ロサンゼルス・チャージャーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロサンゼルス・チャージャーズの意味・解説 

ロサンゼルス・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 23:08 UTC 版)

ロサンゼルス・チャージャーズ英語: Los Angeles Chargers、略称: LAC)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郊外イングルウッドに本拠地をおくNFLチーム。AFC西地区に所属している。本拠地スタジアムはSoFiスタジアムで、同じNFLのロサンゼルス・ラムズと共同で使用している。チーム本部と練習場は同じくロサンゼルス郊外のコスタメサに位置している。


  1. ^ ロサンゼルス・チャージャーズ”. NFL JAPAN. 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ フランチャイズ史 NFL JAPAN 2004年8月24日
  3. ^ LANCE ALWORTH Pro Football Hall of Fame. Accessed 2009年7月10日
  4. ^ NFL History by Decade 1961-1970 NFL.COM
  5. ^ SBに出場していない偉大な選手トップ8”. NFL JAPAN (2012年1月31日). 2012年2月6日閲覧。
  6. ^ a b Say It Ain't So:San Diego Chargers”. スポーツ・イラストレイテッド (2001年2月28日). 2010年5月10日閲覧。
  7. ^ Winslow helped off field after Chargers' OT win”. ESPN. 2010年5月10日閲覧。
  8. ^ リーグ史上に残るオーバータイム名勝負トップ5”. NFL JAPAN (2011年7月19日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  9. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “The Epic In Miami”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  10. ^ Freezer Ball”. referee.com. 2012年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月10日閲覧。
  11. ^ MNF History: 1982”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  12. ^ MNF History: 1983”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ Chargers are passing on a run for success” (1997年7月28日). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月10日閲覧。
  14. ^ 「ドラフト期待はずれ」の代名詞 ライアン・リーフ”. NFL JAPAN (2009年5月6日). 2010年5月10日閲覧。
  15. ^ サンディエゴ・チャージャーズニュース NFL JAPAN 2004年4月23日
  16. ^ 生沢浩 (2008年9月25日). “まだまだこれから、開幕3連敗から巻き返せ!”. NFL JAPAN. 2010年5月10日閲覧。
  17. ^ チャージャース、今季終了後にターナーHC解任か”. NFL JAPAN (2011年12月4日). 2011年12月4日閲覧。
  18. ^ 勝率5割で奇跡の逆転優勝! LT「プレイオフのような試合だった」”. NFL JAPAN (2008年12月29日). 2010年5月10日閲覧。
  19. ^ チャージャース、OTの熱戦制して2年連続コルツ撃破”. NFL JAPAN (2009年1月4日). 2010年5月10日閲覧。
  20. ^ チャージャース残留のトムリンソン、「心はいつもここにある」”. NFL JAPAN (2009年3月12日). 2010年5月10日閲覧。
  21. ^ チャージャース、エースRBトムリンソンを解雇”. NFL JAPAN (2010年2月23日). 2010年5月10日閲覧。
  22. ^ ブロンコス、24点差をひっくり返す大逆転勝利”. NFL JAPAN (2012年10月16日). 2013年1月2日閲覧。
  23. ^ レイブンズの窮地を救ったRBライス、「強い意志が通じた」”. NFL JAPAN (2012年11月26日). 2013年1月2日閲覧。
  24. ^ チャージャース、ターナーHCとスミスGMを解任”. NFL JAPAN (2013年1月1日). 2013年1月2日閲覧。
  25. ^ チャージャース、新HCにブロンコスOCを招へい”. NFL JAPAN (2013年1月16日). 2013年1月18日閲覧。
  26. ^ NFLラムズが来季ロスへ移転 オーナー投票で承認”. 朝日新聞社 (2016年1月13日). 2016年1月18日閲覧。
  27. ^ Message to Chargers: We don't want you in Los Angeles”. Los Angeles Times. 2017年1月17日閲覧。
  28. ^ Chargers games are actually loud! There's just one problem”. ESPN (2017年9月17日). 2017年9月25日閲覧。
  29. ^ Chargers moving back to San Diego? Not much of a chance”. Los Angeles TImes (2017年9月22日). 2017年9月25日閲覧。


「ロサンゼルス・チャージャーズ」の続きの解説一覧

ロサンゼルス・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 14:13 UTC 版)

タイロッド・テイラー」の記事における「ロサンゼルス・チャージャーズ」の解説

2019年3月13日、ロサンゼルス・チャージャーズの元攻撃コーディネーター暫定ヘッドコーチアンソニー・リン会談し2年間1,100万ドル契約署名した2020年、正QBフィリップ・リバースインディアナポリス・コルツ移籍しテイラーにとってはチャンスとなり、開幕戦先発出場果たすも、第2週カンザスシティ・チーフス戦前鎮痛剤使用によって合併症発症先発QBルーキージャスティン・ハーバート明け渡すことになった

※この「ロサンゼルス・チャージャーズ」の解説は、「タイロッド・テイラー」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・チャージャーズ」を含む「タイロッド・テイラー」の記事については、「タイロッド・テイラー」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 19:05 UTC 版)

ジーノ・スミス」の記事における「ロサンゼルス・チャージャーズ」の解説

2018年4月1日、チャージャーズと契約。主にフィリップ・リバースバックアップとしてプレーしたがわずか5試合で8ヤードパス獲得に留まった。

※この「ロサンゼルス・チャージャーズ」の解説は、「ジーノ・スミス」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・チャージャーズ」を含む「ジーノ・スミス」の記事については、「ジーノ・スミス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロサンゼルス・チャージャーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロサンゼルス・チャージャーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロサンゼルス・チャージャーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス・チャージャーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタイロッド・テイラー (改訂履歴)、ジーノ・スミス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS