設けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 設けの意味・解説 

もうけ〔まうけ〕【設け】

前もって用意されていること。「設けの席につく」

あらたに設置設立すること。

未だ学校の—あらざりし前に」〈中村訳・西国立志編

あらかじめ決められていること。また、計画

「斯る—のあらんとは、長兵更に知るよしもなく」〈染崎延房近世紀聞

供応のための、食事などの準備

「—などしたりけれど」〈古今仮名序

食べ物

一鉢の—、(あかざ)の羹(あつもの)」〈徒然五八


もうけ まうけ 【設・儲】

〔名〕 (動詞「もうける(設)」の連用形名詞化

前もって用意準備をしておくこと。準備用意。したく。また、将来事態のために必要な品物設備

伊勢物語(10C前)七八親王よろこび給うて、夜の御座(おまし)のまうけせさせ給ふ

② 特に、もてなし供応のための、食事などの用意・したく。あるじもうけ

古今(905‐914)仮名序葛城おほきみを、みちのおくへ、遣はしたりけるに、国のつかさ〈略〉まうけなどしたりけれど」

将来のためのたくわえ貯蓄

世俗諺文鎌倉期点(1250頃)「九年の儲(マウケ)」

④ あらかじめ練習をしておくこと。予行

源氏100114頃)若菜下殿上きみたちも、かたちよく同じき舞の姿も心ことなるべきを定めて、あまたの舞のまうけをせさせ給」

(5) 予備のもの。

(6) 事を成そうとして計画すること。計略めぐらすこと。また、その計画計略

近世紀聞187581)〈染崎延房〉六「斯る設(マウ)けのあらんとは長兵更に知るよしもなく」

(7) (②から転じて) 食事食物

徒然草1331頃)五八紙の衾麻の衣一鉢のまうけ、(あかざ)のあつ物、いくばくか人の費をなさん」

(8) 饗宴酒盛り

竹むきが記1349)下「人々にも盃度々すすむ。永清、まうけの事さまざまありて、夜とともにひしめきあへり」

(9) 地位などが、あらかじめ決められていること。予定されていること。

今鏡(1170)四「まうけの関白一の人太郎君にて、あへなくなり給ひにしかば」

(10) 子を得ること。誕生すること。

山科家礼記文明一二年(1480)五月二日本所彦兵衛小法師まうけとて太刀〈金〉・百疋遣也」

(11) あらたに作りもうけること。設備組織などを設立すること。

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一未だ学校の設(モウケ)あらざりし前に

(12) 思いがけない利得を得ること。転じて、利得を得ること。利潤収益利益比喩的にも用いる。

玉塵抄(1563)五五「羊を庖丁してそのまうけで世をすぐる者を説(えつ)と云たぞ」


まけ【設・儲】

〔名〕 (動詞「まく(設)」の連用形名詞化用意すること。また、用意した物事。もうけ。

孔雀船(1906)〈伊良子清白戯れに「わが居る家の厨内(くりやうち)、働く妻をよびとめて、夕(ゆふべ)の設(マケ)をたづぬるに」


設け

読み方:もうけ、まけ

【文語】カ行下二段活用動詞設く」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


設け

読み方:もうけ

カ行下一段活用動詞「設ける」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

設け

読み方:もうけ
かな表記:まうけ

カ行下二段活用動詞設く」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
設く」の口語形としては、カ行下一段活用動詞「設ける」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「設け」の関連用語

設けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



設けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS