ヘッドコーチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヘッドコーチの意味・解説 

ヘッド‐コーチ【head coach】

読み方:へっどこーち

スポーツで、数人からなるコーチ団の中心の人。主任コーチHC


ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 04:56 UTC 版)

ヘッドコーチ英語: head coach)とは、スポーツにおいて選手を指導するコーチの一番上に立つ役職。ただし、組織の区切り方によって位置づけは異なる[1]


  1. ^ a b 中竹竜二 『リーダーシップからフォロワーシップへ』2009年、176-178頁。 
  2. ^ 精選版 日本国語大辞典「ヘッドコーチ」の解説 コトバンク
  3. ^ 監督・コーチ編 - 監督・コーチに関する専門用語 ナリカタ(滋慶学園グループ)
  4. ^ “【Bリーグ】山形の新設ECに前秋田のクック氏、新HCの小関氏と2トップ体制”. スポーツ報知. (2017年7月5日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20170704-OHT1T50227.html 
  5. ^ 2018年の阪神タイガースが該当(ヘッドコーチは片岡篤史、チーフコーチは平田勝男。但し片岡は打撃と、平田は守備走塁と、それぞれ兼任)。
  6. ^ JRFU. “日本代表ヘッドコーチに、エリサルド氏が就任|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2021年9月30日閲覧。
  7. ^ JRFU. “日本代表チーム事業部ジェネラルマネージャーに太田氏|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2021年9月30日閲覧。


「ヘッドコーチ」の続きの解説一覧

ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 16:00 UTC 版)

スティーブ・クリフォード」の記事における「ヘッドコーチ」の解説

2013年シャーロット・ボブキャッツ のヘッドコーチに就任し最初のシーズンは、ユタ・ジャズからアル・ジェファーソン補強し4339敗の成績残しイースタン・カンファレンス7位でプレーオフ進出した2017-18シーズン終了直後にヘッドコーチから解任された。2018年5月オーランド・マジックのヘッドコーチに就任した

※この「ヘッドコーチ」の解説は、「スティーブ・クリフォード」の解説の一部です。
「ヘッドコーチ」を含む「スティーブ・クリフォード」の記事については、「スティーブ・クリフォード」の概要を参照ください。


ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:16 UTC 版)

2021年のNBAオールスターゲーム」の記事における「ヘッドコーチ」の解説

.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .tmulti .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .tmulti .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .tmulti .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .tmulti .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .tmulti .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .tmulti .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaption{text-align:center}} フィラデルフィア・76ersドック・リバース(左)とユタ・ジャズクイン・スナイダー(右)がそれぞれチーム・デュラントとチーム・レブロンのヘッドコーチに選ばれたウェスタン・カンファレンス最高勝率残しているユタ・ジャズHCであるクイン・スナイダー初のNBAオールスターゲームのヘッドコーチに選ばれたイースタン・カンファレンス最高勝率残しているフィラデルフィア・76ersHCドック・リバース今回選出オールスターゲームのヘッドコーチは3回目となった

※この「ヘッドコーチ」の解説は、「2021年のNBAオールスターゲーム」の解説の一部です。
「ヘッドコーチ」を含む「2021年のNBAオールスターゲーム」の記事については、「2021年のNBAオールスターゲーム」の概要を参照ください。


ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 09:58 UTC 版)

ラリー・バード」の記事における「ヘッドコーチ」の解説

ゴルフ釣り明け暮れる引退生活バード退屈に思い、また仕事のない父親を持つことは子供にとってもよくないという考えもあり、バード監督としてのNBA復帰考えようになった地元フロリダマイアミ・ヒート試合をよく観戦しパット・ライリー指導観察したバード1997-1998シーズンインディアナ・ペイサーズのヘッドコーチに就任したその理由故郷だからではなく優勝可能性があるからと説明しているアシスタントコーチには、ベテランディフェンス専門家ディック・ハーターと若手かつてのチームメートリック・カーライルを選んだバード選手時代経験から怒鳴コーチ嫌っており、練習試合最中怒鳴らないことを選手たち明言した試合中プレイ選手たち任せ代わりバードディフェンス練習重視した一方で遅刻に対して厳しい態度臨み遠征時に飛行機離陸時間遅れた選手空港置き去りにしたこともあった。また、ひと月3回遅刻した者はその試合出さないというルール作っていた。 前シーズン3943敗だったペイサーズは、バード1年目5824敗と躍進しバード最優秀コーチ賞を受賞したNBAでしばしば言われる名選手は名監督なれない」という経験則覆す快挙だった。プレイオフでは、1回戦クリーブランド・キャバリアーズカンファレンス・セミファイナルペイサーズ宿敵ニックス下しカンファレンス・ファイナルでは6度目優勝を狙うシカゴ・ブルズ対戦することになったシーズン中選手たちブルズマイケル・ジョーダンどこかで畏怖するのはバードにとって問題だったが、ペイサーズブルズ苦しめたバードゲーム中にほとんど表情を崩さない事でも有名だった。その最たる例が、ペイサーズ1勝2敗で迎えたホームでの第4戦、レジー・ミラー土壇場逆転スリーポイントシュート決めた場面である。チーム含めた会場全体沸き返ったが、バードだけは全く表情を変えることなく腕を組んでいた。なぜならたった0.7秒とはいえブルズ攻撃チャンス残してしまったからであるこの時のことをのちにバードは「ジョーダンなら再逆転可能だ思った」と述べている(事実ジョーダン放った最後のシュートリング嫌われる形の惜しショットであった)。第7戦まで追い込んだものの、ペイサーズNBAファイナル進出逃した労使交渉行き詰まりから起きたロックアウトのため、翌1998-1999シーズンレギュラーシーズン50試合短縮された。ペイサーズディビジョン1位の3317敗でプレイオフ進出し1回戦バックスカンファレンス・セミファイナルではセブンティシクサーズを完封しカンファレンス・ファイナル進んだが、そこでニックスに2勝4敗で敗れた。 続く1999-2000シーズンペイサーズリーグ2位の5626敗の成績だった。1位レイカーズ6715敗だった。プレイオフペイサーズはついにNBAファイナル進出しバードかつてのライバル・レイカーズと対戦することになったシーズン成績チーム構成上手だったレイカーズペイサーズ善戦したが、2勝4敗で目標優勝逃したかねてから監督務める期間は3年明言しており、バードNBAファイナル終了するペイサーズのヘッドコーチを辞職した彼は自らの代わりとしてアシスタント・コーチであり友人でもあったリック・カーライル推薦したが、コーチにはアイザイア・トーマス就任した

※この「ヘッドコーチ」の解説は、「ラリー・バード」の解説の一部です。
「ヘッドコーチ」を含む「ラリー・バード」の記事については、「ラリー・バード」の概要を参照ください。


ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 02:24 UTC 版)

プロ野球コーチ」の記事における「ヘッドコーチ」の解説

「ヘッドコーチ#野球」も参照 ヘッドコーチ(チーフコーチ、ベンチコーチ)は基本的にチーム内で監督に次ぐ2番目の序列有する監督補佐役である。主に作戦面を担当して監督状況応じた助言提供している監督出場停止退場処分になった場合、または病気個人的な理由などで試合出場出来ない場合には監督代行務める。 2022年のNPBのヘッドコーチ セントラル・リーグ 球団一軍ファーム読売ジャイアンツ 元木大介 なし 阪神タイガース 井上一樹 なし 中日ドラゴンズ 落合英二 なし 横浜DeNAベイスターズ 青山道雄 なし 広島東洋カープ 河田雄祐 なし 東京ヤクルトスワローズし 城憲之 パシフィック・リーグ 球団一軍ファームオリックス・バファローズ 水本勝己 中垣征一郎巡回ヘッド福岡ソフトバンクホークス 森浩之 なし 北海道日本ハムファイターズ 林孝哉 なし 千葉ロッテマリーンズ 森脇浩司 なし 埼玉西武ライオンズ 松井稼頭央 なし 東北楽天ゴールデンイーグルス 真喜志康永 なし

※この「ヘッドコーチ」の解説は、「プロ野球コーチ」の解説の一部です。
「ヘッドコーチ」を含む「プロ野球コーチ」の記事については、「プロ野球コーチ」の概要を参照ください。


ヘッドコーチ (head coach)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:06 UTC 版)

アメリカンフットボールの用語集」の記事における「ヘッドコーチ (head coach)」の解説

チーム指揮官試合中作戦責任者プレー毎の選手への作戦指示コール)については攻撃守備担当コーチ等と分担している場合もあれば、すべてのコール自分で行うヘッドコーチもいる。日本ではコーチ」という名称から誤解されやすいが、日本の野球でいう「監督」の立場にある。

※この「ヘッドコーチ (head coach)」の解説は、「アメリカンフットボールの用語集」の解説の一部です。
「ヘッドコーチ (head coach)」を含む「アメリカンフットボールの用語集」の記事については、「アメリカンフットボールの用語集」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヘッドコーチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヘッドコーチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヘッドコーチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヘッドコーチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘッドコーチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスティーブ・クリフォード (改訂履歴)、2021年のNBAオールスターゲーム (改訂履歴)、ラリー・バード (改訂履歴)、プロ野球コーチ (改訂履歴)、アメリカンフットボールの用語集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS