専門家多かった2011年ルーキーイヤー、プレシーズン今一つ活躍できなかったことで、前述の専門家らの評価を上げることはできなかったが、2011年シーズン始まると、いきなりデビュー戦422ヤード3TDというチームの全得点叩き出す内容残した開幕戦新人パス400ヤード越えリーグ史上初記録となった13週のタンパベイ・バッカニアーズ戦でTDラン3つ決めQBとしてのシーズン最多TDラン記録樹立16週のバッカニアーズ戦ではペイトン・マニング持っていた新人シーズン最多パス獲得ヤード記録更新最終的にパス4,051ヤード、21TDパス(14TDラン)、17INTの大活躍この年最優秀新人攻撃選手受賞したニューヨーク・ジャイアンツQBイーライ・マニング代役としてだが、プロボウルにも選出された。 2012年地区優勝最有力挙げられるほど評価高かったパンサーズだったが、序盤5連敗含めチーム大きく負け越す結果となり、その責任ニュートンリーダーシップ欠如原因だと酷評を受けていた。しかし、後半に入るとパンサーズらしい爆発的なオフェンス力を見事に復活させ、チーム建て直し地区2位シーズン終了したニュートン自身去年同様ラン活躍する一方INT減らしパス成績安定した数字残した2013年第11週ニューイングランド・ペイトリオッツ戦では残り1分に、テッド・ギン・ジュニアへ逆転TDパス決めるなど3TDパスをあげて、24-20で勝利した第16週ニューオーリンズ・セインツ戦で残り23秒にドメニク・ヒクソンへの14ヤード逆転TDパス成功し勝利パンサーズ2008年以来となるプレーオフ進出決めた2015年シーズンを通して好調でチーム順調に勝ち星積み重ねる結果ニュートン個人シーズンMVP選ばれチーム開幕14連勝などによりNFC第1シード獲得しプレーオフも勝ち、2003年以来2度目スーパーボウル出場果たした第50回スーパーボウルではデンバー・ブロンコスペイトン・マニング初のドラフト1位指名QB対決であったりボン・ミラーとの2011年ドラフト1位2位対決など試合前から注目されいたもの10-24敗退。このシーズンは、2015年3月から2016年2月の間で、ニュートングッズNFL7番目に売れた2016年デンバー・ブロンコスとの開幕戦スティーブ・ヤング持っていたQBTDラン記録を更新する44回目TDランをあげた。同じ試合でのTDランTDパス記録した32試合目となり、こちらもヤング記録更新NFL新記録となったこれによりオットー・グレアムが持つプロフットボール記録にも並んだ10月2日アトランタ・ファルコンズ戦で2ポイントコンバージョンを狙った際、脳震盪起こし、その試合中試合戻ることができず、翌週タンパベイ・バッカニアーズ戦も欠場した12月4日シアトル・シーホークス戦はドレスコード違反のため、最初の攻撃シリーズベンチ過ごしたニュートン途中出場したのは、2011年入団以来初めてのことであったこの年19TDパス、14INT、パス成功率自己最低の52.9%に終わったチームも6勝10敗に終わったが、NFLトップ10044位に評価された。 2017年3月30日右肩の手術を受けた10月4日記者会見女性蔑視する発言行いその影響ダノンとのスポンサー契約打ち切られた。第10週マイアミ・ドルフィンズとのマンデーナイトゲームでパス254ヤードラン95ヤード合計4タッチダウンをあげて、その週のNFC最優秀攻撃選手選ばれたこの年パス3302ヤード、22TD、16INT、ランでは自己最高の754ヤード走ったチームプレーオフに第5シード進出ニューオーリンズ・セインツとの@プレーオフではパス40回中24成功349ヤード、2TDをあげたがチームは26-31で敗れたシーズン終了後、NFLトップ10025位に評価された。 2018年第7週フィラデルフィア・イーグルス戦では0-17とリードされ第4Q迎えたが、第4Qパス22回中16成功201ヤード、2TDパス活躍で21-17と逆転勝利この週NFC最優秀攻撃選手選ばれたチーム開幕から8試合で6勝2敗の成績をあげたが、その後ニュートンの肩の怪我もあり6連敗シーズン終盤は、テイラー・ハイニケ、カイル・アレンが先発QB務めた2019年プレシーズン第3週ニューイングランド・ペイトリオッツ戦で左足負傷した。この怪我影響によりレギュラーシーズン開幕戦第2週の2試合のみの出場に留まった。この年パス成功率56%、タッチダウン0回に終わった2020年3月チームからリリースされた。

※この「カロライナ・パンサーズ(第1期)」の解説は、「キャム・ニュートン」の解説の一部です。
「カロライナ・パンサーズ(第1期)」を含む「キャム・ニュートン」の記事については、「キャム・ニュートン」の概要を参照ください。


カロライナ・パンサーズ(第2期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 00:13 UTC 版)

キャム・ニュートン」の記事における「カロライナ・パンサーズ(第2期)」の解説

2021年11月11日古巣カロライナ・パンサーズへの復帰発表された3日後の11月14日アリゾナ・カーディナルズ戦に出場して2つタッチダウン挙げチーム勝利導いた

※この「カロライナ・パンサーズ(第2期)」の解説は、「キャム・ニュートン」の解説の一部です。
「カロライナ・パンサーズ(第2期)」を含む「キャム・ニュートン」の記事については、「キャム・ニュートン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カロライナ・パンサーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カロライナ・パンサーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カロライナ・パンサーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカロライナ・パンサーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャム・ニュートン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS