路面とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 表面 > 路面の意味・解説 

ろ‐めん【路面】

読み方:ろめん

道路表面。「—が凍結する


路面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 07:30 UTC 版)

路面(ろめん)




「路面」の続きの解説一覧

路面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 14:36 UTC 版)

平和大通り」の記事における「路面」の解説

戦前の都市計画踏襲した広島復興都市計画」によって計画された通り、つまり相生通り鯉城通りなど戦前から整備され通りとともに近世から近代における広島中心施設である広島城基準碁盤目状配置されその後に成立した広島平和都市建設計画においてはこの道が軸となって市内中心部主要道路碁盤目状配置されたこうした経緯から、広島主要道路は城を基準にほぼ碁盤目状配置されるようになった中央道路両サイドに幅約20mの緑地帯その外側に副道を設ける。中央車道、副道ともに歩道付き、副道の一部市営有料駐車場として整備されている。大きな交差点には左折レーン設けている。西端のみ中央車道広島電鉄本線通り停留場がある。 舗装は、平和大通り整備され当初はコンクリート舗装でありその後部分的に残っていたが2010年代初頭全面アスファルト舗装となった広電本線広島電鉄江波線広島電鉄宇品線)の軌道部分コンクリートブロック敷設(スラブ軌道)。 緑地帯市民憩いの空間形成している。

※この「路面」の解説は、「平和大通り」の解説の一部です。
「路面」を含む「平和大通り」の記事については、「平和大通り」の概要を参照ください。


路面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 16:06 UTC 版)

石見銀山街道」の記事における「路面」の解説

鞆ヶ浦温泉津沖泊道尾道道古道においては土橋石畳など道普請が行われている様子が残る。 尾道笠岡道は幅7尺(約2.1m)で整備された。またやなしお道古道発掘調査で、江戸時代初期大久保長安街道整備した際に版築」つまり真砂土粘土交互に重ねて塩水加えて路面を固めたことがわかっている。また古道発掘調査で、16世紀まで使われていた幅約1mの路面の上に17世紀初頭に15cmほど嵩上げして約2mほど拡幅した跡が発見されている。 以下街道沿いに残る道標および方角示した石製物の位置を示す。 [全画面表示] 銀山あるいは大森の名が刻まれている道標 [全画面表示] 石見/石州の名が刻まれている道標 [全画面表示] 出雲/雲州あるいは大社の名が刻まれている道標銀山」の名が刻まれている道標は、温泉津沖泊道にある松山道標と、笠岡道西国街道交点にある石州道石標。一方で尾道道西国街道交点道標には銀山石見の名はなく「出雲大社道」と刻まれている。 鞆ヶ浦温泉津沖泊道世界遺産登録際に再整備され案内看板などが設置されている。尾道笠岡道部分的に案内看板設置されている。

※この「路面」の解説は、「石見銀山街道」の解説の一部です。
「路面」を含む「石見銀山街道」の記事については、「石見銀山街道」の概要を参照ください。


路面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 09:27 UTC 版)

マイアミ・インターナショナル・オートドローム」の記事における「路面」の解説

路面は他のサーキットとは異なり舗装際にフロリダ州運輸局英語版)のガイドライン遵守する必要があり、フロリダ産の石灰岩ジョージア州花こう岩60%混合したものを骨材として作られた石灰岩研磨されやすくグリップ発生しづらいが、フロリダ産の石灰岩シリカ多く含んでいたため、多くの車両走行するレコードラインではそれらが露出しグリップ生み出した一方削り取られ石灰岩破片飛散したため、レコードラインの外でグリップを失う原因となったF1初開催となった2022年マイアミGPでは路面清掃行ったことで、フェルナンド・アロンソレース前のドライバーズパレードでターン1のアウト側(レコードラインの外)が綺麗であること発見しスタートでそのライン通ってポジション上げ場面見られた。

※この「路面」の解説は、「マイアミ・インターナショナル・オートドローム」の解説の一部です。
「路面」を含む「マイアミ・インターナショナル・オートドローム」の記事については、「マイアミ・インターナショナル・オートドローム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「路面」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

路面

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:03 UTC 版)

名詞

(ろめん)

  1. 道路表面

関連語


「路面」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



路面と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

路面のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



路面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの路面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの平和大通り (改訂履歴)、石見銀山街道 (改訂履歴)、マイアミ・インターナショナル・オートドローム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの路面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS