リバウンドとは? わかりやすく解説

リバウンド【rebound】

[名](スル)

はね返ること。はね上がること。

バスケットボールの用語。

㋐シュートミスのボールが、リングボードに当たってはね返ること。また、そのボール。リバウンドボール。

㋑㋐のボール(リバウンドボール)を取ること。

治療投薬をやめた後に治療前よりもかえって症状重くなること。

ダイエット中断したために、一度減った体重がまた増加すること。


リバウンド

英語 rebound

路面凹凸操舵などによる、車体車輪の上下方向相対的な動きのうち、車体車輪とが遠ざかる方向動きのこと。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

リバウンド【りばうんど】


リバウンド

作者森まりも

収載図書リバウンド
出版社健友館
刊行年月2003.1


リバウンド

作者神崎京介

収載図書横好き
出版社徳間書店
刊行年月2004.8
シリーズ名トクマ・ノベルズ

収載図書横好き
出版社徳間書店
刊行年月2006.9
シリーズ名徳間文庫


リバウンド rebound

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆

凡例

揺り戻し

をやめるとリバウンド揺り戻しがあるので,一度やめないで,医師相談して量を減らしながら様子を見ていくのが良い

意味説明

ある方向進んでいたものが,もとの方向に戻ること

反動 跳ね返り 反発


リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 03:40 UTC 版)

リバウンド: rebound)とは、本来英語で「跳ね返り」を意味する語だが、副次的な意味として以下のような使われ方がある。




「リバウンド」の続きの解説一覧

リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 04:43 UTC 版)

アタッカー相手ブロックボール故意に当てて自陣ボール帰ってくること。

※この「リバウンド」の解説は、「バレーボールの用語一覧」の解説の一部です。» 「バレーボールの用語一覧」の概要を見る


リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 16:04 UTC 版)

大きな出来高ともなって急落した後、出来高減り下げ渋る。その出来高細った時に、再び買い仕掛けをし「先に高値を抜く」期待持たせ再び上昇させる。そこで残っている売ったり短期利益得たりする。またストップ安次の日買い気配始め等し残り売っていくようなことも多い。

※この「リバウンド」の解説は、「仕手」の解説の一部です。» 「仕手」の概要を見る


リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 04:43 UTC 版)

アタッカー相手ブロックボール故意に当てて自陣ボール帰ってくること。

※この「リバウンド」の解説は、「バレーボールの用語一覧」の解説の一部です。» 「バレーボールの用語一覧」の概要を見る


リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 09:32 UTC 版)

第二子出産迎えた4月からしばらく休業入っていたものの、7月発売9月号か本格的に復帰出産に伴う18キログラムのリバウンドを経た身体引っさげ、同誌上にて『白戸彩花です!産後ダイエット始めます!』と題した連載始動させる至っている。

※この「リバウンド」の解説は、「白戸彩花」の解説の一部です。» 「白戸彩花」の概要を見る


リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:27 UTC 版)

敵・味方関係なく、ショットミスしたボールを取ることを、リバウンドと呼ぶ。リバウンドを取るために有利なポジションを取る行動スクリーンアウトまたはボックスアウトという。 詳細は「リバウンド (バスケットボール)を参照

※この「リバウンド」の解説は、「バスケットボール」の解説の一部です。» 「バスケットボール」の概要を見る


リバウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 06:46 UTC 版)

血続が持つ能力の別名。通常アルファー媒介しなければ発現しない。

※この「リバウンド」の解説は、「ジンキシリーズ」の解説の一部です。» 「ジンキシリーズ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リバウンド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リバウンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リバウンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2022 Takasu Clinic all right reserved.
QUPiOQUPiO
Copyright © 2022 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリバウンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバレーボールの用語一覧 (改訂履歴)、仕手 (改訂履歴)、バレーボールの用語一覧 (改訂履歴)、白戸彩花 (改訂履歴)、バスケットボール (改訂履歴)、ジンキシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS