ヒューストン・ロケッツとは? わかりやすく解説

ヒューストン・ロケッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 16:57 UTC 版)

ヒューストン・ロケッツ: Houston Rockets)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。チーム名の"Rockets"は本来サンディエゴに本拠地があった当時、当市では軍需産業が盛んなことからロケット弾を表しているが、後にヒューストンに移転してからはNASAのイメージから、平和的なロケットがイメージされるようになった。


  1. ^ “Rockets Reveal Three New Uniforms for 2019-20 NBA Season” (プレスリリース), NBA Media Ventures, (2019年6月20日), https://www.nba.com/rockets/rockets-reveal-three-new-uniforms-2019-20-nba-season 2019年6月21日閲覧。 
  2. ^ Houston Rockets Reproduction and Usage Guideline Sheet”. NBA Properties, Inc.. 2019年7月16日閲覧。
  3. ^ “Houston Rockets Announce Partnership with Credit Karma Money Including Jersey Patch Sponsorship” (プレスリリース), NBA Media Ventures, LLC, (2021年7月28日), https://www.nba.com/resources/static/team/v2/rockets/20210804-credit-karma-press-release.pdf 2021年10月19日閲覧。 
  4. ^ “Rockets Promote Gretchen Sheirr to President of Business Operations”. NBA Media Ventures, LLC. (2021年5月19日). https://www.nba.com/rockets/news/rockets-promote-gretchen-sheirr-president-business-operations 2021年5月19日閲覧。 
  5. ^ Zillgitt, Jeff (2013年7月9日). “NBA fines Rockets $150K for speaking about Dwight Howard”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/sports/nba/rockets/2013/07/09/nba-fines-houston-rockets-150000-dollars/2504061/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&dlvrit=206567 2013年7月9日閲覧。 
  6. ^ The Blueprint
  7. ^ SAS vs. HOU (2017/05/09)”. NBA.com (2017年). 2017年5月12日閲覧。
  8. ^ SAS vs. HOU (2017/05/11)”. NBA.com (2017年). 2017年5月12日閲覧。
  9. ^ Rockets Acquire Nine-Time All-Star Chris Paul”. NBA.com (2017年6月28日). 2017年6月29日閲覧。
  10. ^ Houston Rockets' longest winning streaks”. NBA.com (2018年3月4日). 2018年3月9日閲覧。
  11. ^ Raptors end Rockets win streak at 17 with impressive victory”. sportsnet.ca (2018年3月9日). 2018年3月9日閲覧。
  12. ^ Jonathan Feigen (2018年4月1日). “Rockets' 11-game win streak snapped by Spurs” (英語). chron.com. 2018年4月8日閲覧。
  13. ^ Rockets beat Hawks 118-99 for 60th win” (英語). usatoday.com (2018年3月25日). 2018年4月8日閲覧。
  14. ^ Kings beat short-handed Rockets 96-83 in season finale” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月11日). 2018年4月13日閲覧。
  15. ^ Capela scores 26; Rockets eliminate Wolves with 122-104 win” (英語). ESPN.com (2018年4月25日). 2018年4月26日閲覧。
  16. ^ Rockets Acquire Four Players in 2021 NBA Draft”. NBA.com (2021年7月30日). 2021年8月1日閲覧。


「ヒューストン・ロケッツ」の続きの解説一覧

ヒューストン・ロケッツ(2回目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 20:56 UTC 版)

ロバート・コビントン」の記事における「ヒューストン・ロケッツ(2回目)」の解説

2020年2月クリント・カペラマリック・ビーズリー12人を巻き込んだ4チーム間のトレードによりルーキーシーズンを過ごしたヒューストン・ロケッツに移籍2月29日ボストン・セルティックス戦ではキャリアハイ16リバウンドを含む16得点、3ブロックマーク従来センター欠いていたチーム事情から、スモールセンターとして多くの時間プレイした。

※この「ヒューストン・ロケッツ(2回目)」の解説は、「ロバート・コビントン」の解説の一部です。
「ヒューストン・ロケッツ(2回目)」を含む「ロバート・コビントン」の記事については、「ロバート・コビントン」の概要を参照ください。


ヒューストン・ロケッツ (1978-1980)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 15:33 UTC 版)

リック・バリー」の記事における「ヒューストン・ロケッツ (1978-1980)」の解説

前年2854敗と大きく負け越していたロケッツだったが、モーゼス・マローンルディ・トムジャノビッチカルヴィン・マーフィー多くの才能集っていた。優秀なスコアラーである彼らを操るため(同時にロケッツジョン・ルーカスというポイントガード失ったため)、34歳ベテランとなっていたバリーチーム司令塔任され、このシーズン得点アベレージ大きく後退する平均13.5得点となったが、アシストアベレージはキャリアハイとなる平均6.3アシストをあげている。彼がロケッツ与えられた役割は、現在で言う"ポイントフォワード"であった前年大きく負け越したロケッツバリー加入した1978-79シーズン4735敗とその成績大きく上させている。 バリーロケッツでの2年目、1979-80シーズン最後に現役から引退するラストシーズン成績平均12.0得点3.3リバウンド3.7アシストフリースロー成功率93.5%は3年連続となるリーグ1位だった。本人現役続行するつもりだったが、リーグは1980-81シーズンからロスター11名に縮小したため、各チーム36歳バリーとの契約躊躇し引退せざるをえなくなった、とバリー語っている。 NBA通算成績出場試合:794試合10シーズン通算得点18,395得点平均23.2得点通算リバウンド:5,168リバウンド平均6.5リバウンド通算アシスト:4,017アシスト5.1アシスト

※この「ヒューストン・ロケッツ (1978-1980)」の解説は、「リック・バリー」の解説の一部です。
「ヒューストン・ロケッツ (1978-1980)」を含む「リック・バリー」の記事については、「リック・バリー」の概要を参照ください。


ヒューストン・ロケッツ (2021-現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 10:24 UTC 版)

ジョシュ・クリストファー」の記事における「ヒューストン・ロケッツ (2021-現在)」の解説

2021年のNBAドラフトでヒューストン・ロケッツに全体24位で指名され2021年8月7日ロケッツルーキー契約結んだ

※この「ヒューストン・ロケッツ (2021-現在)」の解説は、「ジョシュ・クリストファー」の解説の一部です。
「ヒューストン・ロケッツ (2021-現在)」を含む「ジョシュ・クリストファー」の記事については、「ジョシュ・クリストファー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヒューストン・ロケッツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヒューストン・ロケッツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒューストン・ロケッツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒューストン・ロケッツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロバート・コビントン (改訂履歴)、リック・バリー (改訂履歴)、ジョシュ・クリストファー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS