やり方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > やり方の意味・解説 

やり‐かた【遣り方】

読み方:やりかた

物事を行う方法物事をする手段。しかた。「まずい―」「―を変える


やり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 08:25 UTC 版)

イギリスの死体盗掘人」の記事における「やり方」の解説

死体盗掘人は、多く情報提供者ネットワークを通じて遺体見つけていた。情報提供者は、教会寺男 (Sexton (office))墓掘り人、葬儀屋地元当局などであり、利益一部受け取ることで彼らの悪事目をつぶっていた。多くの盗掘人たちは、少人数で「ダーク・ランタン」片手に夜中仕事出て時には防音のため木製の鋤を使いながら、一端露出するまで穴を掘り進め方法取った自分たちの行為を隠すため、墓の脇に敷いたキャンバス地の布の上に掘り出した土を集めておくこともあった。消音のために大袋積み重ねてから、かなてこなどでの端を引き上げると、残っている土が重しとなってを割ることができ、泥棒たちが遺体運び出せるようになったその後遺体からは服が剥ぎ取られ縛り上げられ上で大袋へと詰め込まれた。掘り始めから袋詰めまでは、30分以内完了するのが普通だったいわゆる乞食遺体盗み出すのはもっと簡単だったが、これは彼らの遺体集団墓地葬られており、埋められるまで数週間開いたままになっていることも多かっためである盗み出し最中見つかってしまった場合死体泥棒たちの運命地元住民情け委ねられることになった1828年にはダブリン教会で、会葬者死体盗掘人の団体同士激し対決起こった死体泥棒たちは、1回諦めて引き下がったものの、数時間後に仲間増やして戻って来た会葬者の側も人数増やし互いに火器持ち出す事態となった死体盗掘人は「銃弾ばら弾・スワンショットの一斉射撃」を行い、「防衛者たちの火器攻撃をもって応じられた。死体盗掘人が退却を始めるまでには、つるはし持ち出した接近戦にまでなった。同じダブリンの町では、1832年に、ハリウッド墓場から死体盗み出した男が、銃撃殺害される事件発生した同じ年には、2人老人遺体運んでいた3人の男が、ロンドン・デトフォード(英語版近郊逮捕される一件があった。2人遺体殺人事件の被害者だったという噂が広がり警察署周囲には大勢群衆集結した容疑者たち地元治安判事の元へ連行するにあたって40人ほどの屈強な警官たちは、「群衆自分たちの求めるような罪を彼らに与えおそれがあるため、囚人憤慨した群衆生け贄ならないよう守るのは難しい」との結論に至る羽目になった

※この「やり方」の解説は、「イギリスの死体盗掘人」の解説の一部です。
「やり方」を含む「イギリスの死体盗掘人」の記事については、「イギリスの死体盗掘人」の概要を参照ください。


やり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/25 14:17 UTC 版)

ウォッシュ (絵画技法)」の記事における「やり方」の解説

ウォッシュの例。帆に注目1793年10月20日の海戦ジョン・クリスティアン・シェトキー作 以下は水彩画よるものである。表現夕焼けなどで多用されることが多い。慣れれば濃霧吹雪海の時化など応用が利く絵の具硬めの筆で薄く溶く。このとき溶け残りないようにしっかり混ぜる柔らかめ刷毛大きめの筆にしっかり染込ませる。 紙に線を引くように一定方向塗っていく。 暈し等を入れ場合複数の色でウォッシュをかけ、乾かないうちに画用紙などを傾けて自然に混色する。他にも乾いてから塗り溶かして混ぜる湿らせ布やティッシュ被せ自然に溶かしだすなどやり方は様々である重ね塗りに移る場合2へ、復色の場合1へ戻る。 このときただ単に特定の色特定の濃度薄めたもの一つではなく滲みやぼかしを表現するために複数濃さ絵の具利用することも出来る。そのほかにも2色ウォッシュや復色ウォッシュではさらに濃淡変えた絵の具利用することもある。近年では水彩画の場合、一番下ウォッシュアクリル絵の具利用し溶け出ないようにする人も居る。 その他の応用水彩の項目を参照のこと。

※この「やり方」の解説は、「ウォッシュ (絵画技法)」の解説の一部です。
「やり方」を含む「ウォッシュ (絵画技法)」の記事については、「ウォッシュ (絵画技法)」の概要を参照ください。


やり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 17:36 UTC 版)

ウサギ跳び」の記事における「やり方」の解説

体の後ろ両手組みしゃがんで膝を鋭角にし、踵は上げ、腰を落としたまま前方へピョンピョン跳んでゆく。 ウサギは体を前に傾けて体重乗せながら進むため、ウサギ跳びかたとは異なる。 コツとしては、上下に跳ねるのではなく、力を抜いて膝が腰より低くなるのを意識しながら体重前へ乗せてゆくことにより、膝や足首への負担を減らすことができる。

※この「やり方」の解説は、「ウサギ跳び」の解説の一部です。
「やり方」を含む「ウサギ跳び」の記事については、「ウサギ跳び」の概要を参照ください。


やり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 21:52 UTC 版)

漸進的筋弛緩法」の記事における「やり方」の解説

目をつむり筋肉緊張弛緩繰り返し、その状態に意識向けて、一番弛緩する状態を認識する。その状態を自発的に制御し再現することで筋肉疲労などを緩和させる漸進的筋弛緩法外部装置観察し実際に弛緩したことを確認させ、次に外部装置なしで学習するバイオフィードバック行われる

※この「やり方」の解説は、「漸進的筋弛緩法」の解説の一部です。
「やり方」を含む「漸進的筋弛緩法」の記事については、「漸進的筋弛緩法」の概要を参照ください。


やり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 14:59 UTC 版)

エル・カンターレ ファイト」の記事における「やり方」の解説

足を肩幅くらいに開き、胸を悠然と構え合唱をして主への祈り詠唱する左手を腰に当て、「ライト!」「クロス!」と言いながら右手十字を切る。これを2回行う。 右手上方掲げそこから五芒星斬りながら「エル」「カン」「ターレと言う五芒星中心に右手のひらを突き出し、「ファイト!」と叫ぶ。突き出した姿勢30秒ほど維持する合掌詠唱 ライトクロスエル・カンターレファイト!

※この「やり方」の解説は、「エル・カンターレ ファイト」の解説の一部です。
「やり方」を含む「エル・カンターレ ファイト」の記事については、「エル・カンターレ ファイト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「やり方」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

やり方

出典:『Wiktionary』 (2021/10/22 12:34 UTC 版)

和語の漢字表記

や り

  1. やりかた参照

「やり方」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「やり方」の関連用語

やり方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



やり方のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイギリスの死体盗掘人 (改訂履歴)、ウォッシュ (絵画技法) (改訂履歴)、ウサギ跳び (改訂履歴)、漸進的筋弛緩法 (改訂履歴)、エル・カンターレ ファイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのやり方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS