山岳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 山岳 > 山岳の意味・解説 

さん‐がく【山岳】

読み方:さんがく

陸地表面著しく盛り上がった所。高く険しい山連なったりより集まったりしている所。「―地帯


(山岳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 18:29 UTC 版)

(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことをいう。地形学では丘陵や「台地」よりも周囲との相対的高度差(比高)や起伏が大きいものを指す。平地と比べ、傾斜した地形から成る[注 1]


注釈

  1. ^ (一般には、山とやや区別しつつ)平坦かつ標高の高い地形台地高地高原と言う。
  2. ^ 山岳のうちでも標高が高く目立つ頂点の部位を山と呼ぶこともある。
  3. ^ 地殻運動の各詳細については、褶曲、曲隆、断層、傾動などを参照のこと。
  4. ^ キボ峰の最高地点。
  5. ^ キリマンジャロのうちのひとつ。
  6. ^ 世界で最も高い火山
  7. ^ 世界最高峰。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 竹内 2002.
  2. ^ Blyth et,al. 2002 p.74.
  3. ^ Blyth et,al. 2002 p.14.
  4. ^ Panos (2002年). “High Stakes”. 2012年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月17日閲覧。
  5. ^ 尼崎市立地域研究史料館. “レファレンス事例詳細”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2018年11月11日閲覧。
  6. ^ “Nepal and China agree on Mount Everest's height”. BBC News. (2010年4月8日). オリジナルの2012年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120303133522/http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/8608913.stm 2010年8月22日閲覧。 
  7. ^ The 'Highest' Spot on Earth”. Npr.org (2007年4月7日). 2013年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月31日閲覧。
  8. ^ Mountains: Highest Points on Earth”. National Geographic Society. 2010年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月19日閲覧。
  9. ^ 標高3メートル、日本一低い山に…天保山下回る:社会:読売新聞(YOMIURI ONLINE)[リンク切れ]
  10. ^ 水谷 2006, p. 42.
  11. ^ Baker & Ratcliff 2012, p. 5.
  12. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p150-152 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  13. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p120-122 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  14. ^ Price 2017, p. 31.
  15. ^ Price 2017, pp. 32–33.
  16. ^ a b Price 2017, p. 34.
  17. ^ Price 2017, p. 35.
  18. ^ アイドマ 2006, pp. 68–69.
  19. ^ 深田 1982, pp. 13–376.
  20. ^ 公益社団法人 日本山岳会「山を知ろう
  21. ^ 水野 2016, p. 121.
  22. ^ 現代地図帳 1988, p. 43.
  23. ^ Price 2017, p. 61.
  24. ^ 篠田 2008, p. 23.
  25. ^ 小林 2015, p. 83.
  26. ^ Kolossov, V. (2005). Border studies: changing perspectives and theoretical approaches. Geopolitics, 10(4), 606-632.
  27. ^ Van Houtum, H. (2005). The geopolitics of borders and boundaries. Geopolitics, 10(4), 672-679.
  28. ^ Price 2017, p. 6.
  29. ^ Moore, Lorna G. (2001). “Human Genetic Adaptation to High Altitude”. High Alt Med Biol 2 (2): 257–279. doi:10.1089/152702901750265341. PMID 11443005. 
  30. ^ Cook, James D.; Boy, Erick; Flowers, Carol; del Carmen Daroca, Maria (2005). “The influence of high-altitude living on body iron”. Blood 106 (4): 1441–1446. doi:10.1182/blood-2004-12-4782. PMID 15870179. http://bloodjournal.hematologylibrary.org/content/106/4/1441.long. 
  31. ^ El Alto, Bolivia: A New World Out Of Differences”. 2015年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  32. ^ Finnegan, William (2015年4月20日). “Tears of the Sun” (英語). The New Yorker. Condé Nast Publications. 2018年7月8日閲覧。
  33. ^ West, JB (2002). “Highest permanent human habitation”. High Altitude Medical Biology 3 (4): 401–7. doi:10.1089/15270290260512882. PMID 12631426. 
  34. ^ Everest:The Death Zone”. Nova. PBS (1998年2月24日). 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  35. ^ Price 2017, p. 89.
  36. ^ Price 2017, pp. 81–83.
  37. ^ 坂井他 2007, pp. 254–255.
  38. ^ Blyth et,al. 2002 p.22.
  39. ^ International Year of Freshwater 2003”. 2006年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月7日閲覧。
  40. ^ The Mountain Institute”. 2006年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月7日閲覧。
  41. ^ a b Price 2017, p. 52.
  42. ^ 山梨のパワースポット”. 富士の国やまなし観光ネット. 社団法人やまなし観光推進機構. 2011年3月6日閲覧。
  43. ^ ランドネ 2010, pp. 57–71.
  44. ^ a b c d e f g h i j k l 新詳高等地図.



山岳

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:28 UTC 版)

名詞

さんがく

  1. やま、特に、頂上向か傾斜度合い激しいなど、険しい様相呈しているもの。

複合語

翻訳

やま#翻訳を参照


「山岳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




山岳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山岳」の関連用語

山岳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山岳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの山岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS