NFLドラフトとは? わかりやすく解説

NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 03:56 UTC 版)

NFLドラフト(NFL Draft)は、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が開催する、新人選手獲得のために行われるドラフト会議である。


注釈

  1. ^ 当初はラスベガスシーザーズ・パレスで開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行により、NFLではすべてのライブ活動を中止したため、NFLドラフトは各指名候補選手が自宅からのビデオ会議で参加することになった。

出典

  1. ^ NFLドラフトは予定通り開催、一般向けイベントは中止”. AFP (2020年3月17日). 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ ビッグベン、「2004年ドラフトQB組が史上最高になる」”. NFL JAPAN (2011年11月2日). 2012年11月4日閲覧。
  3. ^ NFLドラフトで チームが 優秀選手に注目”. NFL JAPAN (2000年3月30日). 2012年7月19日閲覧。
  4. ^ NFLドラフトにおいて球団が保有していた全指名権をトレードで譲渡したのはこの1例だけである。
  5. ^ Rams just earned two extra draft picks thanks to a new NFL rule and the Saints could be next”. CBS Sports. 2021年1月15日閲覧。
  6. ^ Where 49ers' draft picks stand after Jets hire Saleh”. NBC Sports. 2021年1月17日閲覧。
  7. ^ Report: Martin Mayhew will be Washington GM”. Niners Wire. 2021年1月24日閲覧。
  8. ^ Reiss, Mike (2020年6月28日). “New England Patriots fined $1.1 million, lose draft pick in film crew fallout”. ESPN. 2020年12月29日閲覧。
  9. ^ Craig, Mark (2021年3月19日). “Vikings lose seventh-round draft pick for salary-cap violation”. 2021年3月19日閲覧。
  10. ^ a b 印象に残る補足ドラフト指名トップ5”. NFL JAPAN (2012年7月4日). 2012年7月14日閲覧。
  11. ^ 補足ドラフトは1人、「第2のチャンス」を得たDEジャーモン”. NFL JAPAN (2009年7月17日). 2011年8月28日閲覧。
  12. ^ 補足ドラフト、注目QBプライアーはレイダース指名”. NFL JAPAN (2011年8月23日). 2011年8月28日閲覧。
  13. ^ ブラウンズ、補足ドラフトで注目WRゴードンを指名”. NFL JAPAN (2012年7月13日). 2012年7月13日閲覧。



NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 00:34 UTC 版)

トロイ・ポラマル」の記事における「NFLドラフト」の解説

2003年のNFLドラフトピッツバーグ・スティーラーズから1巡目全体16位)指名を受けて5年間で8275000ドル契約し入団したスティーラーズ当初タンパベイ・バッカニアーズ所属する第37回スーパーボウルMVPとなったデクスター・ジャクソン獲得しようとしていたがアリゾナ・カージナルス奪われ結果、ポラマルの獲得決まった彼はドラフト候補セイフティトップ5と見られており、ロドニー・ハリソン失ったサンディエゴ・チャージャーズ15番目に指名権利があった。)による指名考えられたがチャージャーズはトレード指名権フィラデルフィア・イーグルス渡しスティーラーズ指名権獲得したスティーラーズ1巡目27番目、3巡目92番目、6巡目200目のドラフト指名引き換えにカンザスシティ・チーフス持っていた全体16番目の指名権得ていた。スティーラーズからこの時トレードされ指名権ラリー・ジョンソン、ジュリアン・バトル、ブルックス・ボリンジャー(この指名権ニューヨーク・ジェッツトレードされていた。)が指名された。スティーラーズドラフト1巡目でディフェンスバックを指名したのは初のことであった大学最後の試合となるアイオワ大学とのオレンジボウル試合開始前ウォームアップでハムストリング痛めてほとんど出場できなかった彼はシニアボウルとNFLコンバイン参加することができなかった。彼はUSCのプロデイにパフォーマンスを見せてドラフトでの指名得た

※この「NFLドラフト」の解説は、「トロイ・ポラマル」の解説の一部です。
「NFLドラフト」を含む「トロイ・ポラマル」の記事については、「トロイ・ポラマル」の概要を参照ください。


NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 15:50 UTC 版)

マイク・エバンス」の記事における「NFLドラフト」の解説

プレドラフト測定結果身長体重腕の長さ手の大きさ40ヤードダッシュ10ヤードスプリット20ヤードスプリット20ヤードスプリット3コーンドリル垂直跳び立ち幅跳びベンチプレスワンダーリック6 ft 4¾ in 231 lb 35 1/8 in 9 5/8 in 4.53 s 1.60 s 4.26 s 7.08 s 37 in 12 rep All values from NFL combine 2014年1月2日エバンス大学時代最後の2シーズンの出場資格見送り2014年のNFLドラフト出場することを発表したアナリストスカウト大多数は、彼がコンセンサストップ10選ばれドラフト1巡目選ばれる予測していた。Sports Illustratedではドラフト1位、NFLDraftScout.comでは2位ワイドレシーバーランクインしている。

※この「NFLドラフト」の解説は、「マイク・エバンス」の解説の一部です。
「NFLドラフト」を含む「マイク・エバンス」の記事については、「マイク・エバンス」の概要を参照ください。


NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 08:53 UTC 版)

タバリス・ジャクソン」の記事における「NFLドラフト」の解説

2006年のNFLドラフトではバイキングスは彼を指名するためにドラフト3巡指名権2つトレードして、トレードアップを行い2巡64位で彼を指名したドラフト指名候補となるトップ10QB入っていなかった彼だが、大学ヘッドコーチ、チャールズ・コーによればドラフト前ワークアウトジャクソン評価上がっていたものの3巡か4巡での指名予想していた。彼が指名されるのはドラフト6巡あるいは7巡という予想もあった。この年ドラフトヴィンス・ヤングマット・ライナートジェイ・カトラー、ケレン・クレメンスに次ぐ5人目指名されQBとなったディビジョンI-AAQBドラフト指名されることは極めてまれなことであり、アラバマ州立大学のQBドラフトされるの1992年のリッキー・ジョーンズ以来のことであったアラバマ州立大学の選手でNFLドラフトで2巡指名受けたのは、1972年のレスター・シモンズ(ブラウンズ)、1981年のカーティス・グリーン(ライオンズ)、1992年のエディ・ロビンソン(オイラーズ)のみであり、ドラフト指名され選手としても1995年に4巡でレジー・バーロウが指名され以来11年ぶりのことであった

※この「NFLドラフト」の解説は、「タバリス・ジャクソン」の解説の一部です。
「NFLドラフト」を含む「タバリス・ジャクソン」の記事については、「タバリス・ジャクソン」の概要を参照ください。


NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 02:09 UTC 版)

トム・ブレイディ」の記事における「NFLドラフト」の解説

こうして最後の2年間は上々のシーズン送ったブレイディであったが、2000年のNFLドラフトでは高い評価を得ることができなかった。あるレポートでは「貧相な体格で、細く痩せこけており、機動力ラッシュをかわす能力欠いていて、強肩でもない」と評価されていた。彼に興味示してミシガン大HCロイド・カーの元に電話をかけたのは、ペイトリオッツのたった1チームけだったカー電話越しに、「ボビーペイトリオッツ人事担当していたボビー・グリア)、ブレイディ指名して後悔することは決してないだろう」と伝えた指名遅れた理由としては、スカウティング・コンバインでの低調パフォーマンスアスリートらしからぬ貧相な体型挙げられる。また多くのプロ関係者は、3年目先発定着しながら、一時的とはいえ4年目ブレイディヘンソン併用起用されることになった事実懐疑的に見ていた。ブレイディ憧れチームであった49ersは、この年QB指名狙っていたチーム一つであったが、当時HCスティーブ・マリウチは「我々はトムのことを全て知っていた」としながらも、「ウエイトルームじゃ見かけられないような」体型40ヤード走での5.2秒という低調記録指摘し、さらに「彼のパスが我々を驚嘆させたか?そんなことはなかった。まさにシュートするようなパス投げ選手他にいたが、彼はむしろ『まずまず』といった具合だった。ミシガンコーチたちが机の上立って『これはジョー・モンタナ以来最高傑作だ』と言ったと思うかい?ノーだ。かすりもしないよ。だから彼らもブレイディとドリュー・ヘンソンを併用したのさ」と続けたチームは3巡目でジオバーニ・カルマージを指名したが、レギュラーシーズン一度もパス投げることなくリーグ去った。のちにブレイディは、自身大ファンであった49ersがカルマージを指名した時のことを「発狂のだったよ」と回顧している。 最終的にドラフト6巡目ブレイディ指名することとなったペイトリオッツは、この年からQBコーチ務めていたディック・レイバインが、ブレイディを「チームシステムに最もフィットするQB」と高く評価していた。ブレイディスカウト担当したレイバインは彼の妻に、新たなジョー・モンタナやブレッド・ファーブを見つけた、と語り、「20年後トム・ブレイディの名は知れ渡っていることだろう」と続けた。しかし、チームスーパーボウル出場経験もあるエースQBドリュー・ブレッドソー含め3人QB抱えており、同ポジションニーズ低さから指名見送っていた。またHCのベリチックは、ミシガン大先発QBの座をブレイディからヘンソン明け渡そうとした事実慎重に見ていた。当時GMだったスコット・ピオリによると、チームは3巡目からブレイディ指名について話し出したという。しかし上記のような理由からその後指名見送り続けたオーナーロバート・クラフトによると、5巡目入ったとき、ベリチックは「ワオ。まだブレイディ残っているのか」と漏らしたという。そしてドラフト6巡・全体199目の指名権にて、ペイトリオッツはようやくブレイディ選択したブレイディ前には、後のプロボウルQBであるチャド・ペニントン、マーク・バルジャーなど合わせて6人のQB指名されていた。2011年ESPNは、ブレイディブレイディ前に指名された6人のQB達の人生追った"The Brady 6"というドキュメンタリー作成したドラフト当時回顧したブレイディは、指名遅れた悔しさ長年支えてくれた両親への思いなどから涙を浮かべたドラフトされた瞬間については「最高に興奮したよ。『これで保険会社セールスマンにならなくてすむんだ!俺は指名されたよ、ありがと神様!』ってね」と振り返っている。 以降の活躍相まってブレイディはNFLドラフト史上最高の掘り出し物だと評する声が多い。

※この「NFLドラフト」の解説は、「トム・ブレイディ」の解説の一部です。
「NFLドラフト」を含む「トム・ブレイディ」の記事については、「トム・ブレイディ」の概要を参照ください。


NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 00:27 UTC 版)

ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の記事における「NFLドラフト」の解説

2010年4月時点で翌年のNFLドラフト1巡上位での指名期待されていた彼はシーズン欠場後の2011年1月時点で全体10以内での指名予想されたドラフトコンバインなどを経て次第評価下げた

※この「NFLドラフト」の解説は、「ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の解説の一部です。
「NFLドラフト」を含む「ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の記事については、「ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の概要を参照ください。


NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:16 UTC 版)

フィル・シムズ」の記事における「NFLドラフト」の解説

1979年のNFLドラフト前にサンフランシスコ・フォーティナイナーズヘッドコーチに就任したビル・ウォルシュアシスタントコーチのサム・ワイチがモアヘッド州立大学来てワークアウト実施実際にドラフト指名したジョー・モンタナより高く評価したシムズ語ったところによるとNFL20チームスカウトが彼を見に来ていたが、全米では無名の彼がドラフト1巡全体7位でニューヨーク・ジャイアンツ指名された際、ほとんどのファンは「シムズはいった誰だ?」という状況であった

※この「NFLドラフト」の解説は、「フィル・シムズ」の解説の一部です。
「NFLドラフト」を含む「フィル・シムズ」の記事については、「フィル・シムズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「NFLドラフト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NFLドラフトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NFLドラフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNFLドラフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトロイ・ポラマル (改訂履歴)、マイク・エバンス (改訂履歴)、タバリス・ジャクソン (改訂履歴)、トム・ブレイディ (改訂履歴)、ロバート・クイン (アメリカンフットボール) (改訂履歴)、フィル・シムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS